ひとこと

  •  現在、テレビ東京系で再放送されている「けものフレンズ」が、とっても楽しい。幼児向けアニメのような体裁を取りながら、何気に考えさせられてしまう事ばかり。毎朝放送しているので、すでに半分以上の放送も終わり、来週の頭にはすべて放送されて終了してしまうわけのが残念だけれどね。アニメの前に放送している「おえかき動物図鑑」から見ているのだけれど、さすがに妻に呆れられています。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、入場には整理券が必要となりました…と言うか、今回、会場が小さいのに出演者が多く、その人達が直接誘う家族や友人の数も自然と増えてしまい、すでに用意した整理券の大半がはけてしまいました。そのため、外部の方が見に来られる余裕がなくなってしまいました。私のリアルな知り合いの方は、おっしゃっていただければ、若干残っている入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●会場に来られない方々も、ぜひぜひ遠くの空から応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 声楽四年生になったんだから、ポジションをしっかりキープしたまま歌いましょう | トップページ | 空腹だと歌えない、満腹だと歌えない »

2010年2月 3日 (水)

24Kのフルートを吹けば、誰でも美しい音楽を奏でられるのか?

 先日、ひょっとこさんから薦められた、シャロン・ベザリーの「モーツァルト:フルート協奏曲全集」のCDを聞いてみました。ベザリー氏の演奏が上手なのは当たり前として、思わず得したかな?と思ったのは、そのフルートの音色が文句のつけようもないほど美しいものだった事でした(ただし、美しいのだけれど、私の好みの美しさとは、その方向がちょっと違った事は書き添えておきます)。

 これだけ美しい音色なのだから、どんなフルートを使っているのかという興味、湧きませんか? 私はフツフツと湧きますよ。で、調べてみたところ、あっけなく分かりました。このベザリー氏は、実は、ムラマツ24Kを使うフルーティストとして、有名な方なんです。

 24K…つまり“純金”ですよ(追記:24Kであっても、楽器用の24Kは純金ではないそうです。コメント欄のセンニンさんのご発言を参照してください)。特注品だそうですから、はっきりとは分かりませんが、軽く1000万円以上はするフルートです。ね、興味シンシンでしょ。

 実は私、24Kのフルートって試奏した事があるんですよ。いや、ムラマツの総銀、9K、14K、18K、24Kと並べて、順番に試奏して比べたことがあるんですよ。その時の印象とベザリー氏の演奏とが全然違うので、ビックリしました。

 もちろん、フルートの音って、聞く人の好みというのもありますが、私にとっては、14Kが一番(金っぽい音という意味で)いい音に感じられました。9Kはまだかなりシルバーっぽい音色で、ゴールドフルートとしては、ちょっと物足りない感じがします。18Kは音の密度が高すぎるかなって感じでした。24Kは、正直、音がどうしようもないくらい野暮ったくて“使い物にならないなあ”と思いました。

 でも、ベザリー氏の演奏を聞くと“使い物にはならない”のは、フルートでなく、奏者の方だった(つまり、私)という事がよく分かります。メーカーさんとフルートに謝りたい気分です。吹ける人が吹くと、24Kのフルートも、これだけキレイに鳴るんです。

 こんなキレイな音色のフルートを聞いてしまうと、自分で24Kを試奏した経験がなければ「金は純度が上がるほど良い音がする」なんて誤解をしてしまいそうなくらい、ベザリー氏の音色は独特な美しさがありますね。でも、プロが吹けばキレイに鳴る24Kフルートですが、そんちょそこらの人が吹くと、野暮ったい音しか出ないのが、24Kフルートだと思います。

 ベザリーの氏の演奏は、YouTUBEに転がっていたので、以下に張っておきます。この演奏でも、やはり24Kフルートを使っていますね。

 ベザリー氏は24Kフルートと相性がすごくいいのでしょうね。プロとして、24Kフルートで音楽をするというのは、一つのウリとして良いのですが、逆いうと、超高級フルートと相性がいいというのも、財布的には厳しいですね。彼女は24Kフルートの代金をペイするだけの稼ぎがあるのかしら? いくらレコーディングアーチストとは言え、クラシック系ミュージシャンの収入なんて、たかがしれているはずだからね。

« 声楽四年生になったんだから、ポジションをしっかりキープしたまま歌いましょう | トップページ | 空腹だと歌えない、満腹だと歌えない »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

オハーです。
自分はクラシック系でないので、ゴールドフルートよりPTPあたりが欲しいです。100万円チョットかな?。それより、シルバーソニックのテナーが欲しい!。80万~110万くらいですか。メーカーにもよります。(笑)
それよりも腕を磨かないとだめですかね~!。(汗)
ガンバです。

>はっチャンさん

 おお、PTPですか。このモデルは実はクラシック系の方も大勢使ってらっしゃいますよ。あの“腰の強い”独特の音が愛されているんだと思います。ただ、見かけが銀と同じなので「私はPTPユーザーです」と言わない限り、バレないだけで、その潜在ユーザー数はどうしてどうして、立派なものだと私は思ってます。

 プラチナの無垢はお値段もそうですが、奏者を著しく選ぶそうなので(無垢のプラチナフルートは試奏したことがないの伝聞ですが)、案外PTPあたりが、プラチナ風味が絶妙で愛されるのかもしれません。

 私が思うに、PTPユーザーは、奥ゆかしい人が多いのではないかと思ってます。だってね、高価なフルートを使っているのに、その高価な事が他人に分かりづらい…つまり自慢しずらい、自慢する気がない…わけで、そういう人って、私にはそういう部分がないので、いいなあと思います。

 私は…PTPを買う資金があったら…アルタスALを買うかも。ALって、ルイロットのレプリカというかマッシュアップですからね。ヴィンテージフルートには興味があるものの、モダンフルートの機能性が捨てがたい私には、なかなかのチョイスなんですよ、ALは。

 ま、先立つものが無ければ、何の話にもならないのですが…ね。

プラチナメッキは傷が非常につきにくいのでいつでもピカピカです。それが良くて買った人を一人知っています。

ベザリーさんはこの CD のレーベル "BIS" の社長夫人です。もう一本でも総プラチナでも買えるはずです。

 ところで楽器に使われる 24k は純金(pure gold)ではありません。0.1% ほどチタンが混ぜられています。
 金のインゴットを触ってみれば分かりますが、純金では柔らか過ぎて楽器を作る事はできません。いや、作る事はできても楽器として使う事は実際には無理です。
 24k と純金は別物です。

>センニンさん

 そうなんですか、ベザリーさんは、レーベルの社長夫人さんなんですか? お金持ちさんと言うべきか、超強力なパトロンさんのいるフルーティストさんなんですね。ならば、24Kフルートくらい、使いたければ使うわけだ。うん、納得。それにしても、BISという会社は、社長夫人がフルーティストなら、ちょっと注目していてもいいレーベルかもしれませんね。フルート系のラインナップが充実しているかしら?

 さて、楽器用の24Kにはチタンが入っている事は知りませんでした。教えていただき感謝です。確かに金は柔らかいですかねえ…。銀もいいかげん柔らかい金属ですが、金はそれに輪をかけたくらい柔らかいのですから、確かにチタンくらいを混ぜるくらいでちょうど良いのかもしれませんね。

18kの時計もってますが、電池交換するたびに、傷がふえてます(あはは。。;
むちゃやわらかくって、きずだらけです・・

純金は柔らかい(噛んで凹む)ので、演奏中に曲がってしまうでしょうね!!
ところで映像をみて思ったのですが、組み立てたフルートを持ち運ぶ時の適切な持ち方はどうなんでしょう?
映像の中ではネックを鷲掴みがちょっとで、あとは管体のキー部分を鷲掴みしていました。

季節性のウイルスにやられて2日ほどダウンしました。
そしたら・・・まともに音が出ない!!! 2年間後戻りしたくらいに・・・どん底

>ととさん

 金は確かに柔らかいですよね。傷もつけば凹みもする。でも、金色なので、あんまり傷は気にならない(私は…ね)。装飾品のための金属であって、実用品のための金属ではないだろうと思ってます。

 こんな柔らかい金属だから、木材の代わりに、木管楽器に使われているんだとは思いますが、あんまり柔らかいので、取り扱いは難しいそうですよね。ゴールドのユーザーの方は、とても気を使われていらっしゃるのだと思います。

>河童さん

 季節性のインフルですか? それはとても大変でしたね。どうか、お体をお大事にしてください。

 持ち方…確かにラフですね。素材が柔らかい柔らかい24Kですから、心配しちゃいます。でも、その後ですぐに演奏できているのだから、たぶん、あれでも問題ないんでしょう。でも、マネはしない方が良いと思います。

>純金は柔らかい(噛んで凹む)ので、演奏中に曲がってしまうでしょうね!!

 24Kでなく、14Kあたりでもかなり柔らかいそうですよ。ちょっとぶつけただけで、おおきく凹むそうです。ゴールドは音は密度が高くて良いけれど、取り扱いは簡単ではなさそうです。

 私が思うに管体は多少柔らかくても何とか使えるでしょうが、メカ部分が柔らかい素材でできていると、すぐに調整が必要になりますし、故障も増えるので、実用的ではないような気がしますが…ゴールドフルートユーザーの方には、そういう風に手がかかるのもかわいく感じるのかもしれませんが。

アクセサリーの24kも、純金とは違ったような。
純金のものもあるかもしれませんが、加工の都合上割ってあったような気がしますが。0.01%までは割ってよかったと記憶してます。

私の元の先生は、ムラマツのPTPでした。銀より少し重い色というのかな、あれ?銀?と思っていたら違った!けど、遠くからではわかりませんよね…ぴーんとした緊張感のある音の先生でした。PTPは頭部管だけ銀の楽器につけてふいたことありますが、コントロールが繊細そうでした。むろん、メッキですが。

神音さん

 そうですか、アクセサリの24Kも純金ではないのですか。そう考えると、純金って、貴重なんだな~。

 PTPは基本はやはり総銀フルートの音ですが、単なる総銀とは一味違う音色が、良いところだと思います。コントロール、難しいですか。そうなんだ。

CD(SACD)を手に入れて聞きました。
個人的に、この音色は嫌いです。
さらに、われらが高木綾子のモーツァルトの方が表情が豊かです。

今日はようやくまともな音が出始めました。なんとか1年分回復した感じです。
わかったこと、パールの○○○は吹くポイントがやや狭い(いままで使っていたのと比べてです)。

>河童さん

 なんか申し訳ないような気になります…。ベザリー氏の音は、かなりムラマツっぽい音がすると思いますので、ムラマツサウンドが苦手な人にはちょっと…という感じがします。

 高木氏はヘルムート・ハンミッヒでしたよね。私も個人的にはムラマツの音よりもヘルムート・ハンミッツの音の方が好みですが、そこは善し悪しではなく好き嫌いの世界の話になってしまいますね。

 この両者の違いですが、国産フルートとドイツフルートの違いもありますし、ゴールドとシルバーの違いもあるでしょうし、モダン楽器とヴィンテージ楽器の違いもあります。そう考えてみると、ベザリー氏と高木氏が使っている楽器って、かなり性格の異なるものですね。

>パールの○○○は吹くポイントがやや狭い

 音色を重視してつくられたフルートは、良い音が鳴るポイントが狭く(つまり、吹くのが難しい)、音量にもハンデがあると聞きます。パールの○○○はきっと、そっち系のベクトルの楽器なんだと思いますよ。

 難しい楽器ほど、攻略する喜びがあるんじゃないですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/47461748

この記事へのトラックバック一覧です: 24Kのフルートを吹けば、誰でも美しい音楽を奏でられるのか?:

« 声楽四年生になったんだから、ポジションをしっかりキープしたまま歌いましょう | トップページ | 空腹だと歌えない、満腹だと歌えない »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん