ひとこと

  •  現在、テレビ東京系で再放送されている「けものフレンズ」が、とっても楽しい。幼児向けアニメのような体裁を取りながら、何気に考えさせられてしまう事ばかり。毎朝放送しているので、すでに半分以上の放送も終わり、来週の頭にはすべて放送されて終了してしまうわけのが残念だけれどね。アニメの前に放送している「おえかき動物図鑑」から見ているのだけれど、さすがに妻に呆れられています。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、入場には整理券が必要となりました…と言うか、今回、会場が小さいのに出演者が多く、その人達が直接誘う家族や友人の数も自然と増えてしまい、すでに用意した整理券の大半がはけてしまいました。そのため、外部の方が見に来られる余裕がなくなってしまいました。私のリアルな知り合いの方は、おっしゃっていただければ、若干残っている入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●会場に来られない方々も、ぜひぜひ遠くの空から応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 読売交響楽団の第九はすごかった | トップページ | 年始年末な私[2010年1月第2週・今年はここからスタートです] »

2010年1月 9日 (土)

水槽で流行っている事

 年末年始から、我が家の水槽では、二つの事が流行っています。それは「トーテムポール」と「背面泳法」です。

 「トーテムポール」とは水槽の隅で、金魚が段々に重なって人間様の様子をうかがう姿です。たいてい、一番下がカエデで、その上はチヅル、その上にブニョまたはキッカが来ます。たまにブニョとキッカが同時にやってくる時もあります。サツキはこのトーテムボールにはあまり参加しません。

 この四匹が四重の塔よろしく、縦に連なっている姿は、なかなかかわいいですよ。特に、一番上はたいていキッカなんですが、この子は背中が水面から出ちゃいますし、それが気になるようで、セビレをピクピクさせるのですが、そんな様子がまたまたラブリーです。

 「背面泳法」とは文字通り「背面泳法」で、つまり腹を上にしたまま泳ぐもので、これを主に行うのは、リューキンズ(チヅルとサツキ)の二匹です。最初見た時は、ギョっとしました。だって、転覆病になったのかと思いましたもの。でも、どうやらそういうわけではなく、半分遊びで、半分勢いで、背面泳法をしているみたいなんです。

 例えば、スイスイと泳いでいて水槽の壁面近くになると、普通の子は右か左に曲がるのですが、リューキンズは上に行って、背面泳法で後ろに進んで、やがて横転して、通常の姿勢に戻ります。

 例えば、地面に落ちているエサを食べるため、頭を下にした逆立ち状態になった後、普通の子は、頭を持ち上げて普通の状態に戻りますが、リューキンズはそのまま背面泳法に切り替わって後方に進んでから横転して元の体勢に戻ります。

 また例えば、水面に浮かぶエサを食べる時も、食べ終わると、そのまま後方にでんぐり返しをして背面泳法になってから姿勢を立て直します。

 つまり、リューキンズは、縦回転という運動を結構するんです。で、その途中で「背面泳法」を披露するんですよ。

 最近は見慣れたので、リューキンズが背面泳法をやっていても「やってるやってる」と冷静に見れるようになりました。

 もっとも、チヅルは時々、背面泳法の途中で休憩しちゃう事があるみたいなので、もしかすると、軽度の転覆病にかかっているんじゃないかと疑うこともあるのですが…。本当に転覆病にかかってしまうと、自力で普通の姿勢に戻れないし、無理やり普通の姿勢に戻しても、すぐに転覆してまいますが、とりあえず、リューキンズたちは、腹が上になっても、自力で姿勢を戻せますし、戻せば、後は普通にしてられるので、やっぱり趣味で背面泳法をやっているみたいなんです。

 この「背面泳法」。元々はチヅルだけがやっていたのですが、それを見たサツキがどうやらマネをし始めたようなんです。ちなみに、一時期、キッカもマネしていたみたいなんですが、どうやらキッカは背面泳法が苦手なようで、しばらしくすると、マネをしなくなりました。やっぱり背面泳法は、琉金じゃないと難しいみたいです。

 最後に、水槽の緋ドジョウちゃんたちから、新年の挨拶だそうです。

 「今年も、私たちをよろしくお願いします」

2010_01__2

« 読売交響楽団の第九はすごかった | トップページ | 年始年末な私[2010年1月第2週・今年はここからスタートです] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

あ、珍しく写真が~!(笑)
緋ドジョウってどんなだか見てみたかったのですが、
ご挨拶恐れ入ります。
正面から見ると口をぽかっと開けて、ぷくっとした感じがして可愛いですね。
癒されます。

トーテムポールも見たかったりして・・・。(笑)

>Ceciliaさん

 緋ドジョウってドジョウですよ(笑)。魚屋で売っている、ああいう長い奴。ただ、アレは“マドジョウ”と言って食用の子たちです。以前ウチにいたセボネマガリなどもそうです。

 緋ドジョウはご覧のとおり、形はドジョウですが、色と性質がちょっと違います。色はご覧のとおり、ベージュ~オレンジ系の色です。体調が良いと濃いオレンジ色になりますが、体調が悪い時は限りなく白っぽくなります。体調が体色で分かるので、管理しやすい生き物なんです。

 性質はこのように写真に写るところから分かるように、たいてい地表で生活してますし、騒音などにも鈍感です。人もあまり怖がらないですから、ペットとして飼うには良い種類だと思います。ちなみに、一般的にドジョウは地中で生活する生き物なので、飼っても、ほとんど地中に隠れているし、音に敏感なので、ちょっとの物音ですぐに隠れてしまうし、人を極度に恐れますので、食用に向いてもペットには向きません(笑)。

 写真の二匹は、昨年我が家にやってきた子たちです。緋ドジョウたちはいつも複数でグループを構成しながら活動をしています。結構かわいいんです。

>トーテムポールも見たかったりして・・・。(笑)

 水槽って、写真をとるのが難しいんですよね(笑)。おまけにカエデは人が見ていると分かると、すぐに“サバ”に変身してトーテムポールを壊しちゃいます(真下から水面まで一直線に駆け上がって、他の子たちを強制排除します:笑)し…。

わ~、緋ドジョウってこんなに可愛いんですか?!
てっきり普通のドジョウっぽい姿だと想像していたので、こんなに可愛いなんてビックリしました。
色も綺麗だし、口がなんともいえず愛嬌ありますね。

他の住人さんたちもぜひ紹介してください^^
・・・カエデくんが邪魔しちゃうんですね(笑)

や、や、や!これは〜…癒し系ですね〜〜!

緋ドジョウは、ルー大柴さんも飼っていて、
新聞のペット紹介にバーンと出てました〜。
ルーさんも緋ドちゃんズをすごく愛してるようでしたよ〜。
実に、愛らしいですもんね…。

>sakuraさん

 他の子たちも写真を取りたいのは山々なんですが、金魚の写真って実に難しいんですよ。水槽の中なのでピントは合いづらいし、実は水槽の中って何気に暗い上に、結構あの子たちの活動が活発なので、どの写真もピンボケや対象ブレの連続で、沢山とっても、どれもこれもガッカリな写真ばかりなんですよ。この写真は、なかなか良く取れた方なんです。

 ですから、金魚の写真をたくさんアップしている方のブログを見ると、いつも感心しています。どうすれば、あれだけ見事に金魚の写真が取れるんでしょうね?

 でもでも、緋ドジョウってかわいいでしょ、ラブリーでしょ。もちろん、写真は正面から取っていますから、こんな感じで、真横から見ると、やっぱりドジョウだから長いんですけれどね(笑)。

 あと、何気にかわいいのが“エサを抱えて食べているエビ”だったりします。

>YOSHIEさん

 ルー大柴さんも緋ドジョウを飼っているんですか? へー、やっぱりクラシック好きは目のつけどころが違うね。

 緋ドジョウって、その容姿も行動も実にかわいいんです。でも間違っちゃいけないのは、緋ドジョウはかわいいけれど、他のドジョウはどの子もマイペースですよ。たいてい、地中に隠れているし…。

 ウチも、今は、緋ドジョウ以外に縞ドジョウも飼ってますが、縞ドジョウはいつも地中にいるので、姿をほとんど見ません。たまに見かけると、なんだかその日一日がとっても幸せに過ごせそうな予感がするほどです(笑)。

 特に緋ドジョウは単体で飼うよりも、ある程度の数を揃えた方がかわいらしいかもしれません。と言うのも、この子たちは結構群れるんですが、その群れ方がまたかわいいんですよ。

出遅れてしまいましたが…
緋ドジョウ可愛いですね。
昔から日本にいる種なのでしょうか。
ちょっと興味が沸いたのでくぐってみますね。
これからも時々水槽の住人達のお顔の写真アップして下さいね(^o^)

>まきりん。さん

 緋ドジョウの原産地ってどこなんでしょうね。私がちょっと聞いた話だと、品種改良で作られた人工的な種類だそうですが? でも、本当はどうなんでしょうね。

>これからも時々水槽の住人達のお顔の写真アップして下さいね(^o^)

 あはあは…写真難しいです。でも、実は、先日、ブニョの写真撮影に成功しましたので、明日はブニョの写真をアップします、でも、期待しちゃダメよ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/47239289

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽で流行っている事:

« 読売交響楽団の第九はすごかった | トップページ | 年始年末な私[2010年1月第2週・今年はここからスタートです] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん