ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« あんまり寒い[2010年1月第4週・通算2週] | トップページ | オペラでびっくり »

2010年1月25日 (月)

ソロのフレーズの作り方を、ちょっとだけ習いました

 フルートのレッスンに行ってきました。今回は月に一回ある“楽しい”セッションレッスンの日でした。

 まず一曲目は「グリーンスリーブス(Greensleeves)」でした。例によって、最初はピアノとフルートで、その次はフルート同士で合わせてみました。この曲では、アドリブ部分の吹き方のコツのようなものを、ちょっとだけ教わりました。

 この手の曲は最初と最後はテーマを吹きます。“テーマを吹く”と言うのは、まあ、楽譜どおりに(本当はちょっと違うけれど)演奏することです。で、そのテーマ演奏の間は、各プレイヤーがそれぞれでソロを取るわけです。“ソロを取る”とはアドリブをかましながら演奏することを言います。

 今回は3番までやる事にしました。つまり1番と3番はテーマを吹いて、2番はアドリブをかましたわけです。で、アドリブを、どう“かます”かなんですが、最初の演奏では、メロディを割と自由にフェイクっぽく崩して吹いてみたけれど、どうにもあんまりうまくいきませんでした。その理由は…私が下手だから…なんだけれど、それ以前に、この曲がマイナーな曲なので、スケールも三種類あって、それを上手く使い分けないと、ソレっぽく聞こえないのだけれど、それはそう簡単にはできないので、今一つって感じになったのだと思います。

 そこで、スケールについて考えなくてもできる、コード分解を基本にして、アドリブをかましていったらどうかという話になり、やってみました。コード分解が基本なので、全然メロディアスではないけれど、ある意味、器楽的なフレーズのソロになったかなあと思います。

 二曲目は「悲しき雨音(Rhythm of The Rain)をやりました。この曲のメロディの崩し方は「グリーンスリーブス」の時とは、ちょっと違って、曲自体のメロディがカッチリしているので、いきなり全然違うことをやると違和感が出てしまうので、まずは曲のメロディを生かす形で崩していったほうが良いとアドヴァイスしてもらいました。だから、最初はメロディそのままで、それから多少のフェイクをして、そこから大胆に崩していくというスタイルを採用。『言うは易し、行うは難し』です。

 あと、この曲では、事前にイントロやエンディングを決めてから演奏するの大切さも教えてもらいました。なにしろ、使用している楽譜がリード譜(メロディと歌詞とコードネムしか書いてない譜面。メロディは書いてあっても、実に大雑把な書き方だったりします)ですから、イントロもエンディングも自分たちで作らないといけないのですよ。

 三曲目は「勝利を我らに(We Shall Overcome)」です。この曲では、クラシックフルートとポピュラーフルートでの、低音の発声の違いを習いました。うん、同じようでいて、確かに違うんです。クラシックの時は、スムーズにスーッと伸びるような低音を使いますが、ポピュラーの時は、いきなりアクセルをガツンガツン踏み込んでいくよう発声になります。私の中では、クラシックはオペラハウスのアルト歌手のイメージ、ポピュラーはアメリカ南部のバプテスト教会の聖歌隊でゴスペル歌っている黒人のふとっちょシンガーのイメージ。分かるかな? クラシックは省エネタイプの演奏で、ポピュラーはアメ車のような演奏をします、ってこれも分かりづらいね。

 今回は、そんなソロの作り方の勉強をしたので、三曲しか合わせられませんでした。でも、たくさん習ったので、これでいいのだ。

 さて、今回は忘れずに録音機を持って行って、レッスンの様子を録音してみました。私がレッスンでどんな感じが演奏しているかという備忘録の意味を込めて、2曲ほどアップしてみます。最初は「グリーンスリーヴス」で、次が「勝利を我等に」です。

 解説のようなものをすると、最初の「グリーンスリーヴス」はフルート&ピアノバージョンです。もちろん、私がフルートです。真ん中でかましているソロは、コード分解を基本にしてやってみました。だから、ソロというよりも、アルペジオの練習っぽくなっちゃいました。おまけに使用音域が下の方に集中しちゃって華やかさのカケラもないし(この点に関しては、きっちりダメ出しをいただきました:汗)。ま、フルート初めて1年半で、アドリブでこれだけ吹けるんだから、スロースターターなオッサンとしては、なかなかのものでしょ(笑)。

 二曲目は「勝利を我等に」のフルート・デュエットバージョンです。これも、いわゆる、3番まで演奏しています。最初は私がテーマで、先生がそれに絡んでいます。せっかく、ポピュラーフルートの低音の発声方法を習ったので、二人で低~いところで渋く合わせています。なにせ、元歌はゴスペルでしょ。それっぽくやんないとね。

 真ん中のパートでは、先生が上に行ってソロを、私が下で伴奏をしています。コードネームだけ見て、フルートで伴奏しているんだよ。すごいと思わない? ギターならともかく、単音楽器のフルートで伴奏をやっているんだよ。フルートの衝動買いから初めて、1年半です。だいぶ前進していると思います。伴奏はいわゆるアルペジオ(分散和音)ですが、ギターと違って、同じフレーズで、ずっとやっていると単調なので、それなりにいろんなパターンを使っていたりします。で、最後のパートは、また私がテーマです。今度は、中音域でメロディを吹いてます。

 こんなかんじでやってます。全体的に、まだまだですが、初級者のレッスンなんて、こんなものです。よろしかったら聞いてみてください。

 「グリーンスリーブス」のフルート&ピアノバージョンは、こちら
 「勝利を我等に」のフルートデュエットバージョンは、こちらです。

« あんまり寒い[2010年1月第4週・通算2週] | トップページ | オペラでびっくり »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

録音音源付き記事」カテゴリの記事

コメント

なかなか、良い演奏でしょたよ。
自分のフルートも安物ですが、低音が良い音が出るようになりましたわ。(笑)
ソロ回しのアドリブは、他の仲間とセッションすると上達しますです。
ここ最近フルートの練習はできてません。(泣)
31日(日)の吹奏楽フェスタのテナーソロ演奏が気になっていろいろ集中できません。練習はまだ1回しかしてないし、30日(土)の最後一発のみです。で、学生の父兄が観に来るので500人のホールが満席になります。(汗)
まあ、とりあえず暗譜しました。

セッションレッスン楽しそうですね。
前の先生のときはレッスン中にデュエットしてもらっていましたが
今の先生はそれがないんです。
自分で録音してやってみようかなあ。

>はっチャンさん

 お誉めいただき感謝です。おっしゃるとおり、ソロなどのアドリブは経験がものを言うと思います。仲間うちであれ何であれ、セッションの回数を重ねる事に進歩していくのだと思います。そういう意味では、私の場合は、セッションの回数が絶対的に少ないので、そこを増やしていくのが、最善の学習方法なんだろうと思ってます。

 吹奏楽フェスタのソロですか。ワクワクドキドキしますよね。練習の回数が少ないのは不安でしょうが、ここは一発、攻めの姿勢で演奏しちゃいましょう。なあに、大丈夫。誰も譜面なんて見ながら聞きませんから、堂々として態度で演奏しちゃえば、何をやっても、通りますって。

 頑張ってください。

>ディアさん

 セッションレッスン、楽しいですよ。一人でコツコツと曲を仕上げていくのも楽しいですが、デュエットとかセッションとかなると、また別の楽しさがありますね。

>自分で録音してやってみようかなあ

 おお、多重録音という奴ですね。ワンマンバンドじゃないですか、これはこれで、結構楽しいですよ。実は若い時に、多重録音(と言っても、ピンポン録音でしたが)にはまったことがありました。ワンマンバンドをやったのですが、ああ、楽しかったなあ。でも、エネルギーはとっても使うので、もうこの年になると、やれません(涙)。

 当時はラジカセ2台で多重録音をしましたが、今ならきっと、パソコン一台でも何とかなっちゃうんだろうなあ。最近は、そっちの方向に疎いので、具体的なソフトを紹介できないのが残念ですが。

 がんば!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/47378573

この記事へのトラックバック一覧です: ソロのフレーズの作り方を、ちょっとだけ習いました:

« あんまり寒い[2010年1月第4週・通算2週] | トップページ | オペラでびっくり »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん