ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ウィーンに行きたいです | トップページ | 家庭の数だけ、鍋料理がある[2009年12月第1週・通算48週] »

2009年12月 5日 (土)

水槽史上、最高の可愛いさ?

 先日、ふと気づきました。

 今、もしかすると、ウチの水槽って、我が家の水槽史上、最高のかわいい水槽になってないか? いや、なっている。確実に、今の水槽が、水槽史上、最強にかわいいよ!

 まず、キンギョたちがラブリーです。主にかわいいのが、カエデとチヅルとサツキの三匹。この三匹が、とにかく人間が大好きで、いつも人間を観察して、暇さえあれば、人間と関わろうとしています。そのしぐさがもーーっ、かわいいったらありゃしない。

 ブニョとキッカは、この三匹と比べると、やや引っ込み思案ですが、それでも、なかなか愛想がよいですよ。ですから、食事時だけでなく、普段の時間帯でも、人間とキンギョのコミュニケーションタイムがふんだんにあって、なかなかに良いのです。

 さらに緋ドジョウたちが、もー、最高にラブリーなんです。とにかく大きな“チビ”を中心にみんなして、クネクネして、そのかわいい姿をいつも見せてくれます。今まで飼っていたマドジョウや、今もいる縞ドジョウは、人目を避けて隠れている事が多いのですが、緋ドジョウは全然隠れないどころか、常に人間に見える所にいます。きちんと、ペットとしての自覚があるようです。ああ、あのオレンジ色の魚体がウネウネしているのは、とーってもラブリーですぅ。

 さらにさらにかわいいのが、タニシ軍団。軍団なんて呼んじゃうとアレですが、タニシって、かわいいんですよお。二本の触覚をユラユラさせながら、大きな口を広げて、水槽中をけなげに掃除しまくってます。思わず「ご苦労さま」って声をかけて上げたくなるほどの働き者たちです。

 それに輪をかけてかわいいのが、シジミたち。二枚貝の間から、ちょこんと取水管を出して、プカプカしている様はなんとも言えずにラブリーラブリーです。ああ、シジミってかわいいんだよぉ~。

 水槽の中をチョコマカチョコマカ動いてせわしないのが、エビたちです。エビって動きがファンキーで、かわいいんですね。体が透明なので、エサを食べていると、食べたエサがお腹の中に溜まっている様子が観察できて、これまたラブリーです。

 エビはたった三匹しかいないので、我が家では弱小勢力な生き物ですが、いつも三匹で力を合わせて健気に生きてます。かわいいです。

 ああ、かわいい。なんてかわいいんだ、ウチの魚介類たちは!

 この子たちの欠点は、いくらかわいいからと言って、これを余所に連れて行って見せびらかしたりできないし、写真や動画にとっても、そのかわいらしさが他人にはなかなか伝わらないという事。つまり、いくらかわいくても、自慢できないのが、飼い主としては、悲しいです。でも、でも、でも、本当にかわいいんだよ、ウチの水槽の子たちは。

« ウィーンに行きたいです | トップページ | 家庭の数だけ、鍋料理がある[2009年12月第1週・通算48週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

ひとことに便乗して。

他国のことなら、
笑って済ませられますが、
自ら降り掛かってこようとは。

仲良くするなら、
アメリカ、中国、韓国の
どちら、ってことだったり、
戦略を決めかねているのに、
スキルの無い戦術論だけなんて、
ダメなんですけどね。

国家のハンドリングを
任せているわけだから、
内容によっては、
国民に知らせないことがあっても
仕方が無いわけで。
それは国民も理解しないといけない。
一時のウケだけを狙うと、
後々ツケを払うはめになるのがわからないのか、
日本の皆さんは...。

既得権となっているメディアだけでなく、
きちんと情報を得て、
独りよがりな判断をしなければ、
違う選択肢になったと思うのですが。
(拳に力がはいってます。)

銀河英雄伝説って長〜い小説がありますが、
連邦政府の烏合の衆的愚かさと
なんとも重なって見えるのが。

すとんさん、金魚の世界は、どうなのでしょう。

すとんさんちの水槽、楽しそう!
私も金魚か緋ドジョウに変身して仲間になりたいよー。水槽の中からすとんさんと目があったら、パチッとウィンクして差し上げますよ。

ヨコ、ですが、
ひょっとこさんはじめまして。私ダリアは、すっ頓教キョウソさまもはっきりとモノをおっしゃるのでまあその内容はともかくとして、ファンではあります、それと同じくらいに、ひょっとこさんのファンでもあります。ひょっとこさんのコメントはだいたいはじめの三行を読めば、(あ、これはひょっとこさんだ)、とわかるようになりました。やはり文は人なり、なんですね。

>ひょっとこさん

 銀河英雄伝説ですか。私はアニメで全部見ました(って、おい!)。

 私は、あの物語のテーマの一つは「愚かな民主主義よりも賢帝による独裁政治の方が、よっぽど理想的な政治が行われる」という風に解釈しております。もちろん「愚帝による独裁政治」が最悪なのは、言うまでもないことですが…。

 国家の方向を決める人間の器で、国家の繁栄そのものが決まるというわけで、あくまで物語の話とは言え、身につまされる思いがします。「たまには自民党じゃない連中に政権を取らせてみようか…」という浅知恵というか、思慮のなさが、今回の事を招いたのだと思います。

 もっとも、私も民主党政治のすべてを批判するつもりはありませんが、「○○無償化」とか「○○手当て」とか、国民を馬鹿にした施策は本当に腹が立ちます。我々は、乞食じゃない。お恵みなんていらない。

 欲しいのは、まじめに働く事ができ、その労働に見合った報酬がきちんと得られる健全な社会であって、働く者が喜びをもって働き、働くことで幸せになれる社会が欲しいのです。働かない人間(“働けない”ではないので、そこ、注意ね)に、居場所なんて与える必要はないし、そんな人間は、日本にはいらない。私はそう思いますね。

>ダリアさん

 ウチの水槽の住民になったら…歌も歌えないし、フルートも吹けないよ。いいの、それで(笑)?

 ひょっとこさん宛の文章の中で「文は人なり」とありますが、本当にそうだと思いますよ。その人の良いところも悪いところも、文章に出てしまうと思います。

 ネットの友人で、リアルに私と会うと、誰もが開口一発「ブログの書き込みどおりの人だー」って言いますからね。はい、オフの時の私は、まさにこの通りでございます。

 “すっ頓教”という表記は、さらにいいですね。“キョウソさま”というのも、なかなかグーな表記方法だと思います。今後は「すっ頓教キョウソさま すとん」とか名乗ろうかしら?(大笑)。

リアルな社会で政治の話はあまりできませんよね…。


郵政選挙の時、いろいろ事情があり民営化反対でした。そして、この間の選挙は民主党のマニフェストの中で納得できない部分があり…。


あまのじゃくなわけでもなく少数派になるつもりもないのに、二度も負けました。bearing


お金を配るのではなく、雇用が増えるようにしたほうがお金が動きますよね。


私もすとんさんのファンであり、ひょっとこさんのファンです♪


>有さん

>お金を配るのではなく、雇用が増えるようにしたほうがお金が動きますよね。

 そうそう、そうだと思う。民主党政治で一番???と思うのは、彼らのやる事成す事の大半が、雇用を減らす方向、仕事を減らす方向、失業者を増やす方向のベクトルである事。で、その一方で、手当てと無償化でしょ。まるで『日本人を乞食にしたいのか!』とでも言いたくなります。『貧すれば鈍する』です。民主党の政治では、日本人の品性がドンドン地に落ちてしまいます。

 まさか、それを狙っているとか?

ファンと言われてしまいました...
ダリアさん、有さん、ありがとう。
(なんともうれし恥ずかしって感じです。)
本当にすとんさんの個人ブログなのにこんなことやってて。
すとんさんの意見には賛同する部分が多いもので。
特に、今は日本の危機だし。
金魚と全然関係ない話で、すみません...


あの銀河英雄伝説ってお話は、今のシステムへの皮肉であり、
アンチテーゼですね。

誤解がないように言えば、自民党には当然不満があります。
ただ、今の民主党に「まともに」国を動かす能力があるのかというと、
きちんと精査すれば、否と言わざる得なかったはず。
しかも幹部のお金の問題、マニュフェストの不備なんて、
選挙前から分かっていたことで。

不思議なことにあれだけマスコミが叩いていた前総理、
政治資金や、税金問題って出てこなかったんですよね。

結局はダリアさん、すとんさんも指摘のように、
人ですよね。器や意識の問題。
多くの人は、基本的に考えることを放棄している。
必要なところで寛容でない。

先生は、学ぶ者がどう理解し発展させるか、
別に良い方法はないのか、考えさせるべき。
違う方法に問題がなければ、寛容であるべき。

先生から学ぶ側も、研究する感覚を持たないと。
先生が言う1つの方法が正しいとは限らない。
確かにきっかけにはなるけれど、
どうでも良い1つのことを知っただけで、
実はもっと合理的な考え方、
方法があるのかもしれないし。

親の価値観の全てが正しいわけでないし。
勉強して、良い学校、そして良い企業に
「就職」するのが普通って、
今だにそんなこと言ったりするが、何が根拠なのか?
寛容であるべきだし、間違っていなければ応援すべき。

音楽で稼げるのなら、それで良い訳だし、
学校卒業してやりたい事業があれば、
いきなり会社作ったて良いのだし。
その可能性のヒントは今の学校では学べないと思う。
学校で株式会社の作り方教えないし。

そして、マスコミがしたり顔で情報を流すが、
何か誘導されていないか、考え、嗅ぎ取っていくべき。
いいようにカモにされているのを気付くべき。

---
そう言えば、漫画「ワンピース」をパクったような、
「フェアリーテール」ってなんだか。
似たようなものを、同時期に出さなくても。
ネタがないのか?
いいかどうかわからないことはやらないほうがいい。
(これは遠回しな皮肉です。)

>ひょっとこさん

 ひょっとこさんの意見にはほぼ同意。別に付け足す事はないかな? 自民党はベストの選択ではないけれど、だからと言って、穴だらけで実力不足の民主党で良かったのかと言うと???でしょう。もしかすると「二大政党政治」とやらが、眉唾物で、本来的に間違っているのかもしれないね。少なくともこのシステムは、アメリカ的ではあるかもしれないけれど、日本的ではないのかもしれない。『自民党がダメだから民主党』と言う発想そのものが、そもそもの間違いだったんだと思う。

 日本の左翼を突き動かす、根本エネルギーって、嫉妬と喪失感だと思うけれど、そういうエネルギーって、脇役の時は光るけれど、主役を張るには不向きな力だと思うよ。民主党が今後、政権維持を狙っていくなら、脱左翼でいかないとね。現実主義、現場主義、国益最優先主義じゃないと、国が滅びるよ、戦争が始まるよ。

 「ファアリーテール」は残念ながら知りませんが、柳の下には何匹もドジョウがいるものです。商売ならば、生活がかかっているのですから、ドジョウを狙っていくという戦略も当然アリでしょう。ただし、売れるかどうかまでは保障の限りではないですが。

 ただね、アイデアとか企画とか設定とかって、他人のものを参考にするくらいなら、知識の共有化というか、枠組みの共通化とも言えるけれど、もしも、マンマのパクリなら、それは盗みとか盗用って奴になってしまうので、ドジョウを狙うにしても、その点は、注意しないといけないだろうと思います。もちろん「フェアリーテール」がどうこうという意味ではありません。だいたい、私は「フェアリーテール」という作品を知らないし(汗)。一般論として、参考にするのはいいけれど、パクリはダメよって話です。あ、パロディは、まだ別の話ね。

 これが商売でなく、趣味の世界の話ならば“恥を知れ!”ってところかな? ネタがないなら、やらなきゃいいわけだし、義務でやるものでもないし、ね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46934992

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽史上、最高の可愛いさ?:

« ウィーンに行きたいです | トップページ | 家庭の数だけ、鍋料理がある[2009年12月第1週・通算48週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん