お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 金魚屋がつぶれて考えた事 | トップページ | ピアノに合わせない、ピアノよりも高めに歌おう »

2009年12月20日 (日)

年を取ったなあ…と感じた事(睡眠編)[2009年12月第3週・通算50週]

体重:104.3kg[+0.5kg:-1.5kg]
体脂肪率:31.5%[-0.1%:-0.8%]
BMI:33.0[+0.2:+0.1]
体脂肪質量:32.9kg[+0.3kg:-1.0kg]
腹囲:103.4cm[+1.1cm:-2.8cm]
     [先週との差:2009年当初との差]

 そふくしダイエット第41週目です。忘年会シーズンですね。私はこれからどれだけ太っていくのでしょうか(涙)。

 ま、私は太っています。が、とりあえず健康で、充実した幸せな毎日を暮らしています。もし、この私の人生に暗い影を落とすものがあるとすれば、それは老い。老化の道をダダ滑っているという事くらいです。でも、生まれて成長してきた以上、老いて死ぬのは当たり前。もう、四の五の言わずに、老いを受け入れるしかないのです。

 ただ、老いと不健康は違うと思うので、健康に老いていきたいと願っています。

 さて、老いと言うか、年を取ったなあ…と人生の色々な局面で感じる事の多い毎日を暮らしておりますが、そんな中でも、特に感じるのが、睡眠に関する老いです。今日は、その話をします。

 全国の、中年および初老の皆さん。夜にめっきり弱くなったりしませんか? 私はもう、夜とは戦えません。ナイトタイムはもうナイと(オヤジギャグ~:笑)。

 なんか、もう10時くらいになると眠くて眠くて…。いや、日によっては、9時頃でも、うたた寝しちゃったりして…。本当に、夜は堪え性がなく、すぐに眠くなります。若い時は、普通に午前1時2時、日によっては3時まで起きて、翌日は普通に起きて仕事に行ってたものですが…午前1時なんて、もはやありえませんね。

 早く眠くなる一方で、早起きはそれほど苦にならなくなりました。なんなんでしょうね。若い時には考えられない時間に起きて活動できます。若い時は、午前7時はかなりの早朝でしたが、今はまったくそう感じられないです。きっと、犬でも飼っていたら、日の出とともにワンコと一緒に散歩に行っちゃうでしょうね。

 寝溜めが全然できなくなりました。若い時は、デフォルトで睡眠不足だったので、休日と言うと、たっぷり寝溜めをしていました。今だって、私のデフォルトは睡眠不足なのですが、全然寝溜めができません。それどころか、寝ていられません。なので、寝不足が続くと、若い時以上につらいです(涙)。とにかく、寝られないですね。眠りが浅いので、ちょっとの物音でも目覚めてしまうし、老化の影響でしょうか、寝返りをうたなくなったせいで、長めに寝ると全身が痛くなったりもします。

 あと、夜中におしっこに行きたくなります。若い時は、目覚めると膀胱がパンパンって事はありましたが、睡眠中にトイレに行きたくなるという事はありませんでした。でも、今の私の膀胱は、すぐにパンパンになってしまうし、それを朝までこらえる事ができないようで、ちょっと睡眠時間が長くなると、すぐにSOS信号を出すので、結果として寝溜めできません。

 そのうち、おねしょをするようになるのかしら?

 寝溜めしなくても、普段からいい睡眠が取れていれば問題ないのでしょうが、熟睡ってのをあんまりしなくなりましたね。寝ても疲れが取れない感じがします。いやむしろ、寝ると疲れたりして(笑)。

 人生の1/3は睡眠だと言います。老化現象のために、私の睡眠も老人っぽくなっているようです。もしも家を建て替える事があったら、私の寝室にトイレを備え付けるようにしようっと。寝ぼけた頭でトイレに行くのは、やっぱり色々な意味で危険だよね~。

« 金魚屋がつぶれて考えた事 | トップページ | ピアノに合わせない、ピアノよりも高めに歌おう »

コメント

 よくわかります(笑)
 日が暮れると眠い。。(暮れなくても眠いけど(爆)
 日の出前から目がさめる(外は真っ暗

 なんなんでしょうね、、「年齢のせい」一言で片付くのかしら?

>ととさん

 ほんと、何なんでしょうね。私が思うに「年を重ねてくると、無理ができなくなる…」って事なんだと思います。

 今でこそ、明かりがあって、人々は夜も活動できますが、ほんの数百年前まで、ろくな照明器具もなく、人々は日の出ともに起き出して活動し、日暮れと共に活動休止し、睡眠をとっていた…わけでしょう。おそらく、そんな、日の出、日の入りとともに生活するのが、生き物としての標準なんだと思います。そして、そんな生活が本来の無理の無い生活スタイルなんだと思います。

 年を取って、生物として無理が聞かなくなり、太陽と共に活動するようになる…そんな感じに思ってます。

うちのおばあちゃんがそんな感じです。早めに休んで、うわ~いっぱい寝たと思ったらまだ11時とか(笑)それから眠れずラジオを聴いたりして、朝の5時頃ウトウトするそうです。でもとても元気なんですよ。下手すると私より元気(^^;)
眠れないことがない私に「時期がくればわかるよ」と言っています。今はわかりません。どれくらいでも寝られます(笑)

>smilekumiさん

 おばあちゃんの話は身につまされます。私は、まだその領域に踏み込んでいませんが、その入り口にすでに立っているので「ああ…、そうだろうなあ…」と思います。でもね、睡眠時間が他の家族とちょっとくらい違っていても、いつも健康で元気でいれば、それでOKです。

 おばあちゃん、いいなあ。年をとれば老化はするけれど、元気でなくなるわけじゃない、老化と不健康(不元気)はイコールじゃないって、これから老いていく身にとっては、希望の光です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 金魚屋がつぶれて考えた事 | トップページ | ピアノに合わせない、ピアノよりも高めに歌おう »

フォト
無料ブログはココログ