ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ブログの記事に費やす時間[2009年11月第1週・通算43週] | トップページ | 聞いていて、物足りなさを感じる音楽 »

2009年11月 2日 (月)

フルートをしっかり鳴らしましょう

 フルートのレッスンに行きました。今回、注意を受けたのは、表題のとおりに「フルートをしっかり鳴らしましょう」と言うことです。

 「フルートをしっかり鳴らしましょう」と言われて、みなさんは何をしますか? もっと勢い良くたっぷりとフルートに息を入れますか? でも、それはどうやら逆でして、もっともっと少ない息でフルートを吹いてくださいって事なんですよ。

 「歌でも、息をたくさん使えば、いい声が出るというわけではないでしょ?」と、いつもキング先生から言われている事を、笛先生の口から聞きました。楽器は違っても、音楽演奏の本質は同じという事ですね。

 なので、この辺は人によっても違うのでしょうが、私は基本的に(何度も書いてますが)息の入れすぎ、勢い良すぎな、元気な子なんです。でも、あんまり元気すぎて、フルートの鳴りを息で押さえ込んでいるようなんですよ。ですから先生に「もう少しでフルートが鳴りそうなんだけれど…」と言われています。

 もう少し柔らかい息で、フルートの管体の端までしっかり入る息でフルートを吹けると、自然とフルートが鳴り始めるそうです。それが今は、息が強すぎて、息の勢いでフルートの鳴りを抑えているというわけなんです。もっと、柔らかくて、太い息で、フルートを吹けるようにしたいものです。

 先生の前で何度も吹いて、ちょうど良い息でフルートが鳴り始めたところを教えてもらいました。あとは、あの感覚を忘れないようにして、自分の中に定着させれば良いのですが…それがなかなかに難しいというわけですね。

 もう、発表会に向けて、ほとんど日がありません。今回、シシリエンヌの演奏で受けた注意は「体を前後に揺らさない」です。どうやら私は無意識に体を前後に揺らして吹いているそうです(し、実際そうでした)。体を前後に揺らすと、笛と体の関係が変わるので、音が乱れてしまうそうです。できることなら、体は揺らさずに、どうしても揺らしたいなら、横揺れでいきましょうとの事でした。なので、横揺れでやってみたら…難しかったです。当日は直立不動の線で行きたいと思いました。

 グロウルができません、と直訴しました。なので、グロウル、ワンポイントレッスンをしてもらいました。グロウルをやるためには、まずそのフレーズをしっかり歌えることが大切みたいです。それも裏声でなく地声でしっかりと歌える事が大切。と言うのも、フルートの音と、自分の声との響き合いがグロウルでは大切なので、しっかり歌えないと、グロウルにはならないのだそうです。それにしっかり歌わないと、フルートを鳴らすのに必要な息も出ないというわけです。

 なので「そのフレーズを歌ってみてください」と言われましたが…いやあ、歌として歌えるほどにきちんと音を取っていなかった事がバレバレで、まともに歌えませんでした。いやあ、お恥ずかしい。なので、オクターブ下でもいいから「ルー」でしっかり歌えるようにして、それからフルートを吹いてみるといいですとの事です。

 グロウルやるために、しっかり音取りから始めるか(汗)。それからグロウルの練習だね。しっかし、今時分、こんなことをやっていて、本番までに間に合うかと言うと、はなはだ不安だけれど、まあ、間に合わなかったら、それはそれで仕方がないと、開き直りを考え始めている今日この頃でした。いやはやなんとも。

 ちなみに、次回、先生とお会いするのは、レッスンではなくピアノ合わせです。おお、もうピアノ合わせなんだ。どーしましょ。

« ブログの記事に費やす時間[2009年11月第1週・通算43週] | トップページ | 聞いていて、物足りなさを感じる音楽 »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

私はすとんさんと真逆です。
なにしろお腹の支えが問題です。
最近ようやくだんだん意識できるようになって、よくなってきたかもと思いますが、それでももっとフォルテで!と言われます。
フォルテが小さかったらピアノはどうなる?ってことですよね。

発表会まであと2週間ですね。
練習も追い込みでしょうか。
寒くなってきましたし、風邪ひかないように(私はどうやら風邪気味です)頑張ってくださいね^^

 私も『鳴っている』状態をなかなか再現できずに苦労しています。

 楽器、体ともにその状態を作りたいのですが、力んでもダメ、頑張りすぎてもダメ。緩みすぎて支えができて無くてもダメ。でダメダメな状態です(涙)。

 新しい楽器の納期が迫ってますが、それまでに今の楽器を鳴らし切ることが当面の目標です。でも、焦るともっとダメですね(笑)。

 発表会、目前ですね。本番に強いすとんさんのシシリエンヌ本番バーションを是非聞いてみたいです。(私も好きな曲ですので)私は本番に弱い方ですので、練習の出来がウソのようなヘタレっぷりが悩みの種です。

>開き直りを考え始めている今日この頃・・・

 急がば回れ、でしょうか。。。
 

>sakuraさん

 全く人それぞれですね。だから、先生について、個別に習うことは大切だと思う。教則本やネットの情報だけを頼りに独学をしていると、思わぬ落とし穴に落ちてしまいますね。

>それでももっとフォルテで!と言われます。

 フォルテは難しいですね。フルートのような楽器では、ピアノ~フォルテの変化は音量の変化だけでは難しいのではないかと思うようになりました…って、声楽も一緒なのですが、音量の変化と同時に音色の変化もしていかないと、十分に達成できないのではないかと思ってます。

 だって、フルートって、ちょっと強く吹くと、すぐオクターブ上の音に言っちゃうでしょう。あれは難義だよ、全く。

 風邪、見舞い、ありがとうございます。今のところ、悪いところで落ち着いてます(涙)。

>ムラマツEXⅢさん

>私も『鳴っている』状態をなかなか再現できずに苦労しています。

 確かに難しいですね。私はフルートの振動をどこまで自分の身体で感知できるかで、鳴りの状態を推し量っています。

 フルートを吹いてみて、指先だけがブルブルしているようでは、全然ダメ。手全体がブルブルしても、まだ物足りない。ヒジまでブルブルが感じられると、多少はキテイルかなって思う。首までブルブルくれば御の字で、胸の中までブルブル来れば完璧! そんな感じでフルートの鳴り具合を測っています。

 誰にでも通用するやり方かどうかは分かりませんが、ご参考までに。

>発表会、目前ですね。本番に強いすとんさんのシシリエンヌ本番バーションを是非聞いてみたいです

 はい、お待ちください。何かのトラブルがない限り、本番バージョンはアップしますよぉ。お楽しみに~。

そっか、もうピアノ合わせなんですよね…って1週違いなんだから当然か(笑)

すとんさんなら大丈夫、
大蛇とハゲタカに狙われたハツカネズミにならないで済みますから(苦笑)

音源UP楽しみにしています~♪

>めいぷるさん

>大蛇とハゲタカに狙われたハツカネズミにならないで済みますから

 よく分かりませんが、少なくとも私は同じネズミでも、ハツカネズミではなくドブネズミの方です。タフですよ~。襲ってくるのも、大蛇とかハゲタカではなく、ネズミ駆除業者だったりします(笑)。

 …ネズミ駆除業者に狙われたドブネズミ………絵にならねー!

私も「フルートの中に息を入れて」と先生に言われます。自分でも囁くような息でビビッと鳴らすことを目指しているのですが、すとんさんと同じように力で鳴らしています。
その証拠に高音のピアニッシモ出せません。shock

>ジッコさん、いらっしゃいませ。

 ははは、同じだあ~。私も高音のピアニッシモは苦手です、フルートでも歌でも(汗)。ありゃあ、難しいですばい。

 でも、難しい難しいとばかり言ってもいるだけでは、いつまでたっても出来る様にはならないので、毎日、ちょっとずつチャレンジしています。ちょっとずつのチャレンジなので、なかなか目に見える形で結果につながらないのが、なんだかシャクです(笑)。

 お互い、頑張ってゆきましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46642273

この記事へのトラックバック一覧です: フルートをしっかり鳴らしましょう:

« ブログの記事に費やす時間[2009年11月第1週・通算43週] | トップページ | 聞いていて、物足りなさを感じる音楽 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん