お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 動かずにフルートを吹きましょう | トップページ | 目玉焼きにかけるのは、ソースですか?、醤油ですか?[2009年11月第3週・通算45週] »

2009年11月14日 (土)

秋は食欲の秋?

 最近は、カエデの食欲がいや増しています。これがすごいんですよ。

 実は、ウチの水槽では、エサねだりは、代々王様の仕事です。しかし、現水槽王であるカエデは、その王様の仕事を、今までずっとサボっていました。

 カエデは、もちろん、エサ大好きな金魚ですが、根がおっとりしているせいか、気持ちがおおらかなのか、とにかく、エサねだりという大切な仕事を、今まで、オスNo2のチヅルに任せていました。で、チヅルの働き(?)で水槽にエサが入っても、すぐにはエサ場にはやってこないで、あとからゆっくりとやってきて(王様ですから)残っているエサをガーーっと食べてしまうという事をやってました。そういう意味では、鷹揚といいますか、王者の貫祿と言いましょうか? そんな感じでした。

 ところが、ここ湘南地方も秋になって、涼しくなってきた頃から、カエデの様子が変わって来ました。まず、その食欲が激しくなってきました。そのためか、最近では、率先して、エサねだりをやっています。それがまたすごい事になってまして…。

 カエデが、普段の居場所を、水槽の奥からエサ投入口に変えました。で、エサ投入口の真下にいて、いつも人間の様子を見つめています。そして、人が水槽に近づくと、全身で存在をアピールしてエサねだりです。すごいですよお~。あのおっとりしたカエデが、まるでサバのよう(分かる人にしか分からない例えでごめんなさい)に動いています。もう、ビッチビッチです、音はたてます、水飛ばします。

 人間からすれば「これがあのカエデ?」って感じの変貌です。

 人間なら、食欲の秋と言うのは分かります。なにしろ夏は暑いですから、食欲も衰えますし、体力だって消耗します。それが過ごしやすい秋になり、体力の回復の意味もあり、食欲が復活します。

 でも、金魚は変温動物です。夏は体温が上昇し活動が活発にあり、エサもたくさん食べます。そういう意味では、食欲の夏なんです。それが秋になり、水温が徐々に下がってくると、活動がドンドン不活発になってきます。食欲も減退します。そういうものです。

 なのに、カエデは、真夏はグデーとして、秋になってから、食欲に取りつかれております。そういう意味では人間並な金魚で、なんか変です。おまけにあげたエサも大半を一人で食べちゃうし。ホント、どうしたんでしょうね…でも、かわいいですよ。

 そうそう、最近、チヅルがやせてきたような気がします。

« 動かずにフルートを吹きましょう | トップページ | 目玉焼きにかけるのは、ソースですか?、醤油ですか?[2009年11月第3週・通算45週] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋は食欲の秋?:

« 動かずにフルートを吹きましょう | トップページ | 目玉焼きにかけるのは、ソースですか?、醤油ですか?[2009年11月第3週・通算45週] »

フォト
無料ブログはココログ