ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ここがスタート地点です | トップページ | ピアノが弾ける男と、フルートが吹ける男。カッコいいのはどっち? »

2009年10月 6日 (火)

サンタ・ルチア、ふたたび

 声楽のレッスンに行ってきました。今回はいきなり歌から入りました。

 “Tu lo sai”は、もう、ばっちりのグーになるまで、家で練習してきたよ。自宅で、ほぼ完璧に歌えるまでにしておきました。すごいでしょ。もちろん、暗譜も完璧にしてきたつもりだったし、レッスンが待ち遠しくて仕方がない状態でした。

 なのに、レッスンではボロボロでした。なぜ?

 あれだけ、きちんと歌えるようにしておいたのに、レッスンでは全然声出ないし(涙)。悲しくなっちゃうね。おそらく、レッスン室は広いし、よく響くので、きっと思っている以上に声を出しすぎてしまい、それで自滅してしまったような気がする。つまりオーバーワークなんだろうなあ。

 さらに改めて指摘を受けました。それは、とにかく、「ウ」の発音が下手って事です。。「ウ」になった途端、口の中がせまくなってしまって、それっきり戻らない。だから「ウ」が頻出するこの曲は、歌えば歌うほど、口の中が狭くなってしまい、うまく歌えないのです。

 それと、この曲は、頭声中心で歌わないと歌えない歌なんですが、家ではそれなりの頭声で歌っているのですが、どうもレッスンに来ると、広い教室に合わせて、声のボリュームアップを目論んでしまい、結果として、頭声の事を忘れてしまいがちな私です。つまり、まだ頭声がしっかり身に付いていないってことですね。

 はあ~…。

 そこで対策というか、練習課題としては…

 歌う時は、身体を使わずに、非力な声で歌うようにしてみよう。
 ハミングで声の通り道を確認して、軽く軽く歌う。
 声は耳よりも後ろから出す。
 声は頭の上の方から、軽く出す。

 すべては安定して頭声で歌えるようになるための練習課題です。

 以上の四点に注意しつつ、全部「あ」の発音で軽く“Tu lo sai”を歌い込んでくる事が宿題になりました。

 とにもかくにも、私の歌は、全体に頑張りすぎ。身体を使おうとしすぎ。使えないのに使おうとして、疲れて歌えなくなる。まずは、身体を使わないで歌うように練習しましょう。ただし、身体を使わないからと言って、裏声は無しです(ここはポイントです)。

 しかし、実に苦労してます。“Tu lo sai”には。私には、かなり手強い曲です。

 さて、“Tu lo sai”ばかりにこだわっていても、仕方がないと思われたのでしょうね。先生から「何か他に歌いたい曲はありますか?」という質問があったので「ぜひ、Time to say Goodbyeが歌いたいです」と言いました。もちろん、軽く、却下です(あれ、難しい曲なんだな)。

 で、次の曲は「サンタ・ルチア」になりました。無論、“Tu lo sai”と同時並行です。

 この曲は以前、グループレッスンでやりましたが、今度はソロです。当然、求められるものが変わってくるので、新曲のつもりで取り組んできます。それにしても、ナポリターナだよ。歌い飛ばし系だよ、いやらしいくらいに朗々と歌ってやる! しかし、ストレス解消にはもってこいの選曲だね。

 それと、レッスンの最後に、「デスペラード」の歌い方について、アドヴァイスをいただきました。

 なるべく、声を鳴らさないようにすること。「歌う」気持ちではなく「歌わない」気持ちで歌うこと。身体は絶対に使わないこと。顔面のみ、できれば口先だけで歌うつもりでちょうど良い。声は口から、息は鼻から出すつもりで歌う。多少鼻声になっても可。フレーズの最後の音は、思いっきり捨てて歌う事。

 もちろん、このアドヴァイスは万人向けのアドヴァイスではありません。声の出すぎる声楽経験者向けのアドヴァイスです。

 キング先生が、ちょっとだけお手本を歌ってくれましたが…うーっ、かっこいい。なんなんですか、この人は。クラシックはもちろんだけど、ロックもいけるじゃん、キング先生! 百聞は一見にしかずです。いいお手本を見せてもらったので、そっちの方向でトライしてみたいと思います。

 そうそう、例の企ては、一歩前進です(謎のひと言)。

« ここがスタート地点です | トップページ | ピアノが弾ける男と、フルートが吹ける男。カッコいいのはどっち? »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46402469

この記事へのトラックバック一覧です: サンタ・ルチア、ふたたび:

« ここがスタート地点です | トップページ | ピアノが弾ける男と、フルートが吹ける男。カッコいいのはどっち? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん