ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« カラオケで恥をかかない方法 | トップページ | 「歌の音痴」と「楽器の音痴」 »

2009年10月15日 (木)

フルートの発表会まであと一カ月か…

 表題のとおりです。焦っていると言えば、焦っている。呑気に構えていると言えば、この上なく呑気に過ごしています。

 とにかく、フルートの発表会に向けて、日々、私なりに練習を重ね、一つずつ一つずつ課題をクリアしている…つもりです。

 でも、練習していておもしろいなあと思ったのは、シシリエンヌとデスペラードで、私のやっていることが間逆なこと。これは、ほんと、いい経験です。

 シシリエンヌは当然のごとく、楽譜に書かれている音楽を、いかに作曲家の意図に近い形で、もっとも美しく演奏できるか。そこをめざして頑張っています。

 ひとまずの目標は、楽譜に書かれていることを、すべて忠実に再現できるようにすること。毎日それを努力課題にしています。…努力していますが、なかなか、楽譜の記述どおりにはできません。どうしても、楽譜に書かれている細かな(大雑把であっても)表情付けができません。厳密に言えば、リズムも音程もちょっと怪しいかもしれない(汗)。

 私のアゲハの音は、作曲家の意図する音色なのか、
 私の音楽の肌触り、質感で、作曲家はOKを出してくれるだろうか。
 何より不安なのが、私のアナライズが果たして作曲家の意図とどおりか、これはとても不安です。

 とにかく、色々な事が分かりません。分からないけれど、完成形は楽譜の中にあるから、私の音楽を、ほんの少しでも、その完成形に近づけるべく、頑張っています。今は分からなくても、努力していくことで、改めて見えてくることがあるのではないかと信じて、日々精進です。

 一方、デスペラードは逆で、いかに楽譜から離れられるか、それにチャレンジしています。

 もちろん、楽譜に書かれている事は、素材としては使用しますが、なるべく楽譜と違う形で演奏できるように、日々、試行錯誤を重ねています。そして 歌も笛も、この一カ月で、だいぶ楽譜から離れてきたと思います。でも、まだ楽譜を引きずっているかな?

 楽譜から離れると言っても、でたらめに離れるのではなく、そこに主義主張と理屈と理論武装をした上で、楽譜から離脱です。楽譜にないフレーズを吹くのはなぜ? リズムのはずし具合や音程のズラし具合にも、考えなしにはできません。特に和音外の音を使う時は、本当にそれでいいのかと考え込んでしまいます。

 なぜ私はそう歌うのか、なぜそう吹くのか。一つ一つ考えて、一つ一つ形にしていきます。それが今の現状です。

 これらの作業が瞬時にできるようになると、アドリブというものができるようになるのではないかと、最近は思うようになりました。アドリブって、つまり瞬間瞬間で作曲(編曲?)しているわけですからね。

 クラシック音楽は難しい。でも同様に、ポピュラー音楽も難しい。両方とも方向が違うだけで、両方ともかなり難しい。「二兎を追うものは一兎も得ず」という言葉が時折脳裏をかすめます。ひえー!

 でも、異なるものを同時に学ぶことで、見える世界もあります。そういう意味では、私は恵まれているのかもしれません。

 あと一カ月で、できるだけの努力と積み重ねをしていきたいと思ってます。

« カラオケで恥をかかない方法 | トップページ | 「歌の音痴」と「楽器の音痴」 »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。すとんさん。
シシリエンヌの譜面を吹いてみましたが、ムー!、いい曲ですがクラッシク音楽はムリか。(笑)
やはり、自分はボサノバとジャズですか!
バンドの練習でのアドリブは出来、不出来があって人に聴かせるにわまだまだですわ。でも、たまに今日のは結構リズムに乗ってるジャンなんてこともあります。コード譜みてフレーズがすぐ出てくるように頭の中の引出を一杯しないといけないみたいです。まだまだ、先の事か・・・・!
頑張りましょう。

>はっチャンさん

 はっチャンさんは、ボサノバとジャズのフルート愛好家なんですね。それじゃあ、色々なことをたくさん教えていただかないと(喜)!

>バンドの練習でのアドリブは出来、不出来があって…

 うわあ、こういうセリフ、言ってみたーい。まず、バンド練習をしているわけでしょ、そこがうらやましいです。それにたとえ出来不出来があっても、アドリブ演奏をしているわけでしょ、すごいなあ…。

>コード譜みてフレーズがすぐ出てくるように頭の中の引出を一杯しないといけないみたいです。

 ねえ、そうなんですよね。頭の中の引き出しどころか、引き出しの把手すら無いのが私の現状です。私はさらに先々のことです。ふう、それでも前に進むぞ! 私も、頑張ります。

すとんさんが1ヶ月なら、私はひと月切った事になる訳ですね…焦。。。

アドリブの世界って、バロックの装飾と似て異なりですね。構成和音音内であったり、非和声音を使ったり、最近は転調して帰ってくる…なんていう激しい装飾も「あり」だそーです。「増やす分には一向に構わない」と無伴奏曲だったのでやってみたら、ロマン派みたいになっちゃった(爆)

ブログに書きましたが、アゲハちゃんのメーカーさん担当者がいらしての無料調整会が来月下旬にありますよぉー。

真逆な曲を練習されているわけですから、混乱もあるかと思いますが、残り1ヶ月、頑張ってください!

>めいぷるさん

 やや、めいぷるさんも本番でしたね。お互い(レベルはかなり違いますが)頑張って参りましょう。

 アドリブ…私の場合は、胸を張って“アドリブ”とは言えない現状です(書きリブを主体に、手癖リブをプラスαですから…)が、この世界もなかなかに奥深いです。ちょっと見では、ジャズのアドリブもバロックの装飾も似たようなもの(で、実際、ジャズプレイヤーがバロックもやったりします)が、基本的に音楽スタイルがかなり違うので、やっぱり別物と考えた方が良さそうですね。

>ロマン派みたいになっちゃった(爆)

 私も他人の事は言えませんが…音楽の様式は守らないと…ね。

 ええと、無料調整会の件ですが、私は今度の土曜日にメーカー担当者さんに調整してもらいまーす。やっぱり発表会の一カ月くらい前に調整ってのが、ベストのタイミングじゃないかと思いまして。でも、来月下旬にもあるのか。発表会の後だけれど、発表会で何か感じたら、またそこで調整してもらうという手もあるな…っ予約制だとダメだけど。情報ありがとうございます。ええと、調整会は、ドでしょうか、ダでしょうか。

>橘さん

 おうっ! 頑張るよっ! 間逆というのは、同時に学ぶ際には、却って良いものです。なまじ隣接領域だったりすると、ゴッチャになりますからね。応援、ありがと。

レベル…って、、、^^;;
自分が「こんだけ背伸びしなきゃ」って丈は変わらない筈だよぉー!
頑張りましょう、お互いに♪

えっとぉ、ダの方で要予約、28&29です。
29はアマチュアのflアンサンブル+プロのカルテット演奏が聴けますよん♪

発表会、がんばってください〜。
私はしばらく参加していないけど
やるとなると練習大変なんですよね〜。
歌もフルートもなんて、キマればヒーローですよ!

私は発表会まで、あと約2ヶ月と1週間ほどですが…

先週のレッスンが流れたせいで、まだ曲すら
決まってないんですよ~う crying

自分で勝手に選んだ曲はありますが、果たしてこれで
先生がOK出すのかどうかも闇の中。
他にも幾つか候補は用意しているものの…
曲が決まるまで、そのどれもを満遍なく
練習しておくのは無理ってもんです;;

あああ、ビシっと曲が決まっているすとんさんが
羨ましいです。
真逆な傾向の曲とはいえ、2曲も出番あるし heart04

イエ~イ、張り切って行きましょう~~~ happy02

>めいぷるさん

 謙虚な人(はぁと)。それはともかく、よ~し、じゃあ私は、目一杯背伸びをするぞ。背伸びをしすぎて、後ろに引っくり返っても笑わないでくださいね。

 ダの店ですね、了解です。しかし、まだWebの方には情報はアップされていないみたいです。ま、とにかく、次の土曜日に職人さんに相談してから、動いてみます。と言うのも、たぶん、今度お願いするメンテ職人さんとダ店にいらっしゃるメンテ職人さんは同じ方だと思うので、一カ月前に調整してもらって、またってのは正直、どうなのって尋ねちゃいます。素人の初心者は何でも質問しちゃいますから(笑)。

 メンテはともかく、プロのカルテットの演奏は…ちょっと聞きたいかも。

>うぉぉんさん

>歌もフルートもなんて、キマればヒーローですよ!

 ヒーローですか? んんん、いい響きの言葉ですね。がぜんエネルギーがわき上がってきました。よしよし、やるぞ、頑張るぞ。片足でフルート吹いちゃうぞ! 応援、ありがと。

>はむはむさん

 まあ「決まっている」と言うよりも「決めちゃった」って言った方が正解ですけれどね(汗)。おかげさまで、現在、苦労してます(汗々)。

 とにかく、四の五の言っても始まらないし、時間だって止まらないし、戻らない。先生とはレッスン以外では連絡取れませんか? メールとか携帯とかは? その手の手段で相談するってのもアリだと思います。

 それが無理なら、一番吹きたい曲をひとまず全力で練習! 少なくともその曲は難しいのだろうから、先生の許可が出てから練習開始では、ちょっと時間的に厳しいでしょう。だったら、OKが出なくても、ドンドン練習して、先生に聴かせるころには、ある程度の形にしておいた方が、より「この曲で発表会はいきましょう…」ってなるんじゃないでしょうか。

 ひとまず、前に一歩出ましょう。

あと1ヶ月なのですね~。
私はクリスマス会までちょうど2ヶ月です。

クラシックの分野でも時代によって全然違いますものね。
ポピュラーと同時進行なんてすごく勉強になりそうですね。
ラストスパート頑張ってください!^^

>sakuraさん

 そうそう、sakuraさんはクリスマス会がありましたね。お互い頑張りましょう。

 私のような不器用な人間は、ポピュラーとクラシック、同時進行の方がたぶんいいんです。その方が両方の違いを感じながら勉強できますからね。ま、いづれは、どちらかをチョイスしないといけないのでしょうが、今はまだ両立です。

>ラストスパート頑張ってください!^^

 “ラストスパート”って聞くと、なんか武者震いします。これでも先祖は武者でしたから(大笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46484285

この記事へのトラックバック一覧です: フルートの発表会まであと一カ月か…:

« カラオケで恥をかかない方法 | トップページ | 「歌の音痴」と「楽器の音痴」 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん