ひとこと

  •  ああ、ゴールデンウィークに突入いたしました。今年のGWは、レッスンと温泉とラ・フォルジュルネとオペラで過ごそうかと思ってます。あ、溜まったDVDも見ないとなあ。ああ、とりあえず忙しいGWになりそうだなっとね。それはそれと、今年のラフォルジュルネは、パソナが不参加なんすよ。ああ、残念残念残念。私はパソナのコンサートが大好きだったのに…、もう生きる希望が無くなったよ(ちょっと大げさ)。とにかく、パソナが不参加で悲しい私でした。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私はトップテナー | トップページ | 油(あぶら)と脂(あぶら)と小ネタを二つ[2009年9月第4週・通算38週] »

2009年9月26日 (土)

金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 水作り編

 次に環境の話をしましょう。多くの人は、金魚すくいの金魚が来てから、水槽を買って、水を入れて、その中に金魚を入れます。これでは金魚はすぐに死んでしまいます。

 実は、金魚って、水道の水では生きていけません。水道の水には、消毒のために塩素が少量入っていますが、その塩素で金魚自体も消毒されちゃって、雑菌と一緒に死んじゃいます。

 なので、金魚を飼うためには、塩素を中和する必要があります。金魚屋で「カルキ抜き」というのが売っていて、これを使用する方がいると思いますが、カルキ抜きとて薬品であることには違いないので、私はあまり使いたくないです。適量投入ってのが難しいですね。あ、カルキって塩素の事だと思ってくれて結構です。

 塩素を中和するための一番簡単な方法は、浄水器の水を使うことです。浄水器の水は、塩素が取り除かれていますので、安心して金魚に使えます。最近は、多くの家庭に浄水器があると思いますので、その水を使うのが、一番お手軽です。

 浄水器がない家庭では、時間がかかりますが、ひなた水がいいと思います。水をバケツにでも汲んで、半日ほど直射日光に当てると、塩素が中和されます。

 井戸水がある方は井戸水を使用するのも、一つの方法です。

 こういう風に塩素のない水を用意するのが、まずは最初のコツです。

 では、この塩素なし水に金魚を入れると…強い個体は生きられますが、弱い個体はやっぱり死にます。というのは、これだけでは、まだ金魚が飼える水ではないからです。

 この塩素なし水に、タネ水を加えてやるのがコツです。タネ水は水槽の水の1/4~1/3ほどあれば良いでしょう。

 タネ水って何でしょうか? それは、金魚が普通に生きて行ける水のことで、水中に多量のバクテリアと、それに少量の重金属と塩化ナトリウムと窒素が溶け込んでいる水です。金魚にとって理想的なタネ水は、いわゆる“青水”と呼ばれている“緑色になった水”です。『緑色になった水』が理想あって『緑色の藻がたくさんいる水』ではないので、ちょっと注意です。藻がたくさんいる水は、今度は酸欠になるので、実は金魚にはキビしいんですよ。もちろん、緑色でなくても、バクテリアがたくさんいる(と思われる)水なら透明でもOKです。

 では、このタネ水はどうやって入手するのでしょうか。一番簡単で確実な方法は、すでに金魚を長年飼っている家に行って、その水槽の水を分けてもらうことです。それでバッチグーです。

 次に良いのは、雨水でしょうね。ただ、雨水に関しては、地域によっては(悲しい話ですが)汚染されているケースもままありますので、必ず使用前に水質検査をしてください。少なくともpHチェックをして、中性であることを確信してから、ご使用ください。中性であることを確信したら、コーヒーフィルター用の濾紙でゴミやホコリを濾過をしてあげると、さらに良いでしょう。

 近所の川や池の水というのもありますが、これらの水は金魚にはワイルドすぎるので、あまりお薦めしません。金魚はあれで案外、キレイな水を好むのです。

 どうにもこうにも、タネ水を入手できなければ、金魚屋に行くと、タネ水の元が売ってますので、次善の策として、これらを利用するという方法もあります。分量さえ守って、塩素無し水に入れると、結構使えると思います。

 我が家の場合は…時間をかけてタネ水を作りました。作り方は簡単です。普通に魚を飼うだけです。ウチはメダカを使用しました。和金を使う人もいます。とにかくたくさん死ぬので単価の安い子が良いでしょう。死んだら入れ換え、死んだら入れ換え…と繰り返しているうちに、水質が落ち着いてきて魚が死ななくなりますので、そうしてたらタネ水の完成です。タネ水の完成まで我が家は、半年ほどかかりました。以来、このタネ水をずっと使ってます。

 もっともこれだけして、やはり、金魚すくいには、元々病弱な子や奇形の子もいます。そういう子は、やっぱり飼うのは難しいです。

 金魚すくいでやってきた子も、何かの縁があって、やってきた子です。なるべくなら、その寿命を精一杯生きて行けるように、世話をしてやれたら、飼い主として本望ですよね。

« 私はトップテナー | トップページ | 油(あぶら)と脂(あぶら)と小ネタを二つ[2009年9月第4週・通算38週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

なるほど~、タネ水ですか。水道水がダメなのは知ってましたけど、うちは井戸水があるのでそれを使ってました。それで十分だと思ってました。水槽に井戸水を入れて餌をガバガバ入れてました。今までの金魚が長生きしないわけだ。

 今の金魚は金魚屋さんからもらってきた時に、金魚屋さんの水も一緒に水槽に入れたっけ…。偶然だったんですけど幸運だったんですね。

週末の金魚記事、いつも楽しみにしています。

それにしても…金魚って案外、気を使うお魚なんですね^^;
私の飼い方は余りにもワイルド過ぎたということを
毎回ヒシヒシと実感します;;

タネ水を作る時に使われる魚、うちのコッピーこと
「赤ヒレ」もそうなんです。
環境の変化に強く、図太い魚ってことなのかと思っていましたが

>とにかくたくさん死ぬので

って wobbly

そうか…丈夫だからパイロット・フィッシュとして使われるのではなく、
簡単に繁殖して単価が安いから なんですね。

うわ~、うちのコッピーも もっと気をつけてやらなくては!!!!

丁度今朝、水替えをしようと思って水道水を
予備のビンに汲んだところです。
塩素抜きに一晩おいて、明日の朝お引越しだ~ ♪
と思っていたのですが…大丈夫かしら coldsweats01

ふーむ、ふむふむ。
なるほど~。
これを知ってたらもっと長生きさせてあげられたのに。生き物を飼育するということはなかなか億の深いことですね、なにごとも環境整備から、なのですね。
タネ」ってのが要なんですね。

>たかさん

 井戸水があるんですか…いいなあ。ウチの近所じゃ、井戸を掘ると、海水が出てくると、もっぱらの噂です(ホントかな?)

 タネ水は金魚の飼い始めの時に必要であって、ある程度、軌道に載ってくると不要ですよ。ただし、水換えの時に、すべての水を入れ換えないこと。必ずの前の水を1/3~1/4程度残すことが肝心です。

 金魚屋の水は、タネ水として、グッドだと思いますよ。

>はむはむさん

 そうです。きちんとしたタネ水を作るには、たくさんの命が必要なんです。

 ですから「エヴェンゲリオン:破」で(って、知らないでしょうが)、海洋研究所施設で、海の臭いを初めてかいだシンジ君に対して、加持さんが「海の生物が腐った匂いさ。海が生きていた証なんだよ」というセリフを言うのを聞いて、ズキっとしました。結局、命をつなぐものは命しかないということを……なんで、アニメで学ばないと、いけない!

>塩素抜きに一晩おいて、明日の朝お引越しだ~ ♪ と思っていたのですが…大丈夫かしら

 大丈夫でしょ。一晩おいておけば、十分です。塩素を抜くには、日光とか空気にさらすことが大切なんだそうですから、ビンに入れる段階で、それなりに空気にさらされているはずです。心配だったら、ビンの水を、広口のビンとかバケツやタライに入れ換えてあげるといいですね。

>ダリアさん

 どんな生き物であれ、命を育むというのは、大変で、手間がかかり、奥の深い深いものです。ペットを飼う事もそうですが、私たち自身が生きて生活していく事だって、色々な事柄のバランスの上でなりたっているわけで、たいへんにデリケートな事なんだと思います。

我が家のメダカ水槽…週末から金魚水槽になりました(笑)
先週末フィルター付きポンプが壊れたので新しいのと入れ替えたら…水のバランスが崩れたのでしょうね、長生きしていたメダカちゃん2匹が相次いで☆になりました。緑色の水が良いって事は…水槽の中で古いフィルターを絞っておいたら良かったのかも。。。フィルターが替わったら、水の緑が少し薄いです。

そして、かねてよりちびねこが「金魚飼いたい」と行っていましたので、近所のホームセンターで一番安い「小赤」ちゃんを買ってきて入れました。。。今のところ生きてます。
水槽の水…我が家は水道水(地下水らしいです)をペットボトルに入れて数日放置(水槽と温度を揃えるため)したものを使っています。
長生きすると良いなぁ(^^)

>小夜子さん

 金魚を飼うコツは水を飼っているのと思うこと…と、どこかの本に書いてありましたが、まさにその通りだと思います。上手に水質をキープしてあげることが、金魚やメダカなどの水生動物たちの命を長らえさせることにつながるのだと思います。

 いよいよ金魚ですか。小赤…和金ですね。きちんと飼うと、大きくなりますよ。30cmオーバーも珍しくありません。環境が整うと、半年から1年程度でそれくらいになりますので…ご注意めされよ。

へ???30cmですかぁ?我が家の水槽サイズ30cmなんですけど(^^;
ま、我が家は熱心に世話をするワケでもないので多分そこまで大きくはならないと思うけど…一応覚悟しときます(笑)

>小夜子さん

 普通の金魚は水槽のサイズなりにしか成長しませんから、30cm水槽に住んでいる金魚はそれほど大きくなりませんが、時折、水槽の大きさを考えずに成長する金魚もいますので、そうなると、さらに大型の水槽に買い換える必要がでてきます。

 でも、和金で30cmと言うと、ほぼ最大サイズですので、普通はそこまでは大きくなりません。なっても、せいぜい25cm前後です(笑)。それくらいの覚悟はしておいてください(笑)。

と、いうことは、「フレッツ光」のCMで長澤まさみちゃんがやってることはダメなわけですね(って、分かる人にしか分からないネタを振るか>私)

うちはいつもひなた水を使っていますが、割とテキトーかもしれませんね(笑)
フナ1号2号が来る前は、メダカを大量に飼っていた時期がありまして、タネ水はおそらくこのメダカ水だったんじゃないかと思います。なにしろ管理しているのは私ではなくて夫ですので、世話は丸投げ、私は時々金魚ちゃんたちに話しかけて遊んでいるだけなのですが(笑)

>ことなりままっちさん

 え! 「フレッツ光」の長澤まさみ?? なんすか、それ?

 「フレッツ光」と言えば、ついこの前まで、スマップが全力でCMをやっていたのに、ついこの前「カモン!」とか言いながら、全員で、ソフトバンクに乗り換えちゃったアレでしょ。あ、ゴローちゃんはまだ乗り換えていなかったけ? …って、これも分かる人にしか分からないネタだな。

 ググったら、まさみちゃんは西日本じゃん。ウチじゃあ、CM流れてないよ。ちなみに、こっちの今のCMキャラはイチローだよ。

 まさみちゃんのアレは、よく見ると、水はバケツから入れてますので、もしかすると、水槽を飼う前に、ひなた水を作ったのかもしれませんね。でも、たぶん、アレだと、金魚は持たないな…。その理由は…次の土曜日を待て!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46310284

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 水作り編:

« 私はトップテナー | トップページ | 油(あぶら)と脂(あぶら)と小ネタを二つ[2009年9月第4週・通算38週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん