ひとこと

  •  AさんとBさんの間にトラブルがあったとします。で、Aさんは「トラブルは解決済み」と公言しているけれど、Bさんは「トラブルは何も解決していない。当方は全く納得していない」と言っている場合、客観的には両者の間にあるトラブルは何も解決されていない…という判断になるわけだね。それにしても、借りた金返さない人っているんだよね。一度もらったら、こっちのモノ、貸した方が悪いって発想は、私には分かりません。少なくとも、金銭授受の記録が残っている分だけでも返却すれば、大問題にならずに済んだのに…。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ああ、憧れのイアン・アンダーソン様になれるかしら? | トップページ | デスペラードをアレンジしてみた »

2009年9月 2日 (水)

例の件は、ひとまず一歩前進です

 声楽のレッスンに行ってきました。

 まずは先生との密談(笑)から。もちろん公表できるようになったら、ここに書きますが、今は地下工作の真っ最中です。自分の備忘録として書きますが『先生から仕事を依頼されたので、即座に手下に丸投げ』『だいたい曲は決まりました』『私の分担もほぼ決定』『メンバーのメドもだいぶたってきて、ようやく先が見えそう』『年内一杯は準備にかかりきり』『本番について、そういう手があったか!』などです。

 密談が終わったので、次は私から相談事。まずはフルートの発表会で歌を歌う事を伝えました。フルートの発表会ですから、笛先生の領分なのですが、事が歌となると、キング先生にも話を通しておかないと、仁義というものが成り立ちません。

 キング先生のおっしゃるには、色々な音楽経験を積むことはとても大切なことなので、フルートの発表会で歌うことは良いことだと思うけれど、せっかく今、声楽の方も少しずつ頭声が出るようになってきたのだから、ポピュラーソングを歌うことで、それがダメになってはモッタイない。だから、ポピュラーを歌うなら、中途半端なことはせずに、思いっきりポピュラーソングとして、声楽のテクニックは使わずに歌ってきなさい…とまあ、こんな感じのアドヴェイスをいただきました。

 つまり、声楽とポピュラーソングを切り離して、歌ってらっしゃいとのことです。もっとも「デスペラード」をオペラチックに歌っては、変だしね。その辺は心得ているつもりです。

 というわけで、密談をして、相談をしたので、だいぶレッスン時間に食い込んでしまいましたので、今回は発声練習はサラって感じで、さっそく曲に入りました。

 最初は「Tu lo sai」から。まずは歌詞の朗読からです。いくつか発音上の注意を受けました。部分的に楽譜が二段になっている個所は、上(つまりバリエーションの方)を歌うように言われました。歌う時の口の奥の形が“丸く”なっているので、もっと“縦長”にして歌いなさい(つまり、口蓋垂をもっと上げろという意味)と言われました。これって音色にすごく影響するんですよね…。それといつものことですが、歌として、しっかり感情を入れて歌うように言われましたし、見本で歌っていただきました。ううむ、先生の歌はいつもながら、うっとり聞きほれてしまいます。

 とにかく「Tu lo sai」はもっともっともっと歌い込んでくるように言われました。

 次は「Lascia ch'io pianga」。こちらは身体の使い方をしっかりチェックされました。ついつい歌いながら、足でカウントを取ってしまいましたが、これは体重が後ろにかかってしまうのでNGだと言われました。体重は常に前にかけること。鉄則です。

 それと歌い終わったところで、お腹の支えが不十分な事を指摘されました。フルートなら十分なお腹の支えも、声楽では全然物足りないのです。笛先生に誉められたからと言って、いい気になってはいけません。フルートでの要求水準と声楽での要求水準は違うのです。歌の後半に向かって、徐々に息が浅くなってきたことも指摘。図星です。

 とにかく、しっかり歌の最後まで、息をお腹で支えきらないと…。

 今回の歌の出来が余り良くなかったので、次の時間のレッスン生(若くてかわいい女性です)を部屋に招き入れて、妻と彼女を観客にして、その目の前で本番のつもりで歌いなさいと…まあ、こんなわけです。

 はい。歌いました。真剣に持てる力を注いで歌いました。出来ですか? 妻の採点では70点の出来です。つまり“上出来”って事ですね。

 先生がおっしゃるには、練習で歌うよりも、人前で歌った方が出来がいいですとの事。すとんさんは他人がいた方が力が発揮できるタイプなのですねと、誉められたのだかどうなんだか分からない講評をいただきました。練習の時も、客前のように緊張して歌って欲しいものですとも言われましたが…。

 とにかく今回のレッスンで「Lascia ch'io pianga」は終わり。ご苦労さまでした。

 先週からブログの左欄の「Infomation」にキング先生のコンサートのご案内をアップしました。興味のある方は、先生のHPから申し込むか、私に連絡をください。私に連絡をくださると…キング先生の連絡先をお知らせします(笑)。

« ああ、憧れのイアン・アンダーソン様になれるかしら? | トップページ | デスペラードをアレンジしてみた »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46089723

この記事へのトラックバック一覧です: 例の件は、ひとまず一歩前進です:

« ああ、憧れのイアン・アンダーソン様になれるかしら? | トップページ | デスペラードをアレンジしてみた »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん