ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« H足部管付きは難しい | トップページ | 私が時折、恐れること[2009年9月第2週・通算36週] »

2009年9月12日 (土)

金魚すくいの金魚って、どんな金魚

 今日は、私があっちこっちで見聞きした事を、私なりにまとめて書いてみます。

 金魚って、琉金とかランチュウとかデメキンとか和金とか色々いますし、見かけも性格もそれぞれで、全く違う種類の魚に見えますが、実はあれ全部一緒の“金魚”という魚です。その金魚に品種改良を徹底的に加えて、あれだけのバリエーションを作り出したのは、人間の技というやつです。

 金魚の元々は、ヒブナ(緋鮒)という魚なのだそうです。ヒブナ?…そう、真っ赤なフナです。いわゆる赤い和金がほぼソレです。

 金魚は品種改良で作られた魚です。だから、琉金を繁殖させようとして、琉金同士を掛け合わせて子どもを生ませると、生まれてきた子どもは、琉金と和金とその中間っぽい子の三種類が生まれてくるそうです。これが、琉金じゃなくて、デメキンでもそうで、デメキンとデメキンを掛け合わせると、デメキンと琉金と和金と、それぞれの中間的な特徴をもった子が生まれてくるそうです

 つまり、金魚は、どの金魚であれ、繁殖のたびに和金が生まれてくるそうです。ま、いわゆる、先祖返りってやつですね。統計的に言えば、回帰現象って奴です。

 なので、金魚は生まれてきたときに、大雑把に四つの等級に分けられるそうです。たとえば琉金を例にして話すと、「琉金の特徴をそなえた美しい個体(完璧な琉金:Aランク)」「琉金の特徴はあるけれど、どこか体のバランスが悪い(だいたい琉金:Bランク)」「ほぼ和金(先祖返り:Cランク)」「体のバランスがかなり悪い、または体に障害がある(Dランク)」なんだそうです。

 もちろん、ランクによって出荷先が変わります。Aランクの金魚は、品評会などへの出展も可能なので、金魚専門店に出荷され高額で買われていきます。Bランクの金魚は、普通にペットショップやホームセンターに出荷され安価で売られます。Cランクの子たちは、熱帯魚専門店に出荷され、肉食の熱帯魚たちの生き餌としてタダに近い値段で販売されます。Dランクの子は、普通は処分です。

 金魚の世界もなかなか厳しいものです。

 では、金魚すくいの金魚たちは、どのレベルかと言うと、ほとんどがCとDの子たちです。つまり、和金と体のバランスの悪い子と障害のある子たちです。それにほんの少しのBランクの子たちが、客寄せのために混ざります。

 この中で、体のバランスの悪い子は、往々にして弱い個体ですから、自宅で買い続けるのは難しいでしょうね。でも、和金の子は、だいたいが先祖返りなので、むしろ個体としては強い子です。障害のある子は、障害の種類にも寄りますが、案外元気なものです。

 と言うわけで、金魚すくいで元気な子を入手したければ、和金を狙うのが一番確実でしょう。少なくとも、和金の子たちは健康な子たちです。

 ちなみに、我が家の金魚たちは、カエデ・チヅル・キッカ・サツキは金魚専門店から購入した、いわゆるAランクの子たちです。高かったです(汗)。でもブニョは金魚すくい出身で、左の尻ヒレが矮小化している障害魚なので、Dランクの子です。で、一番大きく成長し、一番元気よくて、一番水槽でブイブイ言わせているのが、障害魚のブニョだから、金魚の人生も分からないものです。

 たぶんブニョは障害さえなければ、特Aクラスの金魚だと思います。なにしろ、目がふさがるくらい、立派な肉瘤がありますからね。あれは相当、立派な子なんです。それにブニョは、金魚すくい出身とは言え、一回400円の“高級”金魚すくいの出身なんですよ。

« H足部管付きは難しい | トップページ | 私が時折、恐れること[2009年9月第2週・通算36週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

 なるほどー。金魚ってそういうランクづけなんですね。うちで飼ってる金魚はオール「金魚すくい」出身なんで、わからなかったなあ…。

 夏になると近所で祭りがあるのですが、その金魚すくいでもらってきた金魚です。うちの子どもはなぜか金魚すくいが好きで、以前から金魚を持って帰ってくるのですが、みな短命でした。

 去年、金魚屋さんから余った金魚をもらってきたのですが、こいつらが元気で水槽の中で暮らしています。Dランクと思われる尾びれの曲がった子とか、ひれがちょっと欠けてる子とかも元気に泳いでいます。処分されるよりは良かったなあ。

 でも最近大きくなって来てわかったのですが、この中に特別大きくなった奴が二匹いまして、こいつらは「錦鯉」だったことが判明しました。今の水槽では飼えないので、もらってきた金魚屋さんに里帰りかなあと思ってます。

 でもなんで錦鯉なんか入っていたんだろう?単なる間違いでしょうね。かなり適当な金魚屋さんですから。

>たかさん

 確かに金魚すくい出身の子を育てるのって、難しいんですよね。では、次週は、その辺の事を書こうかなっと。

 それにしても、その金魚屋さんは、いいかげんすぎ。だって、鯉は金魚とは明らかに違うじゃない。鯉って、どんなに小さな個体でも、口にヒゲが生えているし、魚体だって金魚と違って棒状だし、全然違うよ…。

 それに金魚と鯉じゃあ、値段が違うから、間違えて売ったら、お店が損しちゃうよ(笑)。

うっ…優雅な金魚の世界って、なんてキビシイんでしょうか coldsweats02

うちも、かつて飼った事のある金魚のほとんどが
金魚すくい出身のコ達です。
で、やっぱり可哀想な事に短命…;;
2匹だけマトモにペットショップで
「丹頂」という種類の金魚を買いましたが、
あれは比較的丈夫でしたね。

でも狭い我が家(&数年に1度で転勤による引っ越しあり)では
どんどん大きくなる金魚を余裕持って飼えるような
大きな水槽を置けるスペースがなくて、
わりと短命で助かりました…悲しいけど…

今は「コップで飼えるお魚、コッピー」
(つまりはメダカよりちっちゃいアカヒレです)
を1匹飼っています。
つがいで買ったんですけど、メスの方が先に
星になってしまいました。
コッピーの平均寿命は1~3年だそうですので
うちの3年目に入るオスもそろそろかな…
と思うと、毎日ビンの中を覗くのが怖い
今日この頃です。

このコッピーが星になっちゃったら淋しいので、
次はメダカでも飼いたいかな~。
ホントはネオンテトラ欲しいですが、熱帯魚は
飼うの大変そうですもんね coldsweats01

>はむはむさん

 金魚の世界は厳しいですね。ランクの低い方は生存競争があり、ランクの上の方は品評会でのバトルがあり、やぶれれば容赦ないですからね…。

 丹頂は以前飼ったことがあります。かわいいですね。なにしろホワイトボディに赤くて大きな丸一つで、まるで日の丸のようなデザインの子です。

 でも、金魚は引っ越しの多い家のペットには向かないかも。水ごと水槽を移動させるのって大変ですよね。ま、なんであれ、引っ越しの多い家ではペットを飼うのって、やっぱり大変なんだろうと思います。

>次はメダカでも飼いたいかな~。

 いいですねえ…メダカ。メダカは水槽で飼うのもいいですが、睡蓮鉢に入れて玄関先の雨が適度に当たる所で飼うと、なかなかオシャレですよ。もちろん、睡蓮と一緒です。

うちの子たちはぜ~~んぶ金魚すくいの子たちですがなにか(笑)

「フナ1号」と「フナ2号」は本当にフナかしらと思うくらいでかいです。相変わらず元気です。最近はフナ3号、フナ4号もいるという。
そういや、うちも引越しの際に金魚を運んできたんだけど、どうやって運んだのかまるで覚えてませんね。自分が移動させたのではないのかもしれん。(ちなみに、フナ1号2号はこの頃から我が家にいます)

そうそう、我が家では、黒出目が連続でお亡くなりになってたので、黒出目って弱いのかなと思ってたんですが、ついカワイイので取ってきちゃうみたいなんです。ちなみにうちの黒ちゃんは今、実家に前からいた黒ちゃんと2匹で仲良く過ごしているようです。

>ことなりままっちさん

 黒出目って確かに強い種類ではないですよ。ってか、和金と混ぜて飼っちゃあ、ダメですって。デメキンはデメキン同士で飼わないと…ネ。

 いやあ、黒に限らず、デメキンってかわいいのだけれど、飼うのは難しいよねえ。ウチもなかなかデメキンは飼いきれません。ウチは琉金&オランダ水槽なので、デメキンには過酷なんですよね。

 金魚って、その運動能力によって、いくつかのランクに分かれるのだけれど、できれば同じ運動能力同士の種類で飼ってあげないと、色々と面倒なんですよね。

>「フナ1号」と「フナ2号」は本当にフナかしらと思うくらいでかいです

 いや、たぶん、それ、フナだから(笑)。先祖返りして、ヒブナになっちゃったんだと思うよ。一応、便宜上、和金って呼ぶけれど、日本にいる和金の大半はヒブナじゃないかな?

 でも、和金って、あれで結構サカナサカナしているから、魚好きには案外、たまらない魅力があるんですよね。エサやりの時のあの騒々しさは、鯉に通じるところがあって、いいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46182767

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚すくいの金魚って、どんな金魚:

« H足部管付きは難しい | トップページ | 私が時折、恐れること[2009年9月第2週・通算36週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん