ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 発表会の出演申し込みをしました | トップページ | 世知辛い世の中になりました…[2009年9月第3週・通算37週] »

2009年9月19日 (土)

金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 エサやり編

 「金魚すくいで金魚がやってきたので、水槽を買ってきたのに、あっと言う間に死んじゃったよ」って話をよく聞きます。だいたいは、生きていても2~3日でしょうね。長くても一週間、短いとその日のうちに天国行きって感じでしょうか。

 我が家も、最初に息子君が金魚すくいをして連れてきた子は、2~3日で死にました。息子君はガッカリしてましたが、私はよくもったものだと思ったものでした。ちなみに、我が家の現在の金魚水槽は、この2~3日で全滅した金魚水槽から始まっています。

 実は金魚すくいの子をうまく飼うにはポイントがあって、そんなに簡単ではありません。まず今回は、エサやりを中心に、金魚を連れ帰った直後の注意点について述べてみたいと思います。

 意外と知られていないのですが、金魚すくいの金魚って、実は空腹なんです。あの子たちは、養殖池から出荷されて、金魚すくいの露店にやってくると、エサはほとんどもらえないそうです。つまり断食状態なんです。

 それには訳があって、金魚ってエサをやらなくても、簡単には飢え死にはしないんです。普通に飼われている子は、一週間や十日くらいはエサをやらなくても死にません。もちろん、弱ってきますが、弱ってきた子は、動作が不活発になり、金魚すくいですくわれますので、いなくなります。金魚の数がほどよく減ってきたら、また元気な子を入れればよいわけで、だから人間はエサをあげずに済むと言うか、あげない方が都合が良いのです。

 それに金魚はエサを与えると、ご存じのとおり、すぐに多量のフンをします。お祭りの金魚すくいの屋台の水槽が、フンまみれでは困るでしょう。それもあって、金魚たちは断食の絶食状態なんです。

 なので、そういう空腹な子が家に来た場合は、少なくとも丸一日は環境に馴れさせるため、そのまま絶食を続けて、環境の変化を乗り切らせ、落ち着いてきたところで、ほんの少量のエサを与えます。ほんの少量とは、金魚のクチで、一口二口です。それで十分です。断食をしていた人間が断食明けに食べるのは、ほんの少量のおかゆでしょ。それと一緒です。最初のエサは、そんなものです。

 最初はそんなものとして、では、その後の通常のエサやりとして、エサの分量はどれくらいあげるのか…。金魚を飼った事のない人は、これを間違えて金魚を死なせてしまいますので、注意してください。

 金魚は変温動物です。体温維持にエネルギーを使いません。さらに加えてあの小さな体です。エサはごくごく少量で十分です。目安としては、最初、エサは一日に一回、一回の分量は2~3分程度で食べきれる分量から始めてください。できれば、エサをやる人間を決めるといいですね。注意点は、食べさせすぎない事です。金魚はエサをやりすぎると死にますので、注意してください。

 金魚には胃袋がないそうです。ですから、彼らには満腹という感覚がないそうで、エサはあればいくらでも食べてしまいます。欲しがるから言って、エサを多量に与えると、消化不良で死にます。でも、エサが少なすぎると、いつまでも成長しません。ですから、最初のうちこそは、一日一回の2~3分で食べきれる分量のエサで良いのですが、やがては金魚を観察して、適切な分量を適切な回数に分けて与えるようにしてください。

 ちなみに、ウチは一日二回で、一回の分量はフリーズドライ系のエサを備え付けのスプーンで一杯分と、色揚げ用のえさを二つまみ。これを金魚の様子を見ながら、少しずつ与えて、最初に与えた分を食べ終わったら、次の分を追加して…の繰り返しで、だいたい30分前後の時間を使ってエサを与えています。エサの分量が多いのは、ウチの子たちが巨大だから(笑)。これでエサを減らすと、あっと言う間に水槽内のお友達たちを食べ尽くしまうからです。

 あと、エサをやった後は、かならず二時間ほどは寝かせません(って、別に電灯を消さないだけですが)。これも消化不良を避けるためです。金魚はエサを食べると、割とすぐにフンをします。なので、一通り脱糞して、落ち着いてから寝かせるようにしてます。

 あと、金魚がエサを食べ残すと、水が汚れて病気が発生するので、金魚がエサを食べ残さないようにするのもポイントですよ。

« 発表会の出演申し込みをしました | トップページ | 世知辛い世の中になりました…[2009年9月第3週・通算37週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

そうですか~。

金魚すくいの金魚がすぐに死んでしまう原因が、エサのやり過ぎだとは…。

金魚のことをよく知らない私には「目からウロコ」です。

だいたい、大きくなるまで錦鯉を金魚だと思っていたくらいですから(笑)

よく見ればヒゲがあるのにねえ…。

まあ、金魚すくいの金魚中に錦鯉の稚魚がいるとは思いませんけど。金魚屋さんもいい加減ですこと。

>たかさん

 いえいえ、金魚すくいの金魚がすぐに死んじゃうのは、エサだけが原因ではありません。ほかにも原因となることはありますが、それはまた次の機会に書きます。一度にたくさん書いても、読むのが大変でしょ。

 でも、エサは大切な問題なんですよ。金魚に限らず、ペットとか家畜って、消化不良で死んだり、重体になったりするんです。特に金魚は胃袋がなくて満腹中枢が弱いらしいので、特に食べ過ぎに注意してやらないといけないそうです。

 とは言え、熱心にエサをねだる姿を見ていると、かわいくなって、ついついエサをやりたくなってしまうんですよね。そこが落とし穴なんです。

今日の金魚のお話、とってもおもしろかったー。楽しく読ませていただきました、ありがとうございました。金魚飼育って、奥が深いんですねえ。
フルートでアップアップしているので金魚の気持ちがよくわかりますわ。

>ダリアさん

 まあ、金魚に限らず、ペットを飼う、命を育むというのは、やっぱり難しいと思います。特に、我々人間から種族が離れれば離れるほど、私たちの常識が通用しなくなるので、難しいと思います。金魚は魚類ですからね、我々とは“脊椎動物である”程度の共通点はありませんから、色々と常識が通じなくて、飼育が難しいと思います。

 もっとも、脊椎動物ですらない、昆虫とか甲殻類とかをペットにしている人から見れば、まだまだ飼育もやさしい方かもしれませんが(笑)。

 来週も似たような話(金魚の飼い始めの注意)をするつもりですので、お楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46245022

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 エサやり編:

« 発表会の出演申し込みをしました | トップページ | 世知辛い世の中になりました…[2009年9月第3週・通算37週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん