ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ハモる声、ハモらない声 | トップページ | 新しいお友だちを70人、ご招待 »

2009年8月28日 (金)

今日から君は僕だけのもの

 昨日は8月27日でした。それがどうした?って感じでしょうが、いやいや、それは私にとって、それはとても大切な日だったのです。実は昨日がローンの最終支払日だったのです。

 つまり「今日からアゲハは私だけのモノ」になりました~。パチパチパチ~。

 いやあ、うれしいです。フルートのローンが終了しました。今日からアゲハ(アルタス1307)のすべては私のモノになりました。誰にも文句は言わせません! ううう~む、うれしい。

 それにしても、去年の正月の頃は、まさか自分がこんな高級フルート(と言っても、たかがしれているけれど)をローンで買って、毎日ピーピー吹いているとは、絶対に思わなかった。人生って、本当に先が読めない、予想のつかない、おもしろいショーだね。だから、簡単にやめちゃいけないんだよね。ほんと「人生って何が起こるか、全く分からない」のです。

 それにしても、私のフルートの腕前は、アゲハにふさわしく上達しただろうか…って、ちっともしてないじゃん。ああ、お前には総銀フルートなんざあ、100年早いぜっ…って言われても文句言えない(汗)。

 でも、負けない。私には、もっと大きな野望がある。それは、ある日、天からお金が降ってきたら、今度はゴールドフルートをババンと購入しちゃうこと。それも現金一括支払いって奴で! その日が来るまでは、アゲハと毎日をしっぽりと過ごすことにします。

« ハモる声、ハモらない声 | トップページ | 新しいお友だちを70人、ご招待 »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

ローン完済おめでとうございます。(パチパチ)

 いよいよアゲハさんに愛着がわくことでしょう。これからが長いつきあいになりますね。まあ、時々他に目移りするのは許してもらって(笑)。

 「できの悪い子ほど可愛い」じゃないですけど、うちの葉二も可愛いですもん。新しいフルートを買っても下取りに出そうなんて思いません(出しても値段つかないよ。きっと)

 フルートの試奏を昨日もしました。かなりじっくり吹いたんですが、銀がこなれてないせいか高音域の音が固いんです。試奏の終わった後で楽団の練習に行って、葉二を吹いた時の高音域の柔らかさと、自分の息に反応してくれる素直さを感じました。そのうちにいうことを聞かなくなりましたが…。はっはっは。

 たぶん、アゲハさんも吹き込んでいけば音がどんどん変わっていくと思います。ますます吹くのが面白くなりますよ。

アゲハ嬢 完全ゲット、おめでとうございますheart01

いいなぁ~…
私は専業主婦ですので、一括現金払いで更なる値引きを狙うために
購入時に動かせる金額が限定されていた中での選択でしたが、
お仕事のある方々には必殺・ローン返しという奥の手があるんですもんねheart04

次回は是非是非、ゴールドをその手にshine
今後のすとんさんの試奏レポ、ますます楽しみにしています。
そして勿論、アゲハ嬢とも心おきなくお幸せにheart01

>たかさん

 そうそう、自分のフルートは、特別にかわいいですね。

 アゲハも購入時から見れば、音がだいぶ変わってきたと思います。それも良い方向に変わってきたと思います。フルートは吹き込めば吹き込むほど、音が良くなってくると聞きますが、本当だなあと思ってます。じゃじゃ馬のツンデレは相変わらずですが、それでも以前よりはだいぶ素直になってきたと思います。

 自惚れた話ですが、ほんの時々ですが、うっとりする音が出ますから…ね(はぁと)。いつもじゃないのが、残念ですが…。今後が楽しみなフルートです。

>はむはむさん

 そうなんです、必殺・ローン返しを使いました。

 元々は、頭部管銀のフルートを一括現金払いでご購入予定だったはずなのに、いつのまにかアゲハをローンで買っていた私です。

 どうせローンを使うなら、もうワンランクあげて、100万円前後の立派な総銀フルートを買えばよかったと思った時期もありましたが、今ではそのクラスではなく、アゲハでよかったなあと思ってます。

 と言うのも、総銀フルートになると、その善し悪しは値段ではなく、総合的な個体差に依存すると思います。ざっくり言っちゃうと、高いフルートが必ずしも自分にとってベストではないって事です。それはたくさん試奏をくり返した結果の結論です。

 おそらく、今の段階で、自分のパートナー探しのフルート選びをしたとしても、結局、色々と悩んでも、またアゲハを選んでしまいそうな気がします。もっと私が腕を上げて、フルートに求めるものが変わってくれば、その選択も変わるでしょうが、今の私なら、やっぱりアゲハが一番です。

 だから、はむはむさんが、必殺技を使える立場にあったとしても、やっぱりエリンちゃんを選んでいるじゃないでしょうか?

ローン終了おめでとうございます。わぉ〜!!
フルートって高いですよね(楽器はみんな高いけどサ)。
購入記でどんどん値が釣り上がっていくのをハラハラしながら読んだのを思い出しました。
先日、知り合いが、テレビまわりをすっきりさせたいので、ナショナルのセットを購入しようと考えたのですが(40万がモニター価格で20万だと言われ、安いかな?と感じたらしいです)やはり止めにしたと言うことでした。
楽器と家具では比べられないですが、フッと我に帰ると「いやいやいや〜とても…」と思いますよ、やはり。そんな、アテクシのVCの値は、あちこち人づてに画策して、片手(本体のみ)でごじゃります(プッ…)。やはり専業主婦なので、自分だけのために何じゅーまんエンも使えないし、第一無いし…。
けだし、楽器ちゃま達は、安い高いでなく(負け惜しみ)鳴らしてもらってナンボの存在ですから、いっぱい歌わせてあげなきゃね。もち、うちの子も可愛いですよ。ボロだけど(一応おふらんす産←負け惜しみ、その2)ヴィヴァ・ラ・ヴィータ!!

お久しぶりです。(ブログはいつも拝見していますが)
すとんさんやたかさんの試奏レポートはいつも興味深くて面白い。

先日、すとんさんもイベントに参加された、上坂先生のフルート合宿に参加してきました。なかなか面白い体験でした。
合宿のことを書き出すときりないので、それは割愛します(ってなんじゃって感じかしら)。

でも一番驚きだったのが、参加者16名(今回はとても少なくて、30人くらいになることも多いそうですが)のうち、なんと5名がゴールドフルートだったことです。もう本当にびっくり!!!
ゴールドといっても各人種類は色々でしたが。
でもおみかけしたところ、別に特別「超ブルジョワの集まり」っていうわけではなかったんですが。

で、その合宿にはムラマツから修理室長さんが見えて、無料調整をしてくださったのですが、その調整の間、試奏楽器を使えるわけです。
楽器店でなんとなく申し訳ない気持ちで(私の分際でって意識がつねにあるから)、恐る恐る吹くのと違って、もう堂々と(その間自分の楽器がないわけだから)吹かせていただきました。
私は14金メカ9金というのが、音の柔らかさ、高音の響きと出しやすさ、つながり(アルペジオなど)の滑らかさ、すべてに魅了されてしまいました。ムラマツの方に言わせると、銀の楽器のほうが、吹くには力がいる、だから力のありすぎる人が金を吹くと、逆に音が割れたりして響きが悪くなったりする、ということでした。

イヤー本当にまいっちゃいましたよ。
それで、参加者ほぼ3分の1がゴールドなんてのを目の当たりにすると、それまでゴールドフルートなんて、プロか相当のレベルの人しかもっちゃいけない、というか持ったら逆に恥ずかしい、くらいに思っていたのが、えーそうでもないのか・・・・って。(おおざっぱにいって私と同じくらいのレベルの方も結構いらしたし)

私も、サンキョウとナガハラのゴールドをで吹いたことがあるのですが、そしてムラマツは一般的に音は暗め、といわれているからキラキラサウンド好みの私には、と思っていたのですが、今まで吹いた中ではダントツに気に入っちゃいましたよ。

でも気に入ったからって「はい、ご購入」ってわけにはもちろんいかないし。
それに私の中にやはり「分相応」って言葉が依然としてあるし。
それに超現実的な発想だけど、いくらそのムラマツ14金が今のわたしのPTPよりいい音出してくれると言っても、3倍、4倍(値段のことね)いい音するか、というとそれは、違うしねえ。

ここのところ、私的にはかなり練習しているのですが、そうするとPTPちゃんもちゃんと鳴ってくれるようにはなってきているし。

「買いたいなあ・・・どうしようかなあ・・・どの楽器がいいかなあ・・・でも無理だよなあ・・・」ってああでもない、こうでもないって考えているのも結構楽しい時間なのかもしれませんね。


先ほど書き忘れたのですが、
たかさんのブログだったか(うろ覚えですみません)メーカーによってはメカニックの人も、ちゃんと楽器を吹けなければいけない、というポリシーが云々、というのがあったように思うのですが、ムラマツの修理室長の方さすがでしたよ。

夜は飲み会のようになるのですが、その時に、昼間、上坂先生とサブの若い女性の先生が演奏した「超絶技巧系の」デュオの曲を、いやだいやだ、というのを無理やり引っ張りだされ、相当お酒も召し上がっていたようでしたのに、もちろん完ぺきではないけれど、相当のレベルで初見で吹いていらっしゃいました。
感動しました。

これ、たかさんのブログのコメントに書くべき内容か・・・。
でもたかさん、すとんさんのブログいつも見ていらっしゃるからいいかな・・・。

>YOSHIEさん

 フルートも高いですが、チェロも高いので大変ですねって、書こうとしたら、お値段、片手ですか? その単位は、ウン百万円ですか、それともウン千万円ですか、まさかウン億円ですか…ってのが、下手するとシャレにならないのが、弦楽器の世界だから、怖いよなあ…。

 …ウン万円って事にしておきますが、よく見つけましたね、そのお値段で。すごいなあ…。それもおフランス製ですか、掘り出し物ですね。「蛇の道は蛇」って奴ですか?

>けだし、楽器ちゃま達は、安い高いでなく(負け惜しみ)鳴らしてもらってナンボの存在ですから、いっぱい歌わせてあげなきゃね。

 負け惜しみではなく、本当にそう思います。弾いてもらえない楽器くらい、かわいそうなものはないですよ。それに楽器って、どんな楽器も、毎日鳴らしてあげると、ドンドン良い音になっていくんですよね。

 お互い、それぞれの楽器は、かけがえのないパートナーですから、大切にして、かわいがってあげましょうね。

>sugarさん

 てんしさんのブログを見ていたら、アレと思っていたのですが、やっぱりそうだったんだ(笑)。楽しそうな合宿ですね。

 門下の特徴と言うのがあると思うのですが、てんしさんのお弟子さんたちは、別段ブルジョワって事はないと思いますが、それでもやっぱり、高級フルート率はずいぶんと高いと思いますよ。あれは、決して普通の趣味人のゴールド所有率ではないと思います。その空気に飲み込まれちゃダメですよ(笑)。

 プロの人やそのタマゴは営業上の必要からゴールドを持たざるを得ないのですが、我々趣味人は、分不相応という言葉は忘れてもいいと思うけれど(そんな事を考え出したら、素人のオジチャンオバチャンはみんな、洋銀フルートしか持てなくなってしまう:笑)、あくまで趣味なんだから、欲しければゴールドを買えばいいし、必要を感じなければ買わなくていいのです。他の人の楽器などは見る必要はありません、他人は他人、我は我、私たちは全くの自由なんですから。

 たしかにゴールドフルートって、良く作られていると思うし、その良さは私も認めます。でも、sugarさんのPTPだって、かなり良いフルートですよ。ご自分ですでに分かっていらっしゃるようですが、PTPとゴールドのフルートには、見た目の色の違いはありますが、吹き心地や耳で聞いた感じは、金額ほどの違いはありません。

 それに吹きやすさは材質の違いよりも、頭部管のカットの方の影響が強いです。それにムラマツはフルートメーカーの中では、頭部管のカットは、だいぶ鳴らしやすい方だと思いますよ。PTPだとは言え、めげずに練習していれば、絶対にいい音で鳴ってくれますから、その日までは辛抱と努力です。ガンバ。

 フルート職人さんが、フルート奏者としてもなかなかの腕前の持ち主であるというのは、日本のメーカーだと、どこもそうだったと思いますよ。それはもちろん、ムラマツの創業者さんの思想が日本中のメーカーさんに広まった結果だとは思いますが。

フルートはローンで買えたのですね(^^;

僕は部分的な銀製のフルートを購入するつもりでしたが
気付いた時には、総銀製のフルートを買ってしまって
しばらくは後悔しました(全然音がまともに出なくて)汗

今では、僕もフルートに名前をつけて(ポルカ)
ほとんど毎日吹いていますので
良かったなと思っています♪

p・s
フルートのコミュにてのアドバイス、本当にいつも
ありがとうございます♪

祝・完済!!

車のローンとかですと、やっと所有権解除ができて、所有者の欄が自分の名前になるんですよね。フルートもそんなイベントがあるとおもしろそうですけど、これからは愛着も一際でしょうね~。

有名なある先生が、自分が買った金のフルートは、同じ金でもしばらくは借金の音がしてた、と演奏会のトークの笑い話でしていたことを思い出しました。

サマージャンボは我が家でも空振りに終わり、先日のどこかの国で200億円も当たった人のニュースには、驚いたやら羨ましいやら・・・。

最近、やっと次の楽器(総銀のモデル)の具体的な仕様を決めています。フルートを始めてから毎月積み立てていたフルート貯金をはたいて、なんとか一括払いしたいところです。先生からはもっと軽めな金、銀のモデルを勧められましたが、ちょっとヘビーな楽器になりそうです。

9Kとか10Kくらいの楽器を優しく吹くと、とーっても癒される感じがするので、今回のパワフルな銀とは別に、軽めの金もほしいですね~。

>エンドウさん

 フルートに限らず、すべてのモノはクレジットで買えるでしょ。ローンってのは、クレジットの一つの手法だから、クレジットで買えるものは、すべからくローンで買える…はずです。商取引については詳しくないから、ちょっと間違っているかもしれないけれど…

 買い物のコツは、自分が欲しいものよりも少しランクの高いものを買うと、将来的に後悔する度合いが減ります。特に簡単に買い換えられないモノほど、ネ。総銀を買っておいてよかったと思いますよ(私もそうだけれど:笑)。

>フルートのコミュにてのアドバイス、本当にいつもありがとうございます♪

 どういたしまして。

>ムラマツEXⅢさん

 先生のおっしゃる事はとても大切だと思いますが、結局使うのは自分ですから、ご自分が好きなフルートを買うので正解です。もしも、後悔することになったとしても、誰も恨まずに済みますからね(冗談ですよっ)。

>ちょっとヘビーな楽器になりそうです。

 ううんと、強化銀のモデルですか? それとも管厚なモデルかな? もちろん、H足部管付きなんでしょうね。フルートの性能って常にバーターですから、あちらの要素を重視すれば、こちらは控えめに。こちらを重要視すれば、あちらは軽めにって事になりがちですが、だからこそ、個人の趣味趣向で決めちゃえばいいと思います。

 アゲハは音色を重視し、音量や遠鳴りには期待をしていませんでした。その判断で間違っていなかったと思います。しかし、買ってみて吹き鳴らしているうちに、期待していなかった事ですが、音量が増え、遠鳴りをするようになり、期待していなかった部分の性能が、こちらの予想をはるかに越えてくるようになったので、うれしい誤算を感じています。そういう事もありますから、好きな部分に注目して決めちゃえ~!

>今回のパワフルな銀とは別に、軽めの金もほしいですね~。

 私もいずれは欲しいです。定年のちょい前くらいに購入しておきたいです。

ローン完済おめでとうございます。
私は、ムラマツEX、札束持っていって現金で買いました。アゲハさんよりはずっと安価でしたけど、それでも21万円ですからね。今まで購入した楽器の中でもっとも高価でした。札束分厚かったです。
このフルートを5年くらい使って、オーバーホールの時くらいに次の楽器と思っていたけど、何だか気に入ってしまって、楽器乗り換えるのはもっと先にしようと最近は思っています。

>inti-solさん

 以前ブログの記事に書きましたが、私も最初はアゲハではなく、ムラマツEXを近所の店で買おうとしてました。それも金リップの奴です。それが総銀のアゲハに変わるんだから、人生なにが起こるか分かりません。そういえば、金リップのEXは値段は通常品と一緒でしたね。そうなると、金リップと言っても、メッキだったんでしょうね。でも、メッキにしてもお値段変わらずは、サービス品だと思います。あれは誰が買ったんだろ?

>何だか気に入ってしまって、楽器乗り換えるのはもっと先にしようと

 すごくよく分かります。楽器がかわいくなってしまうんですよね。いづれは買い換えの時期が来るでしょうが、その時は今のEXをサブフルートにして、時折吹いてあげられるような態勢にしておくのも、一つの手だと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/46043432

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から君は僕だけのもの:

« ハモる声、ハモらない声 | トップページ | 新しいお友だちを70人、ご招待 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん