ひとこと

  •  毎年の話だけれど、どうして成人式となると、ごくごく一部だけれど、イキってしまって暴れてしまうオノコが出てしまうのだろうか? たぶん、あれがカッコいいと思っているのだろうけれど、暴れるオノコは極めて少数で誤差の範囲程度しか存在しないんだよね。もしかすると、マスコミがいちいち暴れるオノコたちを報道するから、それに乗じて暴れているんじゃないかと、オッサンは勘ぐってます。マスコミが暴れるオノコたちを無視すると、案外数年で収まるんじゃないかと思っていたりします。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 読めない…[2009年7月第4週・通算29週] | トップページ | 妻のサポートがあってこその歌です »

2009年7月27日 (月)

コンコーネは宿題ね

 声楽のレッスンに行って参りました。

 練習前に先生と色々な密談をしました。そのうちの一つでも形になって、ブログに書けるようになるといいのですが…(笑)。

 今回はいきなり宿題を出されました。それは「コンコーネ(もちろん高声版)の1番と2番を徹底的に自宅で練習してくること」です。

 もちろん、のんべんだらりと歌ってはいけません。きちんと目的をもって声楽的に練習して来てくださいというわけです。絶対に考え無しで歌わないでくださいと、強く言い渡されました。

 では、今回、私が達成しなければいけない目的とは…

 1番では、スケール練習であることを意識して歌うこと。跳躍の部分はきちんと「○度の跳躍である」という意識をもって歌うこと。

 2番では、ロングスラーの意識を持って歌うこと。特にFisが全体の頂点であるので、そこをめざして、考えながら歌うこと。

 1番2番の共通点としては、常に頭声を意識すること。同じポジションで発声すること。

 ああ、それにしても懐かしいなあ。昔(20年くらい前)T先生のところでコンコーネをやったんだよね。その時は、中声用の楽譜で、単純に“のんべんだらり”と何の考えも無しで歌っていただけでした。でも、当時は未熟すぎて、それを“のんべんだらり”とも歌えませんでした。考え無しと行っても、単に音をなぞるだけでも難しかったです。ああ、あの頃よりも上達しているのかしら、私は?

 宿題のやり方を教えてもらったところで、歌の練習に入りました。

 歌は、いつもの「Lascia ch'io piang(私を泣かせてください)」です。

 まずは「ウミネコのマネ」から入りました。歌う前のウミネコは私にとっては必須のようです。

 今回の主な注意点は「同じポジションで歌い続けること」です。音程が変わっても、音色は決して変えない。常に同じ音色で歌い続けること。そのためには、お腹をしっかり使っていくことが肝心。

 音程をどう変えるかという話ですが、私は口の中を変えて、発声のポジションを変えることで音程を変えているフシがどうやらあるようです。低い音程は低いポジションで、高い音程は高いポジションで。だから音程によって、声の音色が少しずつ変わっていきます。

 これはもちろんヘタクソな歌い方なのであって、どんな音程であっても口の中は変えずに、声のポジションは変えず、声の音色は変えずに、音程だけを変えて歌うことが大切なのです。そのためには、イヤになるほどお腹を使って、お腹で音程を取るようにすることがまず最初なのだそうです。で、その最初のことを、今回は散々やりました。

 とにかく、お腹を引いて歌う。ずっと引く、引きっぱなしで歌う。やってみたら、すごく大変でした。

 久しぶりに、レッスン中にあの世が見えました(笑)。いやあ、きびしいレッスンでした。

 あれ? これって、先週、フルートで記事にした「ギアをローに入れっぱなしにする」事と基本的には同じことかな? ただし、使う筋肉と使う方向が微妙に違い、使う程度が全く違うけれど。

 そうそう、お腹を引いて歌うために、腰を鍛えることを言われました。私は腰が弱い人なのですが、腰が弱いまま、お腹を引いて歌うと、いづれ腰が壊れてしまうので、お腹を引いて歌うのと同時並行で、腰も鍛えて強くしていきましょうと言われました。お腹と腰、表裏一体ですからね。バランスよく鍛えていかないと。

 その他、細かいこととして、以下の注意を受けました。

  ・フェルマーターが鳴り終わってから、次のブレスをする事。
  ・間奏の間は鼻で呼吸する事。鼻腔を意識しつづける事。

 もう一つ話があるのですが、それは明日のお楽しみということで。

« 読めない…[2009年7月第4週・通算29週] | トップページ | 妻のサポートがあってこその歌です »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

やっぱり「ウミネコのまね」をするのですね!(笑)

コンコーネの扱い・・・キング先生の記事も拝見させていただいています。
(そのちょっと前のすとんさんと私のコメントのやり取りをごらんになっているのだろうか・・・と思ったりして・・・。)
私ものんべんだらりとではなく課題を考えながらやってみようかな?

>Ceciliaさん

 はい、やっぱりウミネコ、やります。だって、鼻腔を意識するのに最適な方法ですから。これをするとしないとでは、その後の声がだいぶ違いますからね。もっとも、ウミネコは一種の奇声(それも音量かなり大)なので、どこでもできるというわけではないのが残念です。

 コンコーネも色々な学習の仕方があるのだと思いました。楽譜を見て、単に歌うよりも、目標を決めて歌った方が確かに多くの事を学べると思います。でも、その手の話は、書籍としてもまとまっていないし、ネットにも情報が皆無。おそらく、その先生なりに、教える生徒ごとに、ポイントとか目標とかが違っているからまとまっていないのでしょうね。

>私ものんべんだらりとではなく課題を考えながらやってみようかな?

 いいんじゃないでしょうか? 私だと、自分でその課題が思いつかなくて…(汗)。だから、「自宅で学べるコンコーネ」みたいな本があったら、絶対買うなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/45746716

この記事へのトラックバック一覧です: コンコーネは宿題ね:

« 読めない…[2009年7月第4週・通算29週] | トップページ | 妻のサポートがあってこその歌です »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん