ひとこと

  •  まもなく7月になります。なんか今年も、もう半年が過ぎようとしているんだなあ…と思うと、ほんと、時の流れを速く感じます。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« クリーゲル作曲のメヌエットを吹いてみた | トップページ | トンカツに、カレーライスに、目玉焼きに、マヨネーズをかけるって、アリですか?[2009年5月第4週・通算20週] »

2009年5月23日 (土)

かわいいチヅル

 金魚にはマブタがありません。だから、寝ていても目が開きっぱなしです。おまけにあんなに大きな目をしているでしょう。さぞや、まぶしい思いをしながら寝ているんだろなあ…と思ってました。

 まあ、本当に眠ければ、まぶしかろうがなんだろうが、寝ますよね。私も寝ますが、明るいところで寝ると、疲れません? やっぱり世間には夜と昼があるわけだから、金魚だって夜は暗い方がいいですよね。なるべく、夜は照明を消して、金魚を寝かせるようにしてます。

 ところが、人間だってそうだろうけれど、夜だけの睡眠では足りないみたいで、金魚たちも結構、昼寝をします。金魚はマブタがないので、マブタの開閉で起きているか寝ているかの判断はできませんが、その他の動作を見ていると、割と「ははーん、こいつ、今寝てるな」と分かります。

 金魚は寝ると、まず動きが止まります。入眠時は寝たり起きたりをくり返しているようで、ゆっくり泳いでいたかと思うと、やがて動きが止まって水槽の中をしばらく漂っています。しばらくすると、ビクっとして目を覚まし、少し泳いではまた意識を失って漂う…をくり返します。金魚の居眠りですね。

 やがて居眠り状態を経由して、水槽の底に沈んで、ピクリとも動かなくなります。熟睡モードに突入ですね。

 ウチの子たちは、みんなそれぞれにお気に入りの場所があるみたいで、熟睡モードに突入する時は、だいたい同じ場所で沈んでます。

 そこでやっとチヅルの話なんですが、チヅルが最近、寝場所を変えました。以前は、ナナ(水草。水槽の地面に生やしています)の茂みの中に入って寝ていたチヅルなんですが、ナナの植え替えをしたら、居心地が悪くなったのでしょうね。最近はドジョウハウス(水槽のオブジェ。ブロック状のオブジェで、主にドジョウたちが身を隠すためによく入ってます)のそばで寝てます。

 で、その寝方なんですが、ドジョウハウスの入り口に頭を突っ込んで寝ているんですよ、これが。おもしろいでしょ。なんでそんな事をやっているかと思ったら、これ、目を隠しているんですね。ドジョウハウスに頭を突っ込んでいると、照明が目に入らないんです。

 そう言えば、以前ナナの茂みに入っていた時も、目はナナの葉陰に入れてたなあ、この子。

 そうか、チヅルはまぶしいのが苦手なんだね。で、今はドジョウハウスに頭を突っ込んでいるわけだ。

 このチヅルの姿が、みょーにかわいいんですよ。だってね、水槽のオブジェに頭だけつっこんで、体丸見えで熟睡しているんですよ。これがラブリーでなくて、何がラブリーというのですか? ね、おもしろいでしょ。

 というわけで、チヅルはまぶしいのが苦手なんですが、他の子はまぶしくても平気なの? ちょっと疑問&心配。

 ちなみに、ドジョウには小さなマブタがあります。さらに言うと、こいつらは砂の中にもぐって寝ますので、まぶしさとは関係なく生活しているようです。

« クリーゲル作曲のメヌエットを吹いてみた | トップページ | トンカツに、カレーライスに、目玉焼きに、マヨネーズをかけるって、アリですか?[2009年5月第4週・通算20週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

金魚ちゃんネタにパッととびつくダリアです。すとんさん、もしかしてご存知ですか?ズバリ!「金魚のひるね」っていう童謡があるんです。
あかいべべきたかわいいきんぎょ・・・。もしかしてどこかでお聞きになったことはございませんかしら。かわいい歌ですよ。チズルちゃんのお昼ねどきにでもアゲハで吹いてあげてください。ますますぐっすりと眠るか、びっくりしてドジョウハウスから飛び出すか・・・どっちかしら。

>ダリアさん

…あかいべべきたかわいいきんぎょ…の歌は知ってますが、あれのタイトルは「金魚のひるね」って言うんですか? それは初耳、いやあ、勉強になりました。

 私のiPODの中を検索すると…入っていない。あちゃー、です。今度、図書館のCD棚でも漁って、借りてこようかな?

 今回は金魚の記事に初めてコメント入れさせて頂きます。

 うちの近所のホームセンターでは、毎年このくらいの季節からお盆くらいまで金魚とメダカを屋外の売り場に置くようになります。

 メダカが売れ筋の様なのですが、私が子供のころは熱帯魚屋さんまで行って買って来た覚えがあります。ヒメダカ、というオレンジ色の綺麗なメダカでした。

 卵も生ませてみたのですが、孵らせるまでには至りませんでした。卵をそのままにしておくと食べられてしまうので別の水槽に移すように教えてもらったのですが、受精前に移してしまうとダメだったようで、なかなかこのタイミングが難しいんですね。

 あと、長く飼おうとすると水槽の中でちょっとした生態系を作り上げておかないと、すぐに水が余ったエサで汚れてしまったりしませんか?エサが足りないと共食いに近いことを始めてしまったり(これはちょっとヒドイですね)。
水草やタニシやどじょうを一緒に飼ってみるという所まで当時は知恵が回らずメダカには可哀想な事をしました。

 花鳥風月ではありませんが、歳を重ねて最近また少し金魚やメダカが気になる今日この頃です。。。

 

>ムラマツEXⅢさん

 金魚、いいですよ。金魚に限らず、メダカにせよ、熱帯魚にせよ、カメにせよ、水生動物はペットとしては癒し系ですし、お薦めです。犬猫とはまた違った良さがあります。

 メダカの繁殖は難しいですね。私は水槽では繁殖に成功した事ありませんが、池をつくって、そこでメダカを繁殖させたことがあります。ヒメダカは三代重ねると、普通の黒いメダカになってしまいます、ご存じでしたか?

>花鳥風月ではありませんが、歳を重ねて最近また少し金魚やメダカが気になる今日この頃です。。。

 よかったら始めてみてはいかがですか? 金魚の飼育は、犬猫のそれとは違い、結構気楽に始められるのが良い点です。ホームセンターに行って、水槽と濾過装置がセットになっているものを買ってくれば、すぐに買い始めることができます。メダカを飼っていた事があるなら、その時の装置がまだ使えるかもしれません。それに、色々と細々としたことは、飼いながら学んでいけばいいのです。

 これから夏に向かって、金魚を買い始める家庭が増えると思います。金魚を長生きさせるコツは、広い水槽に少ない数の金魚を入れることと、エサは少なめにあげること。この二点を守れれば、少なくとも、ワンシーズンは乗り切れると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/45093721

この記事へのトラックバック一覧です: かわいいチヅル:

« クリーゲル作曲のメヌエットを吹いてみた | トップページ | トンカツに、カレーライスに、目玉焼きに、マヨネーズをかけるって、アリですか?[2009年5月第4週・通算20週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん