お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ 2009 その6 | トップページ | メトロノームを買い換えましょう »

2009年5月17日 (日)

サツキはどんな子?

 本来なら、日曜日はダイエット&エッセイの日なんですが、今週はお休みして、変則連載と言うことで、金魚ネタで行きます。ダイエット&エッセイは来週は必ずアップしますので、そちらをお楽しみにしている方は、一週間待ってください。よろしく。

 さて、金魚ネタです。

 先週、ハズキが星になった話を書きました。今週の記事は、それと同時並行で進行していた話です。

 ひとまず具合の悪くなったハズキを病院水槽に隔離した後、我が家の水槽をのぞくと…なんと、金魚が四匹しかいません(あたり前)。はっきり言って、水槽がスカスカ…。

 そう言えば、カスミが星になって、約二カ月。金魚の補充をしていませんでした。その上でハズキの隔離(この時点では回復するという前提でしたが、それでも長期療養は必至と覚悟していました)となると、今いる子たちが、余裕で大型金魚になってしまう…。これは阻止しないと。

 そのためには、ノビノビになっていた、カスミの後釜の子を急いで決めてこないと…。

 6日(ハズキが大量出血をした日です)に、隣町に映画を見に行ったので、そのついでに金魚屋に行ってきました。カスミの後釜の子を購入するのが目的だったけれど、最近の我が家の水槽状態を鑑みて、カスミと同じ青文ではなく、普通の琉金を購入してきました。なにしろ、我が家の水槽は、チヅルとハズキのおチビな琉金コンビがいますが、この子たちの勢力がちょっと弱すぎで、水槽の中で小さくなっていて、かわいそうなので、数を増やして、現在ブイブイ言わせているオランダたちとのパワーバランスを以前のように戻そうと考えた結果です。

 なので、オランダ一族である青文を購入するよりも、琉金を買ってきてオランダ軍に対抗させた方がよいでしょうと判断しました。

 新しい子の名前はサツキ(皐月)。950円の琉金です。素赤琉金なんだろうけれど、左側の尾ビレ付近の色が白いので、ハヅキのようなキチンとした素赤琉金ではありませんので、まあ、素赤琉金ぽい琉金って事で(笑)。面構えが険しいので、やさしい顔つきのハズキとは一目で区別がつきます。とは言え、ウチの水槽に入ると、どの子も、表情も柔らかくなってくるとは思いますが…。

 サツキはとりあえず、病気もなく、元気な子です。動きを見ていると、まだまだ子どものようです。体はかなり小さいですが、それでもハズキより少し小さめって程度でしょうか。尾ビレが少し長いので、体が小さい割りには、大きく見えます。

 元気一杯なのはいいけれど、動作がアラアラしいのが玉にきずですかね。なんか、レッドデビルだったアカネを彷彿させるものがあります。先日も、王様であるカエデにケンカ売ってたし…。オスかな? でも、ブニョに体当たりして跳ね返されたあげく、ガラスに押しつぶされていたので、ブニョの敵ではなさそうです(笑)。

 サツキは、いつもエサをねだっている(こういうところは、生まれながらのペットなんだよね)し、エサをねだっていない時はたいてい何か(地面の落ちている食べ残しとか、水面の水草とか)を食べているし、欲望のすべてはエサ関係のようです。寝ている姿すら見せませんから…。もしかしたら、ほとんど寝ていない? きっと、すぐに大きくなってしまうような気がする…。差し当たって、チヅルよりも大きくなるのに、さほど時間もかからなそう…。

 とにかく、サツキを水槽に投入することで、他の子たちの巨大化はなんとかして防げるかな? ハヅキが回復すれば、素赤(っぽい)琉金二匹で、マンスリーシスターズとして、活動していただくことにしていましたが…結果はご存じのとおり、残念なことになってしまいました。カスミの後釜として買ってきたサツキですが、結果としてハズキの後釜のような形になってしまいました。

« ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ 2009 その6 | トップページ | メトロノームを買い換えましょう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サツキはどんな子?:

« ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ 2009 その6 | トップページ | メトロノームを買い換えましょう »

フォト
無料ブログはココログ