ひとこと

  •  今日は、近所の田んぼにカルガモの親子がいた。別にカルガモ農法をやっているわけじゃなさそうなので、単純に近所に住んでいるカルガモの親子が水遊びにやってきていただけなんだろうと思う。それにしても、田んぼの周辺は風が涼しくて気持ちいい。地球温暖化の原因は、二酸化炭素うんぬんではなく、単純に減反政策が原因なんじゃないからしら…って思ったりした私です。まあ、それ以前に、地球温暖化なんて嘘っぱちだと思ってますけれど(笑)。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ブニョは「題名のない音楽会」が好き? | トップページ | ここは声楽とフルートのブログです[2009年6月の落ち穂拾い] »

2009年5月31日 (日)

道で転びました[2009年5月第5週・通算21週]

体重:103.6kg[+-0.0kg:-2.2kg]
体脂肪率:31.1%[-0.1%:-2.2%]
BMI:33.1[+0.1:+0.2]
体脂肪質量:32.2kg[-0.1kg:+0.9kg]
腹囲:103.5cm[+0.2cm:-2.8cm]
     [先週との差:2009年当初との差]

 そふくしダイエット第16週目です。実は数値を見て、ホッとしています。と言うのも、今週はかなり体調が悪く、ダイエットどころの騒ぎではなく、毎日、高カロリーのものを、それこそ、たらふく食べて参りました。当然、猛烈に体重&体脂肪が増えているだろうと覚悟しておりました。「健康と言うか、生命維持のためには、多少の増量もいたしかたなし」と気持ちを決めていましたが、なんとか横ばい程度で済んでホッとしています。ってか、あれだけ食べたエネルギーはどこにいったんだろ?

 さて、今週のエッセイです。

 私は時折、道で転びます。いい年した大人ですが、よく道で転びます。

 たいていの場合は、不注意で転ぶんですが、私に言わせれば、道が悪いんです。

 だって、道に穴が空いていたり、ヘコんでいたり、急な角度で斜めになっていたりするんだもん。私は残念なことに足に目がついていないので、道に穴が空いていれば足を突っ込み、ヘコんでいればケツマづき、斜めになっていればバランスを崩します。それで転ぶのです。

 あと、雨上がりのマンホールのフタなんかも、足を滑らせるにはちょうど良いアイテムですね。疲れていると、自分で思っているほどに、足が上がらなくて、階段なんかで倒れたりもします。犬のウンコを踏んで、足を滑らせて転んだ日には、泣くに泣けません。

 私はきちんと税金を納めている善良な国民なんですが、私のために、歩道というものを、もう少し整備してくれたら、きっと転ぶ回数が減るんじゃないかなあ…って思ってます。税金を“道路整備”に使う時、“道路”の中に“歩道”も加えてくれたら、とてもうれしい私です。

 それにしても思うのよ。

 なんで、舗装道路に穴が空いていたり、ヘコんでいたりするのでしょうか?

 歩道なのに、なぜ車道に向かって、急な角度で道が斜めに切り込んでいるのでしょうか?
 
 
 歩道と車道の区別のために段差って必要ですか?

 なぜ、排水路やドブのフタの上が歩道なのでしょうか?

 雨の日のみずたまりって、決まって歩道に出来ますよね。

 歩道の上には、なぜかジャリやゴミや落ち葉がいっぱいだったりしますよね。

 自転車はスピードをあげて歩道を走りますよね。

 狭い路地なんかだと、スピードを落とさずに、車がすぐそばを走っていきます。

 歩道の真ん中に電信柱が立っている理由は分かりません。

 バス停って、歩道をふさぐために作るものですか?

 商品を歩道いっぱいに広げて商売するはヤメて欲しいです。

 くわえタバコの人とすれ違った時に、火傷した事があります。
 
 
 人間の移動の基本は「歩行」だと思ってます。でも、これって、あくまでも“基本”なんだよねえ。現代社会では応用技の方がメインですね。なんか、まるで歩行者なんていないかのような事になっているような気がします。

 ちょっと疎外感? こんな世の中でいいのかな? みんな、もっと普通に道を歩こうよ。みんなが歩けば、多少は世の中も変わると思うんだ。だから、私のためにも、みんな、道を歩こうよ。

« ブニョは「題名のない音楽会」が好き? | トップページ | ここは声楽とフルートのブログです[2009年6月の落ち穂拾い] »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

 私も体調の悪い時には、いつもよりも食べて乗り切ろうとしてました。だから太ったんですけどね。そしたら医者に「そんなの気のせい!単なる言い訳だ」と言われて、がっくり…。食べれなくなったら後は寝るしかありません。ひたすら寝てました。

 今でも病気の後遺症か、左足にしびれがあって歩きづらくなってしまい、道のホンのちょっとした凹凸にも気を使って歩いてます。私よりも歩くのが不自由な方もたくさんいます。車椅子に乗っていた時や杖をついて歩いていた時に、世の中は健常者のためにできているんだなあと実感しました。

 

>たかさん

 お医者様のおっしゃるとおり、体調の悪い時にたくさん食べたからといって、それで乗り切れるわけはないというのは、理屈では分かりますが、そうは言われても、やはり皮膚感覚では食べたくなりますね。体調が悪いというストレスを食べることで発散するという事もあるでしょうし、元気がない状態を体がエネルギー不足と誤判断をして食べたくなるというのもあるでしょうし、自分にある種の暗示(ニンニクは元気のもと…とか、肉を食べてエネルギーもりもり…とか)をかけて元気回復を図るということもあるでしょう。

 だから太ると言われれば、そのとおりですが、では他の方法でどうやって精神の安定を図ればよいのかと言いたくなります(半分、八つ当たりです)。

 たぶん、本当は、食べずに寝るという、たかさんのやり方が正解なんだと思います。問題は、体調が悪いからと言って、寝る時間が増えるわけではないという現実生活ですね。むしろ、体調が悪いと、色々な効率や段取りが悪くなって、逆に活動時間が増えてしまい、睡眠時間が圧迫されるという傾向が(私だけ?)あります。

 ああ、寝たい。でも、これやんなくちゃ…。こんな日々ですよ。で、食べちゃう。これのくり返しです。

 太る人間は、ライフスタイルから太るようにできていると言いますが、まさにそうなんだと思います。

 私の場合、一週間あたり、あと4時間多く眠ることができたら、元気ですごせると思うのだけれど、その4時間がひねり出せない。今週なんかは、忙しくて4時間どころか、8時間ほどの睡眠不足になる計算だし(涙)。睡眠不足が体調不良の原因なんだと分かっているからこそ、もっと寝ないといけないんだけどサ。

すとんさんよくぞ言ってくださいました。
「足に目はついてない」ほんとにそうですよね。
私がよく通る道(夕方から夜に通ります)にも舗装に急な傾斜のついている部分があるんです。
足のほうは平面だと思っているのに急に傾斜面は困ります。ガクッと来て何度かこけそうになり、学びました。そのあたりにくると「傾斜傾斜、気をつけるぞ」と足が緊張して一歩一歩を踏みしめるように歩きますよ。せめてもちょっとなだらかにしてほしいと毎回思っています。

>ダリアさん

 あの舗装に急な傾斜のついている部分って、イヤですねえ。こけそうになるのもイヤですが、あれって、けっこう腰に負担がかかるんですよね。疲れていたりすると、腰がモロにやられたりします。なので、そんな時は、カニのように横向きになって歩いたりする事もあるんです。

 政治家のみなさんは、そんな生活を過ごしている国民がいるって事、知らないんだろうなあ。知ってて、アレを放置しているなら、それは政治家としてダメダメだと思う。

 私は時々「日本歩行者党」のような政党を作って、政界に打って出ない限り、この問題は解決しないのではないかという妄想に取りつかれることがあります。あくまで、妄想ですが。

そうそう、傾斜のある舗装は見た目ではわかりにくいので、知らずに歩いていくと、平面から傾斜面に一歩踏み込んだとたんにガクッとして腰を直撃しますね。特に低い方へなだれている傾斜に知らずに踏み込んだ場合の衝撃は大きいと思います。私の通る道はそのタイプで、その手前からは能舞台を踏むようなすり足状態で確かめながらです。ホントなんとかしてほしいです。次の衆議院選挙のときにキメのポイントはそのあたりでいきたいと思います。

関係ないけど、色は渋めに決めてられますがまたずいぶんと、こう・・ニラミの効いたタイトルバックのイラストですねえ。竹にトラ、ですね、かっこいい(表現力足りない・・)(@@

>ダリアさん

 今月のテンプレート(一応、月に一度程度は変えようと思ってます)は、ちょっとドギツイですかね? ま、私自身もインパクトありすぎ(笑)、とか思ってはいるのですが、たまには、そんな感じも悪くないかなと思ってやってみたのですが…不評なら、すぐに次善のテンプレートに変更しますので、遠慮なくおっしゃってください。

>次の衆議院選挙のときにキメのポイントはそのあたりでいきたいと思います。

 私もそうしたいのですが、それ以前に“歩道の整備”って選挙の争点になりますかね? でも、本当に歩道の整備を訴える政治家がいたら、他の主張には目をつむって、投票しますよ、私、間違いなく。

 すとんさんの今月のテンプレート、確かにすごいですね。よくこんなの見つけましたね。トラが「老いた犬」を睨んで、その足元には金魚の写真…。斬新だなあ。しばらくこれで…よろしくお願いします。

 「ひとこと」欄にある録音機材のことですが、私も音質のいいのが欲しいなあと思っています。でも、ココログにアップできないんですよね。最初に私の持っているレコーダーの最高音質に合わせて録音したら、わずか40秒ほどなのに、もう容量オーバーでしたもん。

 それから睡眠不足は大敵です。なんとかして寝る時間を確保しましょう。仕事が忙しくなると無理なのは承知の上ですが。

 

いえいえ、あのトラちゃんの目つきに惚れ込みました。いいですねえ、ほんと、かっこいいです。(古っいんですが、なにしろほかの表現が思いつかなくて・・・)

私は竹も水墨画も、好きなんですよ。スクスク、サワサワサラサラッとしていて、好きなんです。

>たかさん

>でも、ココログにアップできないんですよね。

 なるべく、ブログに書くことは伝聞ではなく、自分の直接体験や自分自身の意見とかを正直に書いてゆきたいと考えています。正直に書いても、色々とうるさいことを言っている人が大勢いるのに、伝聞を書いたら…ねえ、今度はどんな非難中傷の類が来るのやら、やれやれって気分になります。これでもアンチな読者も少なからずいますので。ま、不人気も人気のうちと思っていますから平気ですけれど。負けないぞ。

 と言うわけで、勘弁勘弁。

>それから睡眠不足は大敵です。

 おっしゃるとおり、睡眠は基本ですね。できるだけ優先して参りましょう。

>ダリアさん

 そうですか、かっこいいですか。たかさんも斬新とおっしゃってくれているので、今しばらくは、このテンプレートで過ごそうかな。

 ま、迫力ありすぎますけれど、早く慣れて下さい>みなさん。

 大勢の方が訪問してくれるブログでは、いろいろ言われるのは、ありますよね。私の所ではそういうのは、まだ無いんですがそのうちにあるかもしれませんね。別便でメール送りました。たいしたことは書いてませんが…。これからもいろいろ教えてくださいね。

>たかさん

 人生いろいろ、ブログもいろいろ。まあ、それでいいじゃあないですか。あとは本人の気持ちの持ちようって事で(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/45177821

この記事へのトラックバック一覧です: 道で転びました[2009年5月第5週・通算21週]:

« ブニョは「題名のない音楽会」が好き? | トップページ | ここは声楽とフルートのブログです[2009年6月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん