ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« リズム変換の基本のキのお話[理屈編] | トップページ | タンギングは大切 »

2009年2月 5日 (木)

リズム変換の基本のキのお話[練習方法編]

 では次に、レッスンで行ったリズム変換の基本のキをマスターするための、具体的な練習方法を書きます。

 まずはメトロノームを鳴らします。速さは40くらいです。このメトロノームの音と音の間を「一つ」に感じます。ま、ワン・ビートって感じ? きちんと感じていることを確認するために、フルートをメトロノームの音に合わせてピッピッと鳴らしましょう。

 次に、このピッピッの間を「三つ」に感じます。一つを3分割です。クラシック的に言うと、三連符ですね。三つに感じたら、感じたままにピッピッとフルートを鳴らしましょう。

 次に、このピッピッの間を「六つ」に感じます。いわゆる、六連符って、やつです。これは3分割にしたものを、さらに1/2に感じてゆけば、自然に六つに感じられます。六つに感じたら、感じたままにピッピッと鳴らしましょう。

 次にこのピッピッの間を「二つ」に感じます。「六つ」で感じたもののうち、三つずつ組にすれば「二つ」になります。

 次にこのピッピッの間を「四つ」に感じます。これは「二つ」に感じたものを、1/2に分割すれば四つになります。

 こうして、ピッピッと鳴らしながら、1・2・3・4・6に感じました。そうです、ピッピッの間を、二つに感じたらマーチで、三つに感じたらワルツで、四つに感じたらフォービートです。

 次にこれらの拍子を混在させます。二つに感じていたものを、そのまま連続でいきなり三つに感じてみます。三つを四つにとか、六つを二つにとか、色々なパターンをやってみます。十分できるようになったら、メトロノームの速さを速くして、また最初から繰り返しです。

 かなりの速さ(メトロノームの速さの限界近く)まで、分割して感じられるようになら、基本のキは修了です。

 注意点としては、時間を分割する時、かならず「3」をベースにして、三の倍数で分割していく事が肝心。黒人音楽では「三つに分割」というのがベースなんだそうです。それにときたま「2」で分割が加わります。つまり音は必ずどこかで三つに分割されていると考えます。必ず「3」で分割されているので、なんか常に跳ねているような感じになるわけです。で、このどこか必ず「3」で分割されているリズムが、いわゆる「ノリ」を生み出すのだと思います。

 とにかくリズム変換は理屈ではなく、感覚でできるようになるまで、リズムの練習をすること。これがまずは黒人音楽の基本のキ。そして、リズムを細かく感じられるようになると、ジャズを始めとする黒人音楽を聞いても、何をやっているかが分かるようになり、とても楽しくなるのだそうです。

 とにかく体に染み込むまで、毎日リズムの練習をする。フルートを持っている時はもちろん、フルートを持っていない時も、手拍子や足拍子でもいいので、常に練習する。体に染み込むまで練習する。これが今回の宿題です。

 ここまでが、リズム変換の基本のキです。これがリズム変換のすべてではありません。その次の段階があるのですが、ひとまずは基本のキの習得を目指しましょう。

 そして、リズム変換の基本のキが自由にできるようになったら、フルートを持って、チムチムチェリーを吹いてみましょう、とのこと。チムチム~を三拍子で弾いたら、そのまま続けて四拍子にしたり、ある部分を三拍子でやったり、また別の部分を四拍子でやったり、また二拍子にしたり、なんか色々な拍子を混在させて演奏できれば、リズム変換としては、なかなかのものじゃないかと思います。

 こうして文章に書くと、かなりややこしいですが、リズム変換の基本のキそのものは、単にやってみるだけなら、案外簡単です。ただし、これが感覚でできるようになるまで練習するのですから、そこが大変です。そして何も考えずにできるようになるには、とてもとても大変です。

 だってね、理屈が分かっても、実践できなければ、音楽としては、何の意味もないですしね。さあ、練習練習。

« リズム変換の基本のキのお話[理屈編] | トップページ | タンギングは大切 »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

昨日からご苦労様でした
これだけの情報をインプットするのは、大変な時間と労力が必要だったことでしょう。
私もチムチムチェリーチャレンジしてみたいですね
・・・いつになるかはわかりませんけど(笑)

>橘さん

 実際に書き上げる時間は、一気呵成にやってしまいますので、さほどではないのですが、書き始めるまでの、頭の中で整理している段階での時間はそれなりにかかってます。

 本当は、書き上げる時間も、もっと時間をかけて文章を推敲するべきなんでしょうが、そこはそれ、書き飛ばしOKのブログというものの性質を鑑みて「ええい、ままよ」とアップしてます。

 原稿料をいただいているわけじゃないので、スキだらけの文章でも、ご勘弁って感じです。

 ま、これも文章修行の一つと割り切ってます。

>私もチムチムチェリーチャレンジしてみたいですね

 おもしろいので、ぜひぜひ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43954188

この記事へのトラックバック一覧です: リズム変換の基本のキのお話[練習方法編]:

« リズム変換の基本のキのお話[理屈編] | トップページ | タンギングは大切 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん