ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« チャイナ娘をひさしぶりに吹いてみた | トップページ | ちゃんと上達していました »

2009年1月27日 (火)

始めからトバさない

 キング先生は時折、過酷な(?)練習を課します。例えば、それこそまるでフルートでのソノリテのような、ロングトーンでの音階練習を声楽で行います。それもそれなりの長時間。当然、つらいです。そのつらさはフルートの比ではありません。正直、過酷な練習だし、今だに意識が飛びそうになるし、立っているのがやっとという感じです。

 でもこれは必要な練習なんです。こういうプチな修羅場を何度も経験しておくことで、本当の修羅場を乗り越える力が付くのだそうです。納得。

 歌を歌うには当然スタミナが必要です。たった3分間であっても、きちんとした発声で歌を歌い続けるというのは、趣味のオジサンにとって、なかなか難しいことです。自宅での練習なら、スタミナ切れを起こしても、途中でやめたり、やり直したりは自由です。でも、人前での演奏(具体的には発表会)では、それは無しです。スタミナ切れを起こして、苦しくなっても、最後まで平気な顔をしながら歌い続けなければいけない。当然のことです。

 そんな修羅場を乗り越えるために、今からプチな修羅場を数多く経験しておきましょうという事です。経験をして、経験値を上げると同時に、それに対応できるスタミナ作り(つまり体作り)をするわけです。

 ロングトーンは意味のないことではないのです。

 実際に、歌の中で、単音のロングトーンなんて、あまりありません。しかし、一つのフレーズをまるで一つの音のように感じながら、一息で歌い上げることは、とても大切なことです。息は常に流れていないといけません。息が止まることは、音楽が止まることです。そして息を流し続けるには、それなりのスタミナが必要です。

 でもね、私。すぐにスタミナ切れを起こしてしまうのです。スタミナ切れを起こして、呼吸が浅くなって、ついにはノドがしまって…はい、終了! となります(涙)。

 私のクラスはグループレッスンですから、数人で一緒に発声練習をするのですが、いつも一番最初に脱落するのは、私。一番、体が大きくて、一番声量もあるのですが、一番スタミナがありません。ま、発声練習ですから、一番上はB♭まで行きます。そんな高音、出るわけないのですが、それにしても、かなり手前でスタミナ切れのために脱落してます。せめて同じ脱落するにしても「高音だから出ません」と言ってみたいものです。

 先生がおっしゃるには「すとんさん、最初からトバしすぎ。いい声が出るから(当社比)と言って、最初からトバしているから、後半、声が出なくなるんです」とのこと。大いに心あたりがあります。それなりの時間歌い続けられるように、スタミナ配分も考えて歌わないといけないのですね。

 歌うためのスタミナは、歌うことの積み重ねでしか、獲得できないと思います。だから、歌うことで体を作り、歌うことで筋肉を鍛えていくしかないのです。だからと言って、頑張りすぎると、体を壊すのも声楽の怖いところ。ほどほどに頑張り、賢く知恵を使って歌っていかないといけない。練習量が勝負で、練習さえすれば良い器楽とはそこが違うので、面倒と言えば面倒です。

 あせりは禁物。ゆっくりと時間をかけて、楽器(=体)を作っていくことから始めないと。なにしろ“声”という楽器は、楽器店で売っていないし、リペアマンさんが調整することもできないのだから、自分でコツコツと作り上げ、常に自分で良い状態を保つようにこころがけていなければいけないのですから。ゆっくりと、着実にね。

« チャイナ娘をひさしぶりに吹いてみた | トップページ | ちゃんと上達していました »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

スタミナの調整は確かにクリアすべき問題ですよね。どの楽器を演奏するにしても必要ですもの。
頑張ってスタミナ調整を取得して下さい!

>橘さん

 ありがとうございまっす! そうそう、スタミナ調整ですね。頑張んないね。あと、根本的なスタミナ作り(つまり、体づくり)。これが案外大切なんだよね。

 そのためにも、練習をしていかないと…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43862366

この記事へのトラックバック一覧です: 始めからトバさない:

« チャイナ娘をひさしぶりに吹いてみた | トップページ | ちゃんと上達していました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん