ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« カスミの食生活 | トップページ | メトロノームの表記に惑わされずに、きちんと三拍子を感じながら吹くこと »

2009年1月18日 (日)

パンにこだわる[2009年1月第3週・通算2週]

体重:106.7kg[+0.9kg]
体脂肪率:32.5%[+0.2%]
BMI:34.1[+0.3]
体脂肪質量:34.7kg[+0.5kg]
腹囲:108.0cm[+1.7cm]
     [先週との差]

 いやあ、実にやばい。数値はご覧のとおり。前回の数字が悪いのは「お正月太りでえ…」という言い訳をしましたが、今週は言い訳がたちません。それなのに、やせるどころか、むしろデブデブ。

 さすがにこれではやばいので、妻とも相談して、ちょっと本腰を入れてダイエットをすることにしました。どういう方法かと言うと…「そふくしダイエット」。どんなダイエット方法かって? それはまだ内緒。結果が出たら…というか、まずは体重が100Kgを切ったら、多少の効果ありということで、そのダイエット方法を公表します。効果も出ないのに、ダイエット方法をぶち上げるのは、かっこ悪いと思いますので。

 ああ、ちょっとでいいから、やせるといいな。

 さて、今週のエッセイです。相も変わらず食べ物ネタです(だからやせない)

 我が家は基本的に和食が多いのですが、たまに、スープとパンだけという、「貧しいヨーロッパの家庭料理」を食べる事があります。「」を付けたのは、スープも具だくさんだし、パンもおいしいものを食べるので、全然「貧しい」食事ではないからですが(笑)。
 スープについては、また今度語ることにして、今日はパンの話をします。

 私は子どもの頃、パン食というのがキライでした。キライと言っても、それほど積極的なものではなく、何となくキライ、できれば別のものが食べたい、程度のキライさ。まあ、朝食にパンが出されると「ゲロー~っ!」って気分が沈み、でもそれでもきちんと食べて、一日テンションが低いまま生活するって感じですかね。

 パンが食事に出されると、なんか、損をした気分になるんですよ。それでブルーになってヘコむのです。つまり「パンなんざぁ、オヤツで十分。こんなものが、食事になってたまるか!」と深層心理で考えていたっぽいのですね。

 それが変わって、パン食もしっかり食事として考えられるようになったのは、大人になってから。Ceciliaさんのこの記事に出てくる「ポンパドウル」のフランスパンを食べてからです。ここのフランスパンを始めて食べた時に「これこれこれ、これが食事の時に食べるパンなんだ!」と心の中でひとりで叫んだものです、いやあ、懐かしい。

 だってね、ポンパドウルのパンに出会う前は、我が家で入手できるパンと言えば、スーパーのパン売場に並んでいる、大手製パン会社の大量生産の食パンとかロールパンとかがせいぜい。どのパンもまるでケーキのように柔らかいものばかりだし、糖分も油分もタップリだから、やはり私の中では「パンはお菓子」という感覚でした。おまけに昔の製品は、今のよりもだいぶ味も劣っていたし…。

 パン売場には食パンやロールパン以外のフランスパンなども並んでいたけれど、大手のフランスパンって、なんかしっとりしていて、柔らかいパンでした。それは今でもあまり変わらないか。

 結局、甘くて柔らかいフカフカなパンがキライな私なのです。

 そこへいくと、ポンパドウルのフランスパンは一味違う。何しろ、歯ごたえしっかり。パンの中身はほんのり塩味。油分控えめな感じで、まさに食事にピッタリ。こういうパンが食べたかったのです。

 おそらくあの頃、ウチの地元付近では、ポンパドウルの進出が鏑矢となって、色々なベーカリーが商売を始めるようになりました。その手の店は自分のところで焼いたパンを売っているわけで、お店の数ほど色々なタイプのパン屋があり、今では選ぶのが困るほどあります。

 そんな中、現在の私のお気に入りのパン屋さんはここ。熊沢酒造がやっているモキチベーカー&スイーツ。

 ここは日本酒の蔵元なんですが、副業で地ビールも作っております。で、その地ビールを作っている部署のさらに副業でパンを焼いているっぽい(笑)のですが、ここのパンが、いわゆるドイツパンで、最高なんですよ。

 どのパンもどのパンも、見た目よりもずっしりと重い(笑)。おまけにパンの皮がしっかりしているどころか、パンの中身もしっかりしていて、噛み応え十分すぎ。食事をしながらアゴの筋肉を鍛えることもできるという、声楽勉強中の方々にはうってつけの、とても美味しいパン。私的には「パン・ア・ラ・ビエール」がお薦めです。こんなに美味しいパン屋が徒歩圏内にあるのだから、私は幸せもの。

 こういうパンと、具だくさんのスープ。たしかに食事としては「パンとスープだけの、貧しいヨーロッパの家庭料理」なんですが、並んでいるパンがただものではないので、実は見かけ以上に贅沢な食事なのです。

 と、ここに書いても、モキチベーカー&スイーツはローカルなお店なので、私の地元に来ない限り、食せないのがたまに傷。

 分かりやすく私のパンの好みの話をすると、モキチベーカー&スイーツの「パン・ア・ラ・ビエール」が東の横綱なら、西の横綱がアンデルセンの「赤ワインブレッド」です。アンデルセンなら全国展開しているチェーン店なので、食べたことのある方もいらっしゃるでしょう。そうそう、ああいうパンが私の好みなんですよ。

 偶然ですが、両方とも水でなく、酒でパンを作ってますね(笑)。別に私は飲んべえではありませんよ、念のため。

 蛇足 イオングループのカンテボーレのパンも好きです。ここはさっきの店たちよりもお財布に優しいので、実はここのバゲットが、我が家の食卓への登板回数がもっとも多かったりします(笑)。

« カスミの食生活 | トップページ | メトロノームの表記に惑わされずに、きちんと三拍子を感じながら吹くこと »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

ポンパドール!に反応しました(^^)
ここのバタール、ドッフォクリームパイン(フルーツチーズ)、フルーティで辛口の白ワイン、、、、この3点セットがあれば、ワタクシは幸せでございます。 どれも最近お目にかかっていませんねぇ(涙)

 ポンパドウル…美味しいよねとか書きながら、実はもう何年も食べていない私です。実は記事に書いたお店を始め、一時期は地元に数軒あったポンパドウルですが、今はすべて撤退してしまって一軒もないのです。

 たまに横浜に行くと、ダイヤモンド地下街のお店の前を通って「ポンパドウルだあ…」と思いながら玉泉亭でタンメン食べたり、ジョイナス地下街のお店の前を通って「ポンパドウルだあ…」と思いながらエスカレーターで下に降りてハゲ天で天ぷら食べちゃう私でした。いやはや、何とも。

 などと書きながら、これまた大好きなサヴウェイのサンドウィッチを頬張ってます。お昼をいただきながらのコメント付けでご勘弁。今日のお昼はサンドウィッチなのだ。ローストピーフとローストチキンの、ローストコンビのサンドウィッチ食べてます。

もうすぐ23時だというのに、ムショーにパンが食べたくなってきました。やばい~
ポンパドールとイオンなら熊本にもありますよ。久しぶりに買ってみようかしら(^^;)
うちの子ども達はすとんさんと反対で、朝食がパンだととても喜び、ごはんだとテンション急降下です。

>smilekumiさん

>うちの子ども達はすとんさんと反対で、朝食がパンだととても喜び、ごはんだとテンション急降下です。

 “食のグローバル化”は、熊本でも進行中なのですね。たぶん多くの若者たちが、少なくとも朝食では、ごはんよりもパンの方が好きなのだろうと思います。これも時代の趨勢という奴でしょうか? それでも私は“日本人なら米を食うべし”と固く信じています。だって、ご飯って、おいしいじゃん。

 納豆より、アジの開きの方が好きです。

日曜日のダイエット記事にまさか自分のHNが出て来るとは思いませんでした。(笑)

実家ではずっとお米を作っていましたので、何はなくともお米だけは余るほどありました。
ありがたいことに今でも送ってもらえるので、お米はただ・・・という感覚です。
ただこれもいつまでかな・・・と最近思うようになってきました。
お米、買うと高いですよね。
お米を切らした時などにパン食やパスタ、うどん・・・が続きますが、お米がないというのは耐えられません。
ただし朝食はパン・・・に慣れきってしまったかも。
昔は朝食がパンだと落ち着きませんでしたが・・・。
そもそも実家の近くにはパン屋さんなどなく、常に山崎のパン・・・でしたので。
おやつ感覚でしたね。

ああ、ポンパドウルのパンが食べたい!!

>Ceciliaさん

 ウチも妻の実家の親戚に米農家の方がいらっしゃったので、義父経由でお米をいただいていました。もっとも、いただいた分では(足りるはずなのですが、なぜか)足りないので、買い増ししていましたが、それでもだいぶ家計的には助かったと思います。今は義父も亡くなり、米は専ら生協の宅配に頼ってます。

 米は…高い米は高いです(笑)。ただし高い分、やはり美味しいと思います。送ってもらっていた米が最高級の米だったので、それに舌が慣れてしまい、今更、安いと言うか、庶民的な米を食べるわけにも行きません。仕方なしに、安くて美味しい米を探していますが、なかなか無いですね。結局、それなりのグレードの米を買って食べてますので、米代、結構してます。

 ただ、パンだって、いわゆる大量生産品ではない、近所のベーカリーの焼きたてパンを買えば、米よりも高くつくんじゃないかと思います。結局、美味しいものを食べようとすれば、それなりの代金を支払わないといけないというわけです。

 食の幸せ(と安全)に、お金をケチってはいけないのだと思います…が、現実問題は、毎日の事だから、少しでも安い方がいいですね。ああ、ジレンマ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43767311

この記事へのトラックバック一覧です: パンにこだわる[2009年1月第3週・通算2週]:

« カスミの食生活 | トップページ | メトロノームの表記に惑わされずに、きちんと三拍子を感じながら吹くこと »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん