ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 「クラヲタに100の質問」に答えてみたよ その3 | トップページ | パウエルフルートフェアで遊んできたよ »

2009年1月 5日 (月)

「クラヲタに100の質問」に答えてみたよ その4

 さあ、ラストスパートだ。がんばるぞ!

【音楽家編】

Q70. あなたのおすすめの演奏家(含む歌手)を教えてください。

 諸岡由美子さん。チェロ奏者さんです。いいよ、実に。

Q71. 世界一のオーケストラは、ずばりどこ?

 オーケストラには特別な興味がないなあ…。

 それにだいたい、世界一のオーケストラを決めるためには、世界中のオーケストラを生で一通り聞いてみないとね。そんな人、レコード会社のプロデューサーとか、プロの音楽評論家とかではない限り、無理だし不可能じゃないかな? 所詮素人であるクラヲタが「世界一のオーケストラ」なんて決められないでしょう。決められるとしても「私が一番好きなオーケストラ」程度のことサ、所詮。

Q72. 日本のオーケストラに何か物申すことあります?(一般的にでも、個別のオケに対してでも可

 いや、別に。皆さん、クラシック音楽の普及のために頑張ってください。

Q73. N響の次期音楽監督は誰になってほしいですか?

 すいません、興味ありません。

Q74. あの世から一日だけ生き返ってくれる音楽家がいたら、誰に生き返ってほしい?

 全盛期の状態で生き返って、私の目の前で無料コンサートをやってくれるという話なら、マリオ・デル・モナコさん。黄金のトランペットと言われた、テノールをぜひ生で聞いてみたいです。

Q75. 競演してみたい演奏家を教えてください。

 競演って…私はプロの演奏家じゃないよ。

Q76. 弟子に入ってみたい音楽家を教えてください。

 弟子って、内弟子という意味なら、本業がありますので、どなたであれ、ご遠慮申し上げます。単なる“生徒さん”程度の意味なら、現在のキング先生と笛先生の両先生に満足していますので、他の方は結構です。

Q77. あなたの知っている音楽家の笑い話を教えてください。また聞きでも可。

 名前は言いませんが、ある有名なテノール歌手が若い時に、リハーサルの時に素晴らしい歌唱を披露し、楽屋に戻っても、その美声で直前の練習に余念がなかったそうですが、そのせいか、本番は声を使い切ってしまい、ボロボロだったそうです。笑い話というよりも怪談話の類ですが…。この話は、ある指揮者の方から聞きました。本当かどうか分からないので、名前は伏せておきました。

Q78. あなたの知り合いに音楽を職業にしているプロの方はいますか?(名前はあげなくていいです)

 もちろん、数名おりますが…。

Q79. 音楽の教科書にのっている音楽家の肖像画に落書きしたことありますか?

 ありません。教科書に落書きなんて、授業に集中していない人間のすることですね。私は学生時代、結構真剣に授業を受けてました。授業で習った事はすべて授業中に理解するつもりでいましたので(だから、家での予習復習はほとんどしませんでした)。

Q80. J・S・バッハに何人子供がいたか知ってます?

 たくさん。その程度しか知りません。音楽家の子どもの数には興味ありませんので。

Q81. ブラインドテストで演奏家の違いを聞き分けることが出来(ると思い)ますか?

 生演奏で、よく知っている歌手なら、まず間違えないと思います。

【いろいろ編】

Q82. お宅のオーディオ環境を教えてください

 DVDプレイヤーを、普通にオーディオ用のプリメインアンプに接続しています。スピーカーは知り合いのバリトン歌手さんのお薦めのものにしました(声の再生は、スピーカーを選ぶそうなので…)。そんなに高価なシステムではありません。

Q83. CD以外の音楽メディアとしては何をお持ちですか?

 iPod。あと、昔ながらのLPレコードと、昔録音したカセットテープです。

Q84. CD・LP、楽譜、楽器以外に集めている音楽関連グッズって何かあります?

 コレクターではありませんので、特別に集めているものはありません。

Q85. ではここで一つ持ち物自慢をどうぞ!(誰それのサインを持ってるとか、幻のレコードを持ってるとか)

 コレクターではありませんので、特にありません。

Q86. 通勤通学時もクラシック聞いてます?

 はい、一応。

Q87. クラシックのMIDIについてどう思われますか?

 聞きたいことがよく分かりませんが、好き好きではないでしょうか? でも今時、MIDIですか? MP3ファイルぐらいにしておきましょうよ。

Q88. あなたの知っているクラシック替え歌を教えてください。

 アイ・ネ・クライ・ネ、ナ・ハ・ト・ム・ジーク(モーツァルト作曲、アイネクライネナハトムジークの冒頭の旋律に合わせて歌う)

Q89. あなたの印象に残っている音楽マンガ・小説・映画を教えてください。

 のだめ。たぶん日本人のほとんどが、まずこの作品をあげるんじゃないの? ここで別の作品をあげる人は、おそらく“へそ曲がり”か“あまのじゃく”だと思う。あるいは、モノを知らない、エセなクラヲタでしょ。

 落ち着いてじっくり考えてみると映画の「アマデウス」とか「カストラート」とか「永遠のマリア・カラス」とかも、やはり強い印象を残しています。

 通っぽいところで言えば、ゼッフィレッリ監督の一連のオペラ映画はいいね。個人的には「道化師」がやはりハズせないかな?

Q90. 突然ですが、日本人であるあなたが西洋の伝統音楽であるクラシック音楽を聴くということに、何か疑問を感じたことはありますか?

 いつも感じてますよ。でも好きなんだから仕方ないですね。

Q91. 学生時代(小中高大)の音楽の授業で印象に残っている出来事を教えてください。

 さっきも書きましたが、中学生の時に、お琴を習いました。

Q92. では学校時代の音楽の成績、良かったですか?正直にお答えキボンヌ

 音楽に限らず、学校の成績はいつも良かったですよ。

Q93. クラヲタなのにやってしまったこっ恥ずかしいエピソード、あったらここでカミングアウトしてください。

 すいません、恥ずかしいという感覚が少々希薄なので、思い当たりません。

Q94. それではクラヲタでよかったと思った体験はありますか?

 別に、クラヲタであることに、さほどのアイデンティティーを置いていないので、良くもなければ、悪くもないです。

Q95. 逆に最もひどかった体験は?

 Q94の回答と同じです。

Q96. 尊敬するクラヲタいたらどんな人か教えてください。

 クラヲタという人種は、同類を激しく嫌うものではないでしょうか?

Q97. 音楽がなくても生きていけますか、或いはその自信がありますか。

 音楽がなくても…という設定がよく分かりません。CDなどの音楽再生機がなく、コンサートにもいけないという状態であっても、気が向けば、自分で歌ってしまうので、音楽がない生活などありえませんね。

Q98. 奥様(彼女)/旦那様(彼氏)から「あたしとクラシック音楽と、どっちがだいじなのっ!」と迫られたら、なんと答えますか?

 その質問を口にした段階で、彼女に幻滅しますね。人への愛情と趣味を天秤にかけるという価値観が気に入りません。

Q99. ズバリあなたにとってクラシック音楽とは何ですか?

 趣味です。しかし「たかが趣味、されど趣味」です。趣味を馬鹿にしてはいけません。

Q100. お疲れさまでした。最後に一言物申してください。

 音楽は“美”であって“知識”ではありません。そこんところを勘違いしないように>若いクラヲタ諸君

 あ、あと、クラシック音楽って、交響曲しかないわけじゃないよ。クラヲタを自称するなら、交響曲や管弦楽曲などのオーケストラ曲以外にも、室内楽や宗教曲や声楽曲やオペラも楽しまないとね。特に作曲家たちは自分たちの最良の部分を宗教曲やオペラで表明しているわけだから、これらの分野を楽しまないと、本当の意味で、西洋古典音楽に触れたことにはならないと思います。

 ふへ~、やっと終わりました。100の質問。お疲れさまっす>自分。

 これで今年の年末年始進行は終りです。明日から、通常運転に戻ります。まずは、昨年末に行なった、フルート試奏レポートをアップする予定です。乞ご期待。

« 「クラヲタに100の質問」に答えてみたよ その3 | トップページ | パウエルフルートフェアで遊んできたよ »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

100のお答え、お疲れ様でした。
私、オタクになれそうもありませーん。
明日はフルートのレポなんですね。楽しみにしています。

これだけきっちり答えていたら、ものすごく疲れた事でしょう。ご苦労様でした。でも、読んでいるほうはとても面白いですよ。

>まきりんさん

 はい、100の質問に答えたら、だいぶ疲れました。これなら、普通に記事を書いていた方が、よっぽど楽でした(笑)。途中でやめちゃおうかと思ったことも…(笑)。

 フルート試奏レポートは、今回は3回連続の予定です。たぶんこれからも東京に行って、楽器屋さん巡りをするたびにフルートの試奏をしそうな気(何気にオヤジギャグをはさむ)がするので、今までのと合わせて、新しいカテゴリー「楽器屋巡りとフルート試奏」を作っちゃいました。これは書く方も楽しいし、多くの方が読んでくださるので、カテゴリー独立もいいかな…と思いました。

>橘さん

 ブログの記事を読んでいただいて、喜んでもらえるとうれしいです。ありがとう。

 ブログは基本的に、自分のための日記&文章修行の場(?)と考えているので「他人に読んでもらえなくてもかまわない」というスタンスでやってますが、それでもやはり、読む人がいて、よろこんでくれる人がいると、天に昇っちゃいそうな気分になります。

 現金な奴ですね。

はっ!!( ̄□ ̄;)!!
そうだ、私は由美子さんをたどってこちらに行き着いたのでした…いやいや〜、すっかりはまってしまいました(エッセイが好き、というかエッセイ系しか目が受け付けないです。余談;小林聡美さんのエッセイ(本)もオモロイです・・・口述筆記?なとこがすとんさんみたい)由美さんを《ゆみぴょん》って呼べるすとんさん・・・(いや、私も呼べばいいのか・・・みぢかじゃないんですけど)。私がものすごく面白いと思うブログは、あとバイオリニストのちさ子さんです。よく休むけど。由美さんはほんわかしてますね。

>YOSHIEさん

 私だって諸岡さんのことを「ゆみぴょんさん」とは呼びますが「ゆみぴょん」とは呼べません。それはさすがに、恐れ多いです(笑)。

 ゆみぴょんさんとは、お互いのブログでの交流があるんですよ。だから、ブログの知り合いって感じです。あと、リアルでちょっとだけ妻と息子がお世話になった(なる)くらいです。

 チェロ奏者さんとしてのゆみぴょんさんは、本当にすごいと思う。私は彼女の深々としたチェロが大好き。ブーンと響きながらも周りの空気と一体化する、あのチェロが大好き。その音色に載せて奏でられる音楽も好き。全く、理屈抜きで好きだから、困ったものです。

 そんな素敵なゆみぴょんさんに伴奏してもらえる息子君は、我が子ながら、実にうらやましいです。

 だから、ブログがメロちゃんの写真ばかりでも勘弁してます(笑)。かわいいよね、あのワンちゃん(はぁと)。

どもデス・・・はい『ゆみぴょんさん』で訂正です。・・・そして「うわぁ〜、すとんさん」って!羨ましすぎですヨ・・・
(≧ε≦;)>ナンチュウフルイスマイリ〜(&ブログの趣旨から離れた※ですみません、いつもながら)

>YOSHIEさん

 いえいえ、うらやましいのは私じゃなくて、私の息子君の方です。先日もブログで「10月のコンサートよろしく」って言われていたのは、私ではなく、息子君の方です。息子君が所属する合唱団はよく彼女と共演するんですよ。でも私は一度も彼女と共演したことはないのです、てへへ。ね、うらやましいでしょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43634889

この記事へのトラックバック一覧です: 「クラヲタに100の質問」に答えてみたよ その4:

« 「クラヲタに100の質問」に答えてみたよ その3 | トップページ | パウエルフルートフェアで遊んできたよ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん