ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 玄米LOVE[11月第5週・通算46週] | トップページ | フルートで歌おう »

2008年12月 1日 (月)

オクターブのチェンジは息の方向を変えて

 フルートのレッスンでした。今回から、4週連続の怒濤のレッスン月間が始まります(って、毎週レッスンの人には当たり前の頻度だけど)。

 アルテ6課は、6番と7番の間の、番号無しの部分が終了。二つ目の番号なしの方は、スタッカートがまだ甘いそうですが、お情けで合格にしてもらいました(汗)。

 しかし、7&8番は、まだダメってことで次回まわしです。当然、曲である9番までは進めませんでした。

 7番は、ハ長調のスケールにスタッカートとスラーが入っている課題です。

 最初にいきなりダメをいただきました。というのも「聞いていて、ただのスケールにしか聞こえない。きちんと曲として演奏してください」とのこと。スケールではなく曲? 分かるようで分かりません。何となく頭の中に???が浮かんだまま、もう一回吹いてみたところ「じゃあ、歌のつもりで吹いてみてください」とのこと。

 歌ね、歌。それなら何となく分かる。フルートでなく、歌のつもりで吹いてみたところ、今度は良しです。でもそれでも、課題としては、やっぱりダメでした。

 と言うのも、今度はスタッカートがさすがに長すぎるって注意です。私としては、八分音符のスタッカートと四分音符のスタッカートを吹き分けたつもりですが、「スタッカートはスタッカート。音符の長さには関係せず、とにかく“短く”」と言われ、次回持ち越し。次回までには、きちんと短いスタッカートで練習をしてくるように言われました。

 8番は、スラーでのオクターブチェンジの課題です。これは指的(音符的?)にはできているのですが「音が美しくない」という理由でダメです。特にチェンジの瞬間がダメということです。チェンジのタイミングが遅れたり、雑音が入ったりで、ダメなのは自分でもよく分かりました。

 そこで色々とトライしてみた結果、オクターブ上がる時に、フルートに対して、息を吹き込む方向を変えてみたらどうだろうかという事になりました。普段は割と、上から下という方向性の息を使っていますが、高くなる時は、奥から手前という方向で息を出してみたらどうだろうというので、やってみたら、すんなり行きます。これなら、なめらかにオクターブチェンジができます。

 家でもう少し練習してきてくださいという事になりました。

 ここまでのレッスン時間は、たぶん10分ないな。とにかく毎回思うけれど、時間の無駄のないレッスンです。残りの時間は何をしたかと言うと、ポピュラーの練習です。その話は長くなりそうなので、また明日ということで…。

 オクターブチェンジの練習を家に帰ってやっているうちに、ふと気づいたのは、息の方向を変えるというのは、実は下アゴをうまく使うことで、上手にできることなんだなあということ。クチビルだけを使って息の方向を変えようとすると、かなり無理があるけれど、アゴを前後することで、容易に息の方向が変わることに気づきました。

 次のレッスンまで、実は一週間しかありません。うわあ、自主練習の時間が足りないよお~。

« 玄米LOVE[11月第5週・通算46週] | トップページ | フルートで歌おう »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

オクターブチェンジは下あごが鍵ですか。息だけでなく下あごも意識して、今夜練習してみます。

>野鳥さん

 えっと、誤解の無いように書き添えておくと、“私”の場合は「オクターブ・チェンジの時は、下あごの動きがポイントになる」です。基本的にこのブログは、私自身による私のための備忘録なのですから、誤解の無きように…。

 なんでこんな事を書き添えるかと言うと、私、いつも書いてますが、フルートは本当の本当に初心者で、基本的なお約束事項とかルールとか常識とかも何も知らず、フルート奏法に関する本すら、ロクに読んだ事がないという立場で書いているので、“間違っていたらごめんね~”という事です。

 少なくとも、ブログに書いたことは、私にとっては正解なのですが、他の人にとっては、どうも正解ではない場合があるようです。だからと言って「間違った事を書くな~!」と言われても、私にとっては、これが正解なのだから、別に間違った事を書いたわけでないつもりなんです。

 フルートの吹き方にも、色々な方法というか、流派のようなものがあるのかな? その辺の違いで突っ込まれても、私、知識がないので、配慮もできなければと、切り返すことすらできないのですよ(笑)。

 なので“ご利用は自己責任で(大笑)”ということで。

 というわけなので、私は記事にも書きましたが、先生とのやりとりの中で、オクターブ・チェンジの時は、息の方向を変えるという方略を採用しました。そしてその練習を家でしているうちに、どうやら下アゴの動きがポイントらしいと気づきました。で、その方向で練習をしているわけです。

 しかし、これって一般的な方法なのかな? オーソドックスな奏法では、オクターブチェンジの時って、どんな点に注意するのでしょうね。ちょっと疑問。

充実したムダのないレッスン、良いですね(^^)
私もオクターブのチェンジは下アゴ使っているかも。
息の方向を変えようと唇を動かすと下あごも連動しているみたいです。
息の方向は低音:斜め下向き
中音:まっすぐ 高音:若干上向きって感じです♪
また今週もレッスンなのですね。頑張って下さい☆

>くろねこさん

 やっぱり下アゴを使うんだ、良かった良かった。

 まだレッスンでは低音と中音しかやってませんので、息の方向は、下向き(これが普段の私です。低音はこれでOK)と前向き(中音部)の二段階切り換えでいきます。

>高音:若干上向きって感じです♪

 ほう、そうですか! 自宅練習では高音をやっていますが、なかなか難しいですね。特に4C♯以上は音すら出ません。若干上向き~たぶん若干ってところがポイントなんだろう~で試みてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43275736

この記事へのトラックバック一覧です: オクターブのチェンジは息の方向を変えて:

« 玄米LOVE[11月第5週・通算46週] | トップページ | フルートで歌おう »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん