ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ライブで吹いてきました | トップページ | 音程をどう感じているか? »

2008年12月16日 (火)

最近のメトロノーム練習

 「以前は…」と言うべきか「今でも…」と言った方が良いか。とにかくメトロノームは苦手です。メトロノームに合わせたつもりで練習していても、ふと気がつくとヅレています。悲しくなります。

 先生に「メトロノームをよく聞いて!」と言われるのだけれど…聞いているつもりなんだけれどなあ…。

 先日、何となく私のメトロノーム(チューナー兼用の電子メトロノームです)を見ていたら、何気に横腹にイヤホーンジャックがあることを発見。さっそくイヤホーンを差し込んでみたところ、なんとバッチリ。実によく、カチカチ聞こえる。耳元というか、頭の中でカチカチ鳴るので、フルートがどれだけの音であろうと、きちんとはっきりクリアに聞こえる。今まで何度やってもズレて悲しかった箇所も、簡単に合う。な、な、なんと、今までの苦労はなんだったのか?

 なあんだ、メトロノームと合わなかったところは、メトロノームがきちんと聞こえなかったからなんだね(爆)。きちんと聞こえれば、苦もなく合わせられるじゃん。

 ってことは、私の体内リズムって、結構不正確というか…。メトロノームと同じリズムを刻んでいるつもりでも、実は結構いいかげんだったということなんだよね。だからズレた。こりゃ、参ったね。

 ともかく、自宅練習の時は、イヤホーンを使えばいいのだろうけれど、先生とのレッスンの時は、そうもいかない。だって、イヤホーンを使うと、カチカチは外に聞こえなくなるから。レッスンの時はどうしようか…。ううむ、ま、いいか。何とかなるだろう(笑)。

 でも、イヤホーンを使うと、片耳塞がれて、なんか変な感じ。これはいっそ、もっと大きな音のするメトロノームを買えということなのかな? でも、電子音のメトロノームはみんな似たようなものでしょう。昔ながらのメトロノームは音が大きかったような気がするけれど、気のせいかな? まだ持っている人、昔のメトロノームの音量って、どうですか?

 と、ここまで書いて、ひらめいた! いやあ、イヤホーンの代わりに外部スピーカにつないだら、どうだろ? さっそくやってみた。接続先はパソコンちゃんのスピーカー。音量調節さえしっかりすれば、いい感じ。パソコンには、音楽用のスピーカーをつないでいるので、本来、この手の電子音は苦手。スピーカーの負担がちょっと大きいかな? という感じはするものの、ま、当分はこれでしのげそうです。

 これでメトロノームと合わなければ、私の腕のせいだねっと。

« ライブで吹いてきました | トップページ | 音程をどう感じているか? »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

メトロノーム付きのチューナー持ってます。
でも、メトロノームはアナログ派(^^)
カラオケ練習に持っていったりすることも考えて小さいのを買いました。
電子よりハッキリと「カチカチ」聞こえるので、フルートの音で聞こえないってことはありません。
ただ、携帯用はみんなそうなのか、それともたまたま買ったモデルがそうだったのか知りませんが、拍子の設定ができませんでした~(悲)
ひたすら同じリズムでカチカチ鳴るだけ。。。
だもんで、小節の区切りが判らなくて…長く延ばしたり休みが入ると、どこから入るのかタイミングが判らなくなったりします(^^;

>くろねこさん

 やはり、アナログのメトロノームの音ははっきりしていますか? フルートのような小さな音の楽器にかき消されてては役に立ちませんものね。ちなみに今でもアナログのメトロノームはゼンマイ式なのでしょうか? それとも電池式になりましたか?

 電子式メトロノームをお使いの皆さん方は、メトロノームの音量不足に悩まれないのだろうか? それとも私が使っている機種だけが、音量小さめとか?(まさかね)。皆さん、どうしているのだろうか? 

 皆さん、メトロノーム、使ってますよね。

アナログ愛用者です。娘のピアノ購入時についてきました。実は電子式があると先日初めて知りました。時代に乗り遅れまくりです(^^;)
アナログはフルートの音では消えないくらいの音量ですよ。ですが私は音というより針の振れでリズムを取っている節があるので、今後も電子式を使うつもりはありません。携帯できないのが玉に瑕ですが・・。

全ての商品がそうなのかは分かりませんが、私が買ったのはゼンマイ式です。
小さいから巻き取るバネ(?)も少ないようで、「10回以上回さないように」と注意書きがありました(^^;
なので、5分程度で自然に止まります。。。今のところはこれで充分です。
音が大きいというよりも、音の質がフルートと全然違うから見失わないのでしょうね。
曲の流れをつかみたい時は拍子設定のできる電子メトロで歌い、流れがわかったらアナログ&フルートで練習開始!という感じで両方使ってます(^^)

>smilekumiさん

 「アナログのメトロノームの音は、フルートよりも大きい」 やっぱり、どうやら、そうなんだ。

>私は音というより針の振れでリズムを取っている節があるので、

 という事は、楽譜にかじり付きというわけではありませんな。すぐに暗譜しちゃうのか、あるいは楽譜とメトロノームとの視線の移動も全然平気とか。

 私も、本来、楽譜にかじりつくタイプではないはずなのですが、ただ、楽譜から一度目を外すと、途端に行方不明になり、今、楽譜のどこをやっているか分からなくなるので、結果として、楽譜にかじりつくタイプです。ま、正直に書いちゃうと、楽譜がきちんと読めないからなんですが…。

 歌なら、指揮と楽譜を同じ視界に入れれば済むのですが、フルートではそうもいかないので、耳が頼りです。だから、メトロノームのチクタクが聞こえなくなると、ズレます。

 て、ことはだ、つまり、クラシック系の合奏は、私に無理ってことかな?(だって、指揮者見れないじゃん)

 ちなみに私の使っているメトロノームは液晶画面の中で、針がチックタック振れてますよ。アナログのものほど、ダイナミックではありませんが、そういうものもあります。

>くろねこさん

 再度のコメントありがとうございます。

 やっぱりゼンマイなんだ! なんか、21世紀なのに、まだゼンマイががんばっているのを知ると、心があったかくなるような気がします。ゼンマイ、いいですよ。二酸化炭素も吐き出さないし、何度も使えるし、エコなエネルギーだと思います。

 ビバ! ゼンマイ! 電子式メトロノームもゼンマイだったらいいのに(大笑)。

レッスンでもメトロノームを使用されているのですね。私は先生が拍をとってくださるので、聞こえなくなることはないです。
ちなみに、普段の練習でもあまり使いません。単に面倒なだけですけどね(笑)

>橘さん

 メトロノームはアルテのレッスンの時に使ってます。ですから、私が一人きりで吹いている時ももちろんありますが、たいていは(デュエットまたはユニゾンで)先生も一緒にフルート吹いてますので、拍を取るのは、まず無理です。

 それにアルテは楽譜に書かれている“あの速度”で練習することに意義があるそうなので、速度は死守ですし、きちんと行うために、メトロノームを使います。ですから、家でもレッスンに備えて、アルテの“あの速度”で練習しています。

 だから、アルテの時に、メトロノームが聞こえないのって、キビシイんですよ。ところで、アルテの“あの速度”って、速くないっすか?

 アルテを使わない時レッスンは、たいてい笛先生はピアノを弾いてますし、時折セッション状態になってしまいますので、メトロノームを使いません、というか、メトロノームの意味ありません。

デジタル派です…コメントから察するにめずらしい? ^^;;
アナログだと「音」ではなく「振り」を見ちゃうんで、「指揮があれば絶対に入れるけど、自力じゃ駄目」症状の私には不向き(汗)

デジタルは「拍」でランプが光りますから、「拍頭」で音を出した時、メトロノームの音が聴こえたら「負け」ね(笑)、、、って感覚ですよ。
後は超細かい16分音符がカウント出来るのが私には嬉しい(走ったり転んだりするから…苦笑)

ちなみに私の体内時計は狂いっぱなし…です。
ritしたらtempoIの速度に帰って来れないとか、、テーマの再現部なのに提示部分と速度が違うとか(冷汗)、、、ルバートしてるのに帳尻が合わない(巻きが足りない)で「盗みっぱなし」とか、、、(激汗)

>めいぷるさん

>デジタルは「拍」でランプが光りますから、「拍頭」で音を出した時、メトロノームの音が聴こえたら「負け」ね(笑)、、、って感覚ですよ。

 あ、これ、いただき。オンビートを確認するのに、すごくいい練習になりますよ。「光と共に音を出せ!」って感じですね。

 デジタルのメトロノームは、アナログと違って、色々なリズムが出るのがうれしいですね。エイトビートもシャッフルも出ますものね、使い方によってはとても有効です。

 音量は、確かに小さめなんですが…。ま、得手不得手と言いますが、デジタル・アナログ,それぞれに特徴があるみたいですね。

>ルバートしてるのに帳尻が合わない(巻きが足りない)で「盗みっぱなし」とか、、、(激汗)

 私もそうです(大汗)。どうしても、帳尻、合いませんね。なぜでしょう?

アナログ派…ってわけでもないんですが、うちにあるのはアナログのメトロノームです。デジタルは大学の合格祝いにいただいたものが…壊れました。

うちのメトロノームは、カワイ製。GP買ったときについてきたやつですね。これは2代目なんです。最初からつかってたやつは壊れましたので。
デジタルは持ち運びに便利かなと思います。吹奏楽はやってないので、チューナーつきのを買うほどでもないかも。実は最初にデジタルメトロノームを見たのは、高校時代なんです。
(このネタ、オモシロそうなのであとで書こうっと)
私の憧れはウィットナーという会社のものです。ぐぐると出てくるかもしれません。

>ことなりままっちさん

 さっそくググりました。これ、知ってる。隣町の楽器屋にありました。木製の高級なメトロノーム。たしかドイツ製? 「メトロノームは機械じゃない、楽器なんだ」と主張しているかのようなオーラが出とりました。すぐ隣に展示してあった、某国のプラ製のメトロノームが安っぽく見えましたもの(実際、安いし)。

 私、アナログのメトロノームを見て、一つ分かったことがあります。それは、なぜデジタルメトロノームの数字が、ああも飛び飛びなのかってこと。あれは、アナログの数字の刻みに合わせているんだね、実物を見て、納得。あれを見ちゃうと、デジタルはまだまだアナログの代用品って位置づけなのかな?って思いました。

正確さと、耐久性で言えば、日工さんのメトロノームがお勧めです。日工さんのメカは、すべて金属製で、デジタル並みの正確なテンポです。
ウィットナーは、樹脂製のギアが使用されており、見た目に比べて、中身がチャチです。
メトロノームは、ある意味、時計ですので、樹脂製のメカは、きびしいです。大概のメトロノームは、底をみると、メカが見れますので、樹脂製でないか、確認しましょう。

はるこさん、いらっしゃいませ。

 この記事を書いた当時は、確かにメトロノームで苦労していました。やっぱり、電子メトロノームって音量の小さいものが多いですからね。

 最近の私は…ってか、先生もこの当時と変わり、今の先生のところでもメトロノームは使ってますが、どこのメーカーかは知りませんが、レッスンでは卓上のアナログメトロノームを使ってます。やはりアナログのメトロノームは音量が大きいのでいいですね。

 自宅練習では電子メトロノームですが、DM-50(現在は廃番。後継機種はDM-51)を使ってます。これが結構音量が大きくて便利だし、クリップ型なので、耳たぶにつければ(笑)どんな喧騒の中でも使用できます。便利ですよん。

 というわけで、今のところ、メトロノームに不足を感じていない私ですが、もしもアナログのメトロノームを買うチャンスがあったら、ウィットナーではなく日工さんにします。やはり、国産品の方が品質が確か…って事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43429085

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のメトロノーム練習:

« ライブで吹いてきました | トップページ | 音程をどう感じているか? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん