ひとこと

  •  テレビ番組『題名のない音楽会』の司会が、五嶋龍から石丸幹二に代わって、はや二ヶ月になりますが…やっぱり石丸幹二に代わってから、良いね。安心して見ていられます。彼は言葉に力があるし、若くないのも嬉しいです。五嶋龍は頑張っていたけれど、やっぱり彼は若すぎたと思います。テレビタレントとしても経験不足だし、見ているこっちがハラハラドキドキしていたもの。おまけにニューヨーク在住で収録の度にアメリカから来日していたそうだから、彼の司会は、あれこれ無理があったんだと思います。石丸幹二の司会はまだ始まったばかりだけれど、黛敏郎の33年は無理としても、羽田健太郎や佐渡裕のように7年ぐらいはやってほしいなあって思います。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 底砂利は結構、汚い | トップページ | アルタスという会社の、その姿勢が悲しい(涙) »

2008年12月28日 (日)

2008年のダイエットを振り返って?[12月第4週・通算50週]

体重:103.4kg ->103.7kg [+0.3kg]
体脂肪率:30.5% -> 31.8% [+1.3%]
BMI: 33.0->33.1 [+0.1]
体脂肪質量:31.5kg ->33.3kg [+1.8kg]
腹囲:106cm -> 103.6cm [-2.4cm]
     (左側の数値:2008年当初 -> 左側の数値:今週 [その差])

 きゃあ~、なに、この数字は。この一年間の私の苦労は一体なんだったの!

 って言うほど苦労してないか…。

 数字が見事に語っているように、今年の私は、ご覧のとおり、ユルユルダイエットをしちゃいました。

 全然、減ってないじゃんと突っ込んでいる、そこのあなた。正解です。全然減ってません。まあ、基本的に横ばいっていう感じの数値です。でも、アラフィフ(Around fifty)ですから、これでも上々かもしれないと、自分で自分を慰めてます。

 そりゃあ、やせられればいいけれど、それに見合う努力を何もしてなかったんだから、これでも上々です。だって、毎日食べたいものを食べたいだけ食べて、甘いものをいっぱい食べて、そりゃ普通太るでしょうという食生活をしながらも、この数値だもん。立派なものよ。

 ガンガンやせていた時は、レコーディングダイエットをしていたり、必死で運動していたり、見事なくらい節食をしていたりと、それは涙ぐましい努力をしていたわけで、今の私の努力するエネルギーは、ほぼすべて音楽関係に振り分けられているので、ダイエットはじぇんじぇんできてません。仕方無いよね。

 では、なぜそれだけ食べていて、なおかつ運動不足なのに、これで済んでいたのかというと、やはりブログかな? 毎週毎週、体重をブログに書かなければいけなかった。ブログに書く以上、そんなにみっともないマネはできない。そんなわけで、現状維持になったのではないかなあと思ってます。

 そんな意味で、ブログにダイエットの記録をアップして、全世界に恥をさらすというのは、悪いことではないと思いました、これからも最低これだけは続けましょう。

 でもね、やっぱり体重が103㎏ってのは、いただけないね。100㎏は切りたいよね、何としても。医者にもデブって言われたし(涙)。せめて100㎏は切りたいと切実に思ってます。何の努力もしないで、3㎏ほどやせたいです。

« 底砂利は結構、汚い | トップページ | アルタスという会社の、その姿勢が悲しい(涙) »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

すとんさんのダイエット記録を見ていると、私も気を引き締めなくては!と思います。
来年はお互い頑張ってダイエットを成功させましょう!

>橘さん

 ダイエットは、気を引き締めることはもちろん、やはり、身を引き締めることが肝要かと…。あ、もちろん、私自身の話なんですが。

 ダイエットって、たぶん簡単なんですよ。食事制限をして運動すればいいだけ。問題は、そこをきちんと自分の意志でできるかだけなんだと思います。で、私の場合は、そこに積極的に取り組めない。取り組めないけれど、せめて体重維持くらいはやりたいので、ブログで恥をさらしながら、体重維持を試みているのだけれど…、って感じです。

 お正月休みって、太るよね。今から怖いです

それまではなんとなく失礼な気がしてスルーしておりましたが、今回初めて体重その他を凝視(笑)。
すごいじゃないですか!だって腹囲が-2.4センチですよ!驚異的な数字だと思います。
やっぱりフルートと声楽の恩恵なのかもしれませんね。

>smilekumiさん

>すごいじゃないですか!だって腹囲が-2.4センチですよ!驚異的な数字だと思います。

 でもね、それでも1メートル以上あるわけだから(笑)。

 このダイエット記事は、余人のためでなく、自分のためなので、失礼とは違いますが、全然スルーしてくださってかまいませんよ(笑)。

>やっぱりフルートと声楽の恩恵なのかもしれませんね。

 実は声楽を始める前は、体重80Kgで腹囲も80センチでした。それが声楽を始めて、みるみる体重と腹囲が膨れて、今のようになりました。

 とは言え、太ったのは音楽のせいというよりも、運動をやめたからでしょう。声楽を始める前は、毎日たっぷりトレーニングしてましたし、食事も節制してました。で、音楽を始めて、トレーニングの時間を音楽の練習に振り替えたら、今の状態になりました。とは言え、やっぱり声楽は太ると思いますよ。太った方が高い声が楽に出ますからね。

 ただ、このダイエットの数字は、フルートを始める前と今との比較になってますから、腹囲が減少したのは、フルートのおかげは、多少あるかもしれません。

 結論、声楽は太るけれど、フルートはウエストを引き締める効果がある…ってことかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43538368

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年のダイエットを振り返って?[12月第4週・通算50週]:

« 底砂利は結構、汚い | トップページ | アルタスという会社の、その姿勢が悲しい(涙) »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん