ひとこと

  •  最近の報道では、モンゴルの方々の間で“星の回し合い”というのがあったとかなかったとか…が話題になっています。本当かな? だとしたら、貴乃花の引退以来、14年間も日本人横綱の不在…っうか、モンゴル人の横綱占拠も分からないでもないけれど…なあ。ちなみに、外国人横綱というと、モンゴル以前にハワイ勢の曙と武蔵丸がいたけれど、彼らは二人とも日本人に帰化しているけれど、モンゴルの横綱は現在まで4人いるけれど、誰一人日本人に帰化していないんだよね。ほんと、モンゴル人って、愛国心が豊かで、仲間思いで友情にあつい人々なんだろうね。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今月も長文ですよお[2008年12月の落ち穂拾い] | トップページ | 今年(2009年)の抱負 & お年玉もあるよ »

2008年12月31日 (水)

今年はフルートイヤーでした[2008年のまとめ]

 年末です、大晦日です。昨年に引き続き、今年の私を総括してみました。

1)フルート始めた

 やはり、誰が何と言っても、フルートを始めたことが、今年の最大イベントでしたね。去年の今頃、一年後の私が、高価なフルートを買って、毎日ピーヒャラしていると、想像できたでしょうか? ほんと、神様でもなければ無理ってもんです。

 それくらい、今年の私の音楽ライフは、ジェットコースター並にスリリングなものでした。フルート衝動買いして、笛先生と出会って、ジャズやボサノヴァを聞くようになって、アゲハを購入して、フルート・レッスンの回数が増えて、ライブにデビューして…。すごすぎるぜ、私。激動の一年だったね。2008年はフルートの年でした。いやはや。

2)金魚たちの入れ代わり

 今年の始めは、サクラ・アオイ・アカネ・カスミ・カエデの5匹が我が家の水槽にいました。それが、サクラとアオイとアカネが星になり、チヅル・ポニョ(旧名:フウカ)・ハヅキ・キッカが加わり、総勢6匹になりました。金魚は数が増えましたが、ドジョウは昨年末にウナが星になって以来、補充をしていませんので、数的にはトントンと言ったところでしょうね。

 金魚は長く飼っていたサクラやウナが居なくなり、金魚の最古参がカエデ(現王)になりました。カエデだって、ウチに来て、約1年半です。すっかり若返った金魚水槽でした。

3)職場が変わりました

 これはブログの方ではきちんと書いていませんでしたか、私の職場と仕事が変わりました。新しい環境に新しい仕事、新しい同僚。自分の仕事は自分で考えて、作っていくという職場環境。結果さえ出せば、何をしててもいいし、個人プレーも歓迎、という今度の職場環境は、時間に追われて働いたり、人とのアポをとるのが面倒な私にとっては、なかなか良い環境です。

 だから、太るんだよな…。

4)たぶんトータルで幸せ

 タイトルどおり、たぶん2008年の私は、幸せな一年だったと思います。来年も同じくらい幸せに生きられたら、文句ないっす。特に、歌にフルートにと、趣味三昧できたのは、ほんと幸せだったと思います。

 そうそう、今年の始めに、年頭の抱負(元記事はこちら)をアップしたんですよね。これらを振り返りながら、今年のまとめをしめてゆきたいと思います。

去年の抱負 1)体重をせめて10㎏くらい減らしたい

 前回のダイエットまとめ記事にもありましたように、無理でした(涙)。

 原因? やっぱり運動不足かな。人生のかなりの時間を音楽(歌とフルートの練習)に費やしているので、運動している暇など、全くありません。人生の選択肢として、音楽をすっぱりやめて、運動(お散歩→ジョギング→マラソン、へと進化していくコース)をするのもありですし、実際、歌の練習を始める前はそんな感じでしたが…、一日が24時間で、働かなければ生活できない事実を踏まえると、こんなものです。

去年の抱負 2)健康で暮らしたい

 これは結構いけたのではないでしょうか? ぎっくり腰で始まった2008年でしたが、その後は、少々の風邪と秋口のぎっくり腰だけで済みましたもの。

 確かに太りましたし、体も固くなりましたが、年齢を考えれば、まあ、こんなものでしょう。

 あと、明らかに腰が弱くなりました。と言うか、微妙に腰痛持ち? これは現在の仕事がほとんど一日、パソコンの前に座りっぱなしという座業なので、そうなってしまったみたいです。9 to 5、ほとんど動きませんもの。イスに座ってパソコンやって、ボリボリ、オヤツ食べてながら仕事しているだけだもん。それに仕事と言っても、ほとんどが考え事だからねえ…。体も弱くなるというものです。

去年の抱負 3-A)もっと歌がうまくなりたい…下一点イ音から二点ハ音まで[つまりテノールの音域]を充実した声で、過不足なく鳴らせるようになりたい。とりわけ、チェンジ付近はガッツリと!

 チェンジ付近はだいぶ危なげなくなりましたし、下の方の音(下一点イ音)も自分基準ではOKですが、上の方はどうもねえ…。一年かければ、二点ハ音(つまりHi-C)までいけるかなあと思ったのですが、実際は一点ト音(五線の上のソ)まででした。

 一年かけて、音域は上に全音一個分だけ広がりました。これは進歩としては、速いのでしょう? 遅いのでしょうか? でもまあ、全音一個分でも音域が広がったのだから、良しということにしましょう。

去年の抱負 3-B)もっと歌がうまくなりたい…音程が甘い!と言われない程度の相対音感を身につけたい。

 音程の甘さ(つまり“音痴度”)は自分では分からないものです。良くなったのかな? 良くなったつもりですが、果たしてどうでしょう。

 あと、自分一人で伴奏と一緒に歌う時の音程と、アカペラで歌う時のそれ、さらに合唱の中に入って歌う時のそれは、みんな違うと思いますが、おそらく“伴奏と一緒”の音程の精度は多少良くなったと思うのですが、他の二つの音程はたぶん、そんなに変わっていないと思います。ま、オジサンはなかなか成長しないのです。

去年の抱負 3-C)もっと歌がうまくなりたい…イタリア古典歌曲を10曲程度、レパートリーに増やしたい。

 (自分基準の)レパートリーは増えていると思いますが、数えていなかったので、何曲になったかは分かりません。途中から、月次のまとめに曲名を記載するようになったので、来年からは分かりますが、今年はどうだろ?

 おぼろげな記憶から、今年(自分基準で)レパートリーになった曲を列記していきます。

 Amarilli/アマリッリ(カッチーニ作曲)
 Lasciatemi, morire!/我を見捨てよ(モンティヴェルディ作曲)
 Le violette/すみれ(スカルラッティ作曲)
 O cessate di piagarmi/私を傷つけないで(スカルラッティ作曲)
 To lo sai/あなたを知る(トレッリ作曲)
 Sento nel core/胸の悲しみ(スカルラッティ作曲)
 Se Florindo e fedele/フロリンドが誠実なら(スカルラッティ作曲)
 Nel cor piu non mi sento/うつろの心(パイジェッロ作曲)
 Ombra mai fu/オンブラ・マイ・フ(ヘンデル作曲)
 Son tutta duolo/私は悩みに満ちて(スカルラッティ作曲)
 Deh Piu a me non v'ascondete/ああ、もうわたしから姿を隠さないで(ボノンチーニ作曲)」

 こんなものかな? 記憶違いで抜けている曲があるかもしれないし、実は昨年散々歌った曲が混ざっているかもしれないので、正確ではないけれどね。で、数えてみると…11曲! お、10曲を越えたよ。やったね。

 あと、イタリア古典歌曲以外の曲もレパートリーに入れたよ。

 O Sole mio/オー・ソレ・ミオ(ディ・カプア作曲)
 Torna a Surriento/帰れソレントへ(ディ・クルティス作曲)
 Ave Maria/アヴェ・マリア(カッチーニ作曲)
 Ave Maria/アヴェ・マリア(グノー作曲)
 Ave verum corpus/アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト作曲)
 荒城の月(瀧廉太郎作曲)
 早春譜(中田章作曲)
 この道(山田耕筰作曲)
 鐘がなります(山田耕筰作曲)
 かやの木山の(山田耕筰作曲)
 砂山(山田耕筰作曲)
 平城山(平井康三郎作曲)
 通りゃんせ(日本古謡)

 ううむ、自分基準のレパートリーとは言え、頑張ったじゃん、私。全部合わせれば約20曲。趣味のレベルとしては、よくやったと思うよ。うんうん。

 フルートは始めたばかりなので、何かと話題にも取り上げやすくて、ブログの記事も多めで、最近、声楽の影が薄くなっているように思われるかもしれませんが、ところがどっこ、記事にしてないだけで、声楽は結構マジメにやってます。一応私の中では「声楽専科、フルート副科」ですからね。こうやって、歌った曲を列挙していくと、よく分かります。

去年の抱負 4)妻が笑顔で毎日暮らせるように支えたい

 さっきほど妻に「君は今年一年、毎日笑顔で暮らせましたか?」と尋ねたら、「うん」と即答したので、これもOKでしょう。

去年の抱負 5)息子君が人の道を外れず生きて行けるように、より一層厳しく接してゆきたい

 少なくとも、警察沙汰は起こしていないので、たぶんOKだったんじゃないかな?

去年の抱負 6)もう少しブログを続けたい

 どうやら、今日まで続けられました。アクセスカウンターの数も10万ヒットを越えました。ありがとうございます。これも皆様方の応援と私の頑張りのおかげです。皆様、ありがとう。私、ごくろうさま。

 これからもよろしくね。

 さあ、今年は金欠なので、大晦日なのに、毎年恒例のディズニーランドにも行けなければ、湯治の旅にもいけないので、しっかりテレビを見倒すつもりです。紅白? もちろん、見ますってばサ。国民の義務でしょ(違うの?)。

« 今月も長文ですよお[2008年12月の落ち穂拾い] | トップページ | 今年(2009年)の抱負 & お年玉もあるよ »

その他」カテゴリの記事

コメント

本当に充実した一年でしたね!
私も去年の記事を振り返ってみたら結構目標が達成できているような気がしています。

来年もよろしくお願いいたします。

>Ceciliaさん

 いつも応援&コメントありがとうございます。目標達成のコツは達成できる目標を立てること、これですね。夢はね、夢は達成できなくてもいいんです、夢ですから。でも目標はきちんと達成し、評価し、更新されていかなければいけないのです。

 抱負は本来、目標というよりも夢に近いものなのかもしれません。でも、やはり少しは実現化しないとイヤなんだな。たぶん、これは私の性分でしょうね。

 こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

今年はお世話になりましたm(__)m (とはいってもまだ2ヶ月くらいですが) 今年はすとんさんにとって充実したよい年だったのですね。
私にとっても趣味を満喫できて、ブログも始めたので、今までになく楽しい年でした。
すとんさん、毎日かかさずに記事をアップしているのは本当にすごいですね。いつも楽しませてもらっています。来年もよろしくおねがいします。

>こしひかりさん

 ブログの記事を毎日一つずつアップするのは、ブログを始めた当初に決めたルールの一つなんです。すごいと言えばすごいのかもしれませんが、まあ、慣れれば、どってことないです。

 むしろ今は、ブログネタが有り過ぎて、一日に二つも三つも記事を書いてアップしたいくらいなのですが、それをしないためのルールでもあります。

 それにしても、趣味ブログっていいですよね。私は実生活では、声楽にしてもフルートにしても、同好の士という人が身近にいません。だからブログをしていなければ、先生とレッスンをするだけの悶々とした生活になっていたかもしれません。それはそれで楽しいけれど、広がりというものがありません。ブログをしていることで、私の趣味世界も広がり、より楽しく音楽ライフをおくらせていただいてます。

 こしひかりさんと、こうやって話ができるのも、ブログがあったからなのですから。ブログというものを、インターネットというものを、開発してくれた人々に感謝をしたいです。いや、ほんと、マジで。

すとんさんのブログに出会ってフルート吹奏や金魚ちゃん水槽のできごとを読ませていただくのがとても楽しみになりました。
最近のアルタス社のウェブページについてのご感想なども、まったく同感で、ウンウンってうなづきっぱなしで読ませていただきました。アルタス使い♪としては、グローバルさんちの四畳半に間借りしているような遠慮がちなアルタスフルートのラインナップ写真・・・・、見てると歯がゆいですよねえ。
専売契約など難しい問題もあるのでしょうけどせめて八畳ワンルームくらいのスペースを・・・なんとかしてほしいですよね。ってここに書いてもよかったでしょうか。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

新年明けました。おめでとうございます。
去年は息子のことを含め、ほんっとにお世話になりました。
すとんさんがそうであるように、私は私で、この家族を守っていくのが私達の指名だと思います。
今年もいい年になりますよ。きっと。

>ダリアさん、あけましておめでとうございます

 ま、ウェブサイトの件については、言い出したら止まらない私です。グローバルのフルート販売に対する姿勢がよく分かるのは、ジュピターもアルタスもハンミッヒも、同じウェブデザインで同じように見せているという点。

 民主主義的と言えば、聞こえはいいし、別にジュピターフルートに恨みはないけれど、10万円前後の商品と100万円前後の商品(アゲハはそこまで高価ではありませんが、PSとかALとかゴールドとかプラチナとかを念頭に置いてます)を同じように、簡素に見せた場合、高価なモデルを買おうかなと思ってるお客さんがどう思うか、すでに高価なモデルを所有しているオーナーさんがどんな思いをするか、そこのところに、ほんの少しでいいから、想像してくれると良いのに…と思います。

 楽器の出来は他のメーカーに決して負けていないのだから、ウェブサイトでも負けないで欲しいと思います。

 数少ない、アルタス使いとしては、悲しいですよね。

>chikoさん、あけましておめでとうございます

 そう、家族あっての自分なんです。そして、家族を大切にすることが、ひいては自分を大切にすることにつながると思います。またそれは同時に、社会とか国とか世界とかを大切にすることにつながっていると思います。

 そのためにも、まずは目の前にいる、身近な人を慈しみたいです。それが自分の場合、家族なんですね。だって、妻と仲良く生活できなければ、幸せであるとは思えないし、息子がきちんとした生活を送っていなければ、悲しいですからね。

 きれいごとではなく、家族を大切にしてゆきたいと、心の底からそう思います。

 私にとっても、皆様にとっても、今年が良い年でありますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43574250

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はフルートイヤーでした[2008年のまとめ]:

« 今月も長文ですよお[2008年12月の落ち穂拾い] | トップページ | 今年(2009年)の抱負 & お年玉もあるよ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん