お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 長文注意! 落ち穂拾い[2008年11月の落ち穂拾い] | トップページ | 玄米LOVE[11月第5週・通算46週] »

2008年11月29日 (土)

最近のカスミ

 昨日のお約束どおり、今日はカスミさんの入退院の話です。

 秋になり、カミキリ君が星になって空いた水槽は、一時、カスミの別宅となっていました。あんまりにもアレなので、覚えているうちに備忘録として書いておくことにしました。

 まず最初の入院は、8月25日(月)~9月8日(月)の14日間。病院水槽の中は濃いめの塩水でした。

 入院のきっかけは、頭部の赤斑。いわゆる『赤斑病』の最初の出現です。ただし、この時点は「赤斑病」とは分からずに、単に夏のストレスのせいと思っていました。

 ですから、治療は塩水。ストレスには塩水、これ常識。当初は一週間程度の入院の予定でしたが、入院中に尾びれが折れ、大出血するというアクシデントがあり、結果として二週間の入院になりました。え? なぜ尾びれが折れたか? それは“はしゃぎすぎ”。カスミはメイン水槽にいる時は、死んだように大人しいのですが、入院すると、うれしいくて仕方無いのか、そういう楽しげなオーラを全開する子なのですが、楽しすぎてはしゃぎすぎて、ついつい尾びれをケガしてしまったようです。まるで子どもだね。

 本来はもう少し入院させていてもよかったのですが、出血も止まり、赤斑もひとまず消えたので、メイン水槽に戻しました。と言うか、カエデが入院しました。まさか、あの狭い病院水槽に、大型のカスミとカエデの二匹は入らないので、カエデのために、カスミは退院です。この時は、きっとカスミは大丈夫だろうと思っていました。ちなみにカエデは単なる皮膚病でしたので、抗生物質一発ですっきり治りました。

 退院してからは、例によって隅で隠れるように生活していました。実際に隠れていたので、私もきちんと観察できませんでした。ある時、ふと見てみたら、赤斑がとてもひどくなっていたので、またも入院です。

 2回目の入院は、9月25日(木)~10月1日(水)の7日間でした。今度は抗生物質の薬浴です。すぐに良くなりました(さすが抗生物質は効くね)が、養生も兼ねて、少し長めに入院させました。

 もう、すっかり大丈夫と思って、メイン水槽に戻したところ、あっという間に再発。ネットでググったところ、どうやら「赤斑病」らしいことが分かったので、本腰を入れて治療することにしました。

 赤斑病は常在菌(ウィルス)による病気で、ほおっておくと死んでしまうやっかいなものです。基本的には魚自体の体力低下が原因で、元気なら何という事もないウィルスにやられてしまうわけです。さあ、治療、がんばるぞ。

 3回目の入院は、10月6日(月)~10月24日(金)の14日間。今度は抗生物質と塩のダブルで根治を狙いました。ええ、しっかり治療して、治しましたとも。この時は、途中から、皮膚病になったハズキも一緒に入院しました。ま、大小なので、相部屋ってことでお願いしました。あとから入院したハズキが先に退院して、様子も落ち着いたので、カスミも退院です。

 そこでメイン水槽に戻したところ、たった2日で再発!

 4回目の入院は、10月26日(日)~11月9日(日)の14日間。薬浴からいきなり水槽に戻したので、再発をしたのではないかと反省し、今度は治療が終了したら、少しずつ水槽の水に慣らすために、病院水槽の水を[抗生物質+塩]>[塩水]>[普通の真水]>[メイン水槽の水]と順を追って慣らしていきました。

 メイン水槽の水を入れて、発病しない! よし、これならいける。

 さっそくカスミをメイン水槽に戻したところ、今度は3日で再発! それも水槽の隅で腹を上にして倒れ込んでいました。

 入院です。5回目の入院です。今度は方針を変えました。病院水槽には最低限の水(それもただの真水)しか入れませんでした。カスミの背びれが出るか出ないかのヒタヒタです。エアは入れましたが、それだけで3日間[11月12日(水)~11月15日(土)]を過ごさせました。エサ? もちろんあげません。水替え? しません、当然水槽の中は糞尿まみれです。動物虐待? はい、そうです。虐待かもしれません。「入院は不快である」「世の中、甘えて生きていたら、ロクな目に合わない」と言う事を身をもって教えることにしました。

 何しろ「入院大好きカスミちゃん」なので、そのねじ曲がった性癖を治療です。

 退院後は、カスミの性格が変わりました。

 今までは、四六時中メイン水槽の隅に隠れていたのが、退院後はたまに水槽の隅に行く事があっても、基本的には、食卓付近を泳ぎ回るようになりました。エサもちゃんと食べに来ます。他の金魚たちとも群れています。

 赤斑ですか? うっすらありますよ。常在菌が原因なので、完治は無理です。あきらめました。あとは本人の頑張りだけです。とにかく具合が悪かろうがなんだろうが、メイン水槽で頑張ってもらうことにしました。

 病は気から。

 カスミが人間だったら、小一時間ばかり説教してやるのに。

 とは言え、実際にカスミの具合が悪く、油断ならない状態であることは、確か。ただ、甘えはいかんよ、甘えは。入院は、本当に本当の最終手段なんだから…。もっと気をしっかり持たないと、病気に負けてしまうのだからネ。

« 長文注意! 落ち穂拾い[2008年11月の落ち穂拾い] | トップページ | 玄米LOVE[11月第5週・通算46週] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のカスミ:

« 長文注意! 落ち穂拾い[2008年11月の落ち穂拾い] | トップページ | 玄米LOVE[11月第5週・通算46週] »

フォト
無料ブログはココログ