ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 首もとをつかんで、やさしくこちらに引き寄せて、深く口づけをして彼女を温める | トップページ | 金魚のまばたき »

2008年11月21日 (金)

最近の階名唱

 フルートを吹きながら階名を歌っている事は、以前書きましたよね

 で、その時のコメントのやり取りの中で、私が『今更フルートは移動ド…きびしいよねえ。それこそ転調の激しい曲なんかは対応できないよね。でも臨時記号の問題を解決しないかぎり、固定ドも厳しいです。』と書きましたが、最近はその解決につながるかどうか、まだ分かりませんが、一つの試みをしています。

 それは、ピアノで言うところの白鍵の音はドレミで歌い、黒鍵の部分はドイツ音名で歌うというチャンポン方式です。つまり

 ド[フィス チス]レ[エス]ミ・ファ[フィス]ソ[アス]ラ[ベー]シ・ド
                                                      [2008年11月22日 訂正]

 という名前で半ば固定ド風に階名読みをしちゃうことです。もっとも、ドイツ音名の語尾の「ス」は落として歌うことが多いので、実際は、ド・フィ チ・レ・エ・ミ・ファ・フィ・ソ・ア・ラ・ベ・シ・ドだったりします。[2008年11月22日 訂正]

 つまり、ハ長調の「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を四度あげてヘ長調にしたときは「ファ・ソ・ラ・ベ・ド・レ・ミ・ファ」になり、五度あげてト長調にした時は「ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・フィ・ソ」になるわけです。

 変でしょ。自分でもうまくいくか分かりませんが、とにかく慣れないといけないので、フルートのウォーミングアップで半音進行で音だしをする時に「ドー、フィー チー、レー、エー、ミー…」ってやってます。[2008年11月22日 訂正]

 バカでしょう。でも大体音感だから、こうでもしないとフルート吹けなくなっちゃうのよ。困ったものです。

« 首もとをつかんで、やさしくこちらに引き寄せて、深く口づけをして彼女を温める | トップページ | 金魚のまばたき »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

白鍵をイタリア音名、黒鍵をドイツ音名・・・というのは娘達に絶対音感訓練をしていた時に使った方法です。
和音で答えるのですがミギスシ(ミソ♯シ)、フィスラレ(ファ♯ラレ)・・・みたいに。
言いやすいというだけのことですが・・・。

ところでドのあとはチスになると思いますが・・・。

>Ceciliaさん

>ところでドのあとはチスになると思いますが…。

 おっ! 確かに間違えている。さっそく訂正しておきます。

 それにしても、絶対音感訓練と一緒ですか…ほぉ…。では、方法としてはまんざらではないわけですね。

 それと、A♭(G#)はギスで行きますか? 私は圧倒的に、ギスよりアスの方が使用頻度が高いと思って、アスで呼ぼうと思っているのですが、実はアスだとエスと混同しやすくて…。ギスの方が間違いづらいなあと思ってます。絶対音階界(なんてあるの?)では、アスでなくギスなら、私も真似してギスと呼ぼうかしら。

ついでに言うと
ドー、チー、レー、エー、ミー…
になると思います。(笑)

>Ceciliaさん

 へへ、まだ間違えてたね。それだけ、私の中に、ドイツ音名が入っていないと言うわけで…、要勉強ということです。でも書き間違えだけで、普段の練習の時は「ドー、チー、レー…」ってやっているんだけどなあ…。

 どちらにせよ、間違いのご指摘、感謝です。

 こんにちは。とおりすがりですみませんが、そういう変化音には、ちゃんと階名があります。

 ド・ディ・レ・リ唱法(Do,di,re,ri)とも言いますが、これはイギリスで18世紀に開発されたソルミゼーション訓練法を展開させたコダーイの理論の一つです。変化音にも一つ一つ名前をつけます。

 特によく使われるのは、Fi フィ(ファの半音上昇)、Si スィ(ソの半音上昇。このため導音をティ Ti と呼ぶ)、Ta タ(ティの半音下降)などです。(アルファベットには自信なし…)

 変化音全部を覚える必要はないそうですが、主要なものは覚えておくといいそうです。

 これには規則性があるので、もし興味をお持ちになりましたら、調べてみてはいかがでしょうか。


 気になったのは、ドイツ音名のSを発音しないことで、階名の変化音Fiと同じになっていること。何か関係あったら面白いですね~。

>とおりすがりさん

 へえ、ド・ディ・レ・リ唱法ですか? おもしろいですね。昔から皆さん、ドレミで歌うときの半音の扱いに苦労しているというわけですね。

 でも、いわゆる「シ」を「ティ」と呼んで「ソ♯」を「スィ」と呼ぶのは、日本人に馴染まないだろうなあと思います。「スィ」は結局「シ」なるだろうし、「ティ」だって「シ」になっちゃうもの、絶対に。

 ドレミの歌の「シ」の部分の歌詞が、日本語だと「シは幸せよ」なのに、オリジナルだと「お茶はジャム付きパンと一緒に飲むもの」と訳ワカメな歌詞になるのも、いわゆる「シ」が「Si」ではなく「Tea」だからなんでしょうね。

 納得、納得。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/43174078

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の階名唱:

« 首もとをつかんで、やさしくこちらに引き寄せて、深く口づけをして彼女を温める | トップページ | 金魚のまばたき »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん