ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« サクソフォーンはやっぱりすごい | トップページ | 鼻と口の両方から、息は吸えますか? »

2008年10月 7日 (火)

前歯を見せましょう

 イタリア語をはじめとするヨーロッパ語系の母音は、日本語の母音とどこかが違う。先生は色々と説明してくれたけれど、要は母音の響きをアゴの上の方から出すか、下の方から出すかの違いじゃあるまいか。あ、この表現は、音声学的に正しいかどうかは責任もちませんよ。でも、なんとなくそんな感じ。

 結論。アゴの上…つまり鼻の下あたりから声が出れば、声楽的な母音の響きになる。そこを意識して発音すると、かなり良い。おそらく、声楽で普通に言う「響きを上にあげる」と同じことではないかしら。

 鼻の下あたりを意識する…ひとまず、鼻の下に指を当てて歌ってみる。いい感じ。まるで『カトちゃんペッ!』だね、これじゃあ。

 この『カトちゃんペッ!』はなかなか良いのだけれど、欠点は、これをしながらは歌えないということ。だから、鼻の下に指を置いている時は良いのだけれど、一度鼻の下から指を離すと途端にダメになる。ほら、何しろ私、日本人だから。すぐに母音が下がっちゃうんだよね。

 そんな時、キング先生が「上の前歯を見せて歌ってください」と言いました。いわゆる、スマイルフェイスだね。

 実は最近の私、口を無理に(笑)縦開きにしようとするあまり、下の前歯を見せて歌っていました。これはカッコわるい。これでは「口を縦開き」というよりも「口の下部を開く」って感じです。これじゃあ、母音の響きも下に下がってしまうというもの。口は自然に縦開き、母音の響きは上アゴから…。これは今の口の開き方では無理というもの。

 そこで口を縦に開くことは少し横に置いて、前歯を見せるようにしてみました。ただし、前歯を見せると言っても、いわゆる口角を上げるのは、我が門下では御法度なので、口角を下げたまま前歯を見せるには……上唇をめくり上げる…のですよ。

 いやあ、上唇をめくると、どうしても神経が上唇に、つまり鼻の下にいきます。これは鼻の下に指を置いたのと同じ状況です。

 歯を見せるために、上唇をあげると、母音の響きが上にいく。いいね、これ。

 しばらくは、前歯を人々に見せつけていくことにしました。これが癖になり、懸案の母音まで上から響くようなら、良いことなのですから。

 ガンバ、ガンバ。

« サクソフォーンはやっぱりすごい | トップページ | 鼻と口の両方から、息は吸えますか? »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

とても面白い表現ですね。
学生時代はちょっと音声学をやっていたのですよ。発音を聞き取って国際音声記号で書き表したり、反対に国際音声記号を見て発音したり・・・・・というようなことを研究室でやっていました。
日本語の母音は、一般的に見る英語などの音声記号とは別の記号で表されるものがあります。明らかに別の音なんですよね。でもその辺の理解と、実際に発音することが難しかったことを思い出しました。

>ねぼけうさぎさん

 私のブログの記事は、基本的に私自身のための備忘録なので、時折他人が見ると「???」って記述がありますが、今日の記事もたぶんにそんな記事ですね。「アゴの上から声を出す」とか「カトちゃんぺっ!」とか「歯を見せる」とか、声楽発声のアドバイスとしては、???ですが、まあ、私自身はこれで十分分かるんですよ。

 日本語とヨーロッパ語の母音って、明らかに違いますね。でも母音を発音し分けるというのは、なかなかに難しく、いついつ母国語の母音で外国語もしゃべったり歌ったりしがちで、それが何か違和感のようなものにつながってゆきます。いわゆる“カタカナ英語”というのは、それの極端なものなのではないかと思ってます。

 きちんと勉強した方から見ると、なんともはや…って文章も多いでしょうが、そこは素人の戯言ってことで、笑って済ませていただけると感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/42705091

この記事へのトラックバック一覧です: 前歯を見せましょう:

« サクソフォーンはやっぱりすごい | トップページ | 鼻と口の両方から、息は吸えますか? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん