ひとこと

  •  ついにヤマハがJASRACを訴えたようですね。ヤマハの心情は理解するけれど、果たして裁判は勝てるのか? まあ、ゆるゆると観察していきたいと思います。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« もっと、ますます、アッチョンブリケ! | トップページ | アゲハはツンデレなフルートです »

2008年9月18日 (木)

アゴをブルブル

 先日のレッスンでキング先生におもしろいことを言われました。それは発声練習の時に「アゴを動かしてブルブルさせてください」

 ??? 具体的に言うと、声を出している時に、アゴを左右に動かして声を震わせると言う奴。別に目的は声を震わせてることではなく、発声の最中でもアゴが自由に楽に動けることを確認しましょうということです。

 アゴが自由に楽に動ける? つまり、アゴの力を抜いて楽に発声しましょうってことです。逆に言うと、アゴに不必要な力が入っていると、アゴがカチンコチンになって、うまく動かないわけです。

 これ、おもしろいですよ。普段、アゴなんて左右に動かさないから、不器用な自分が発見できるし、何よりも、アゴに力が入っていると、本当に動かないから不思議。

 先生がおっしゃるには「いつもいつもやる必要はないけれど、たまにやってみると、アゴの力が抜けているか確認できますよ」とのこと。

 実際に、アゴに力が入っていると、なんか硬くて余裕のない声になってしまいますが、アゴの力が抜けていると、柔らかい聞きやすい声になるから不思議です。

 ちなみに私はアゴに力が入りやすいタイプ。常に入っているわけではないのだけれど、口の中を大きく開けようとした時に、うっかりアゴに力が入ってしまうことがあります。要注意要注意。

 とにかく,アゴに限らず、身体のどこかに無駄な力が入っていると、声は硬くなってしまいます。ただし、顎関節症の人は無理にやらないこと、とも先生おっしゃってました。顎関節症の人には、確かにコレ、キビシイよね。

 と言うか、顎関節症の人って、声楽そのものをやるのがキビしくないか? それとも、口が開かなくても、口の中が開けば問題ないから、関係ないのかな? プロの声楽家に顎関節症の人っているのかしら? 喘息のマラソンランナーってのもいるから、案外、顎関節症のオペラ歌手なんて、いたりして。 思わず脱線。

 アゴをブルブルは、たまにやるとおもしろい練習法(確認法?)です。

« もっと、ますます、アッチョンブリケ! | トップページ | アゲハはツンデレなフルートです »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。

ということはテノールは顎を下に落として口を大きく開けるのですか?私が習ったときは口はあまり開けずに(解剖学的に顎を下に落として大口を開けると喉も下がるとのこと。)耳の付け根から頭がい骨の奥に向かって(これは気持ちの問題)深堀りするよう(うーん、うまく言葉に表せない)に開けろと習いました。先日の公開レッスンでも口を開けすぎるなと注意されてる生徒さんもいましたしね。

この辺のソプラノとテノールの違いはやっぱり松尾先生に聞いてみなきゃいけないかも。

>あゆみさん

 実は以前「アゴの開け方、落とし方 または 男声と女声の違い」(http://stone.tea-nifty.com/blog/2008/02/post_dd75.html)という記事を書きました。これが合っているかどうかは、未だに自信がないのですが、確かに男女でアゴの開き方が違うような気がしています。

 もっとも、これも、性別による違いなのか、流派による違いなのかは、よく分かりませんが、でも、おおむね男性…、女性は…って、傾向があるような気がします。

 骨格も違えば筋肉量も違うのですから、男女でやり方が違っても全く不思議ではないと思います。やり方が違っても、結果が良ければそれで良いのが歌の世界だと思いますし。

To Ston & Ayumi
顎の脱力は歌唱に於いて大変重要な問題ですが、顎の落とし方にこだわると、かえって自然な動きが出来なくなる事態がおこります。むしろ正しい発音を心がける事が顎の脱力に繋がるかも知れません。
顎の落とし方については「美声学」第5章で触れていますが、顎を落とした時に下歯が見えるのがひとつの目安となるでしょう。
女性は男性に比べて顎を落とす意識よりも口腔を拡げようとしますし、男性は顎を落として口を大きく開こうとするのは、女声はVoce di testaつまり頭声から声門閉鎖を行おうとするのに対し、男声はVoce di petto、声門閉鎖しやすい胸声から高音域を作ろうとする違いではないかと考えられます。
松尾篤興

>松尾さん

 アゴの落とし方が重要なのではなく、アゴの脱力と正しい発音が肝心なのですね、肝に銘じておきます。私の先生もアゴの落とし方を注意されたことはありません。口(ノドも含む)を開くことを中心に注意されます。枝葉末節にこだわって、分けの分からないところに行ってしまうのが、私の欠点なんです(笑)。

 男女でアゴの開け方が、結果として違うのは、常用する声域の違いから異なった方法論を取ろうする事から生じるわけですね、納得です。しかし、これにしても、この開き方にこだわったら間違いで、まずは正しい発音があり、そこを目指すべきなんだろうと思いました。

さっすがー、松尾先生!ワタシは先生のファンです。こう明確に理論的に説明されるとうれしいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/42507361

この記事へのトラックバック一覧です: アゴをブルブル:

« もっと、ますます、アッチョンブリケ! | トップページ | アゲハはツンデレなフルートです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん