ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« クイーンですよ、皆さん[9月第3週・通算36週] | トップページ | これからフルートを買おうと思っている人へのアドバイス その1 »

2008年9月22日 (月)

コンコーネ50番を高声用にする

 私は自宅練習でコンコーネ50番を歌っています。別にチェックする人もいないので、自分で納得したら、次に進むというスローペースで一年ほどやって、16番まで来ました。

 ずっと中声用の楽譜で歌ってきたのですが、最近、なんか違うような気がするようになりました。違うというのは、コンコーネを歌っている時の、声の響きが自分が楽に出せるものと違うんじゃないかな…っ感じですか? ざっくばらんに言うと、自分には全体的に低めな感じに思えるようになりました。

 そこで思い切って、コンコーネを高声用に切り換えて、また最初からやり始めました。。

 高声用と言っても、今までの中声用とは、せいぜい2~3度しか違わないのですが、歌ってみると、全然違いますね。高声用の方が楽に歌える感じです。楽というと語弊があるなら、力まずに脱力を感じながら歌えます。どうしても中声用だと最高音付近になっても、中途半端な高さのため、低めの声のままムリムリに高く出してしまうので、力みが避けられません。しかし、高声用だと五線の真ん中あたりから、軽く軽く歌うように心掛けて上にあがってゆかないといけないので、高音部になっても、かえって力まずに済みますし、楽なんです。そういう意味では、高声用の方が自分に合っている感じです。

 「低い音をしっかり出す」と「高い音を軽く出す」を無意識に使い分けられるようになったらグ~ッなんだろうなあ…。今は「低い音を~」は何となくできているような気はするけれど、「高い音を~」が全然ダメ。ましてや無意識の使い分けなんて皆無。その点をコンコーネをやることで、自分のものにできたらいいなあと思う。

 それに高声用だと、チェンジ付近の音(ファ♯とかネ。ああ、この音には苦労したなあ…)も出てくるので、それらの音の発声練習にもなるし、まあいい感じ?

 ちなみに伴奏は、フォンテックの「コンコーネ50番[中声用]」を「DARU Pitch Shifter」を使って移調したものを使ってます。ほんと、このフリーソフトにはお世話になってます。このソフトについては、こちらで記事にしました。

« クイーンですよ、皆さん[9月第3週・通算36週] | トップページ | これからフルートを買おうと思っている人へのアドバイス その1 »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、はじめまして。
以前「YAMAHAがベーゼンドルファー買収」の詳細を知りたく、検索でこちらにお邪魔してからずっと楽しく拝見させていただいております。

(記事と関係ないコメントで申し訳ありませんが)
お探しのThe Flute 別冊22号ですが、出版元を見てもまだ発売にはなっていないようです。
ttp://www.alsoj.com/flute/
上記ページの右上の隅ですね。
21号はバックナンバーのページ
ttp://www.alsoj.com/SHOP/12025/27548/list.html
で買えるようですので、22号は鋭意編集中ではなかろうかと。

私自身は小4でキカイダー01にあこがれてトランペットを吹き始め、中学でテューバに転向してから大学卒業まで吹いていました。
すとんさんの声楽やフルートのレッスン、世の片隅で「頑張れー」と密かに応援させていただいております。
これからときどきお邪魔させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

>sigma0201さん、いらっしゃい。

 別冊22号はまだ発売してない可能性があるんですね。確か9月中旬に発売予定(具体的な日にちは覚えていないのですが、本誌の方に明記してあったと思うのです)だったのですが…。どうりで楽器店の店員が要領の得ない受け答えをしていたと思いました。ありがとうございます。

 実は私もキカイダーにあこがれました。もっとも、01でなくジローの方の影響で、フォークギターでしたけれど…。

 トランペットはもちろんですが、チューバとはかっこいいですね。私、個人的に大きな楽器が好き(笑)なんです。もちろん、チューバにあこがれます。もっとも音量の問題があるので、なかなか個人では手が出しづらいです。それで、音量の少ないフルートに行ったという部分があります。

すとんさん、はじめまして??だったかしら??少し前からこちらへお邪魔させていただいています。私もフルート吹きです。しかも、「いつかは歌を、そしてアマの合唱団で歌ってみたい」と願っているのですが、なかなか実現しません。おまけに最近は「走る」ことに年甲斐もなく夢中になってしまって。フルートは10年選手ですが、レッスン休止中。歌はいつの日か、ランニングは1年にないにフルマラソン完走を目指しています。

「フルート」と「歌」と「ランニング」の三兎を狙う愚か者ですが、これからも立ち寄らせていただきます。どうぞよろしく。

>Homeward Boundさん、いらっしゃいませ。

 ハンドルネームはS&G由来ですね。私はポール・サイモンのギターテクニックと二人のみっちりしたハーモニーの大ファンでした。

 オールド・ヘインズ、桜井GS、総洋銀のオールド・フレンチ…。私、全部知りません、って、すごい楽器をお持ちなんですね。私のアゲハなんか、裸足で逃げ出すクラスばかりですな。

 特に総洋銀のオールド・フレンチって、どんな鳴りをするんだろう。最近のフルートでは、洋銀のハンドメイドってありませんものね。洋銀のハンドメイド・フルートって、どんな感じなんだろ。想像できませんよ、これ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/42546139

この記事へのトラックバック一覧です: コンコーネ50番を高声用にする:

« クイーンですよ、皆さん[9月第3週・通算36週] | トップページ | これからフルートを買おうと思っている人へのアドバイス その1 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん