ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 無人島に持ってゆきたいCD ベスト3(オペラ編) | トップページ | 無人島に持ってゆきたいCD ベスト4(器楽系クラシック編) »

2008年8月12日 (火)

無人島に持ってゆきたいCD ベスト3(声楽曲編)

 今回のベスト3は声楽曲編です。前回のオペラ編が割とまともな、八方美人的な選択だったけれど、今回はちょっと違うかもね。

 では、さっそく始めます。

ベルゴンツィの「トスティ歌曲集」
   作曲:トスティ
   テノール:カルロ・ベルゴンツィ
   指揮:エドアルド・ミューラー
   管弦楽:ローマ室内管弦楽団

 私の持っているディスクも輸入盤ですが、アマゾンのも輸入盤みたいです。このディスクの国内盤ってあるのかしら?

 それはともかく、これいいですよ。トスティの歌曲は多くの歌手が歌ってますし、またそれらはそれぞれに良いところを持ってます(だから販売されているのですしね)。このディスクの良いところは、中庸な演奏ってところかな。過度に声を響かせずに、過度に歌い込まずに、過度にヒロイックにならず、かと言って、過度にきちんとせず、過度にロマンチックに流れない。歌を以て歌わせる。そんな感じの演奏です。ベルゴンツィを聴くというよりも、トスティを聴くって感じです。

 もしかしたら、ベルゴンツィという人は、テノールなのに、知性派なのかしら?

ガーディナーの「ハ短調ミサ曲(グレートミサ)」
   作曲:モーツァルト
   指揮:ジョン・エリオット・ガーディナー
   管弦楽:イギリス・バロック管弦楽団
   合唱:モンテヴェルディ合唱団

 モーツァルトの声楽曲を一曲というなら、普通はレクイエムをチョイスするでしょうが、私はグレートミサです。と言うのも、私が一番最初に歌ったクラシックの大曲が、このグレートミサだからです。そして、このディスクは、その時に勉強に使った思い出深きディスクなのです。もう、本当に隅々まで聴き込みました。

 グレートミサもレクイエム同様、未完成品を後世の作曲家や研究者が補筆したものが通常演奏されます。このディスクはシュミット版という、ちょっとマイナーな楽譜に、指揮者のガーディナー自身がさらに加筆修正したもので演奏してます。

 グレートミサはレクイエム同様、色々な方が楽譜の校訂をしていますので、様々なバージョンがあります。お好きな方は、レクイエム同様、色々なバージョンで聴き比べをするのでしょう。私も、実際、レクイエムに関しては、色々なバージョンで聴き比べをしてます。しかし、このグレートミサに関しては、このディスクオンリーな私です。鳥が初めて見た動くものを母親と認識するのと同様、私にとって、このディスクのグレートミサがグレートミサであって、他は「ちょっと違う」のです。つまり、これが定盤で他はいらないって感じです。

 このディスクのどこが魅力かと言うと『モンテヴェルディ合唱団が超絶!』 この一言かな。

リャベーツの「スタバト・マーテル
   作曲:ペルゴレージ
   指揮:ベズロードナヤ
   管弦楽:ヴィヴェルディ室内管弦楽団
   男声ソプラノ:リャベーツ
   カウンターテナー:カガン=パレイ

 ペルゴレージの「スタバト・マーテル」は、私にとって、お気に入りの音楽のなかでも特別扱いの、本当の本当に好きな曲です。ここにあげたディスクはおそらくもう二度と手に入らないのではないかと思ってます。と言うのも、ロシアのマイナーレーベルである、メジクニーガという会社のCDだからです。当然、アマゾンでは取り扱ってません。

 なぜそんなチョ~マイナーなレーベルのCDを持っているかと言うと、15年ほど前のある日、横浜のとても小さな輸入レコード専門店(すでに廃業してます)の片隅の売れ残りの大処分段ボールの中に転がっていたのを、なぜか、たまたま見つけて買ってしまったからです。

 なぜ買ったのかは、今でも分かりません。私は普通、その手のマイナーレーベルには見向きもしない人間なのですが…その時は一体どうしたことなのでしょう。さらに言えば、ウチに帰って聞いてみて驚いた。モロ、私のツボに直撃の演奏なのですよ。他にもスタバト・マーテルのディスクは持っているのに、このディスクに一発ノックアウトって感じでした。それ以来、スタバト・マーテルと言うと、このディスクでしか聴きません。

 なんか一目惚れって感じのディスクなので、どこが素晴らしいとかは書けません。すべてが素晴らしいのです。

 というわけで、今回の声楽曲編は、オペラ編と違って、定盤というより、オタク趣味な感じのチョイスかな?

 明日は器楽系クラシック編です。

« 無人島に持ってゆきたいCD ベスト3(オペラ編) | トップページ | 無人島に持ってゆきたいCD ベスト4(器楽系クラシック編) »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

その「スタバト・マーテル」、聴きたい~~!!
私もお気に入りの曲なのですが、最近ブログで交流ある方が発表会で歌われたそうで、いいなあ・・・と思っていました。
他にも最近カウンターテナーが歌っているCD(男性だけで歌っていたと思う)を紹介していただいて、ちょっと気になっています。
ペルゴレージは「奥様女中」も好きです。

>Ceciliaさん

>最近ブログで交流ある方が発表会で歌われたそうで

 私はもちろん歌ったことはありませんが、歌わせたことはあります。校内合唱コンクールって奴です。第1曲から直接終曲のアーメンへつなげた、超短縮版です。よかったですよ。

 「奥様女中」は私も好きです。全曲を舞台で見ることはなかなかできない珍しいオペラですが、私はなぜか塩田美奈子さんの舞台で拝見したことがあります。馬鹿馬鹿しいコメディなのに、曲が美しくて、その対比がある意味すごくおもしろかったです。

ベルゴンツィのCD,実は持ってますよ、私。
私はイタリア古典歌曲しか歌った経験がなくて、トスティは伴奏しかしたことがないんですが、それでも聴いていてすごく懐かしかったし、いいアルバムだと思います。
落ち着いて聴けるっていう感じかな。
実はこれ、母のお花の先生の遺品から譲っていただいたものなのですが、なぜ先生がこのチョイスをされたのか、私には分かりません。(譲ってもらったものの中には、マリア・カラスのものが結構あったので)音楽専攻じゃないはずなんだけどなぁ。

>ことなりままっちさん

>落ち着いて聴けるっていう感じかな。

 でしょでしょ。トスティの歌曲集って、本当にたくさんの歌手が歌っているんだけれど、多くはトスティをダシにして、自分ばかりをアピールする録音が多くて多くて…。聴いていると、トスティよりも歌手ばかりに注意がいって。まあ、それは必ずしも悪いわけではないけれど、純粋にトスティを味わいたい時は、このベルゴンツィ盤がお薦めなわけです。

 ベルゴンツィはオペラで主に活躍した歌手だけど、この手の歌曲もほんと上手な歌手だったんだと思いました。

 きっと、そのお花の先生、いい趣味をしていたんだと思いますよ。

こんにちは、初めて書き込みさせていただきます。bonnjour(これはMixi名なんですが、行きがかり上、marie_therese77という昔のハンドルネームと併用してます)と申します。Ceciliaさんのブログでよくお名前を拝見しておりますが、それとは別に以前、「声楽」で検索してこちらのブログを発見し、それからちょくちょくお邪魔させていただいておりました。

今回紹介なさっている「スタバト・マーテル」ですが、「カウンターテナー:カガン=パレイ」って、スラヴァのことですね。オレグ・リャーベツとスラヴァの組み合わせなんて、ワクワクしますね。幻の名盤のようですが、すとんさん同様、この曲が大好きな私としてはぜひ聴いてみたいところです。

私はこの曲を、カウンターテナー&ボーイソプラノという妖しい組み合わせ(というか、限りなく変態チック)で歌ったものを偏愛しております。参照URL:http://bonnjour.exblog.jp/9351333/

以上、腐女子のたわごと、失礼しました!

>いらっしゃいませ、bonnjourさん

>「カウンターテナー:カガン=パレイ」って、スラヴァのことですね。

 え? そうなんですか? 全然知りませんでした。…(急いでジャケットを確認する)…たしかにこのカウンターテナー、スラヴァに似てるかもしれない。でも、かなり若い(笑)けど…。

 検索してみたら、確かにスラヴァの本名はカガン・パレイですね。いやあ、知らなかったけれど、たしかにこれは「幻の名盤」かもしれない。すごいお宝を持っていたんだな、私。

>すとんさん同様、この曲が大好きな私としてはぜひ聴いてみたいところです。

 リアルな知り合いだったら、我が家にお呼びして鑑賞会を開くところです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/42136464

この記事へのトラックバック一覧です: 無人島に持ってゆきたいCD ベスト3(声楽曲編):

« 無人島に持ってゆきたいCD ベスト3(オペラ編) | トップページ | 無人島に持ってゆきたいCD ベスト4(器楽系クラシック編) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん