お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« フルートの試奏をしてきました その2 | トップページ | お腹の支えについて、ちょっと考えた(あるいは迷った) »

2008年8月 6日 (水)

にゅうおいらんずを聴きました

 実はフルートの試奏をした日は、別にフルートの試奏に東京に行った訳ではなく、本当の目的は、にゅうおいらんずを聴きに行ったのでした。

 にゅうおいらんず?

 はい、“にゅうおいらんず”です。ジャズバンドです。ディキシーランドジャズのバンドです。ライブ会場は浅草演芸ホールです。

 演芸ホール?

 はい、いわゆる寄席で、八月上席公演の大喜利として、にゅうおんらんずが出演します。

 混乱しました? そうでしょうねえ、知る人しか知らないバンドですもの、にゅうおいらんずって。私も数年前にその存在を知って以来、ぜひ聴きたいと思いつつも、なかなか日程が合わず、今年ようやく聴くことができたというくらいのバンドですもの。

 メンバーには有名人がいますよ。

 三遊亭小遊三(トランペット)、春風亭昇太(トロンボーン)、三遊亭右紋(司会&バンジョー)、三遊亭円雀(クラリネット)、桂伸之介(電子ピアノ)、ベン片岡(ベース)の六人のメンバーにゲストドラマーとしてプロの方が日替わりで参加してます。ちなみに本来のドラマーは神田山陽です。

 そうです、噺家バンドです。笑点にご出演の方もお二人いらっしゃいます。なあんだ、お笑いさんの隠し芸か!とは思わない方が良いです。と言うのも、彼ら、今年でデビュー12年の活動歴がありますし、あれで結構コンスタントに活動しているんです。では、プロ並の凄腕バンドなのかと言うと、それも違う。いや、一応入場料を取っているわけだから、プロのバンドと言えばプロなのだけれど、腕前は割と普通なアマチュアバンドレベル。演奏レベル的にはそれがウリになるレベルではないです。

 では何かウリなのかと言うと、楽しさおもしろさ。もちろん噺家さんのバンドなんだから、コミカルなトークはたっぷりありますが、演奏は至ってシリアス。そのシリアスな部分が楽しくておもしろいのです。

 なんて言うのかなあ…演奏者たちが本当に音楽が好きで、愛していて、正面から取り組んでいて、それが客席にまで伝わってくるんですよ。だから、聴いている方も楽しくておもしろくなっちゃうんですよ。

 決して、落語的なお笑いの部分だけで楽しませてくれるのではなく、演奏も十分楽しいバンドなんです。

 興味のある方は、DVDが発売されてますので、チェックしてみてください。実はこのDVD、会場で売っていたので、メンバーのサイン付で購入しました。ちなみに小遊三師匠には息子君の名前まで入れてもらいました。家宝です。DVDの中身は、当日のステージとほぼ同じです。メンバーの腕前はDVDより上手くなってましたが…。

 上手くなっていた…。そう上手くなっているんですよ。このバンドが私の気を引く理由の一つが、花形プレイヤーである金管の二人(小遊三と昇太)に、実は楽器経験がなく、にゅうおいらんず結成時に楽器を買ってきて、初めて楽器に触れ、練習を始めて、今日に至るというわけなんです。つまり、音楽が好きで好きで、でも子どもの頃は色々な事情があって出来なくて、大人になってようやく楽器を買ってバンドを組みました…ってパターンなんですね。だからこそ、伝わる“何か”があるんです。それにしても小遊三師匠は五十の手習いですよ、すごいですねえ。

 実にほほえましいバンドです。ちなみに金管の二人以外は、なかなか侮れない演奏をします。ドラムはプロだからともかくとして、ベースの方は実は噺家さんではありません。落語芸術協会の事務員だそうですが、元はプロのベーシストさんだそうです。そりゃ演奏も安定しているはずだ。

 このリズム隊の磐石のビートの上に、メンバーたちの音が載ります。

 他のメンバーたち。ピアノの伸之介やバンジョーの右紋、クラリネットの円雀は若い頃から、楽器をやっている人たちです。そりゃあ、上手だよね。その彼らと、アマチュアむき出しの金管二人の対比がまた楽しいんです。他のメンバーがクールに演奏している中、金管の二人が実に熱く演奏してます。

 クール。そう、まさにクールなんです。特に円雀師匠のクラリネットは、素敵にクールです。そして実はかなり上手いです。きちんとジャズしてます。金管の二人がノリでババンと派手にやっている裏で、地味に細かいところをキチンキチンと押さえて、ノリノリに演奏しているのがクラリネットなんです。あのクラリネットがあるから、単なる合奏ではなく、ジャズになっているんだと思います。

 右紋師匠のバンジョーは、またいい味出しています。ピアノの伸之介師匠は…調子が悪かったみたいです、ピアノが。しかし噺家さんですよねえ、楽器の調子が悪くて音が出なくても、それで笑いを取りにいくところはなかなかと思いました。

 いやあ、楽しかったなあ、にゅうおいらんず。きっと来年の八月上席も浅草演芸ホールでライブをするだろうから、また来年も聴きに行けるといいなあと思う。それに彼らのライブを聴きに行くと、もれなく彼らの落語も聞ける。これは一挙両得だねって、そりゃあ、本末転倒な話だねっと。

« フルートの試奏をしてきました その2 | トップページ | お腹の支えについて、ちょっと考えた(あるいは迷った) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にゅうおいらんずを聴きました:

« フルートの試奏をしてきました その2 | トップページ | お腹の支えについて、ちょっと考えた(あるいは迷った) »

フォト
無料ブログはココログ