ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 「アッチョンブリケ」は美声になるための魔法 | トップページ | 残響音を聞く様に心がける »

2008年6月25日 (水)

天然ヴィブラートが付きます

 先日、フルートの自宅練習中に気づいたことがあって、それは「魂込めて笛を吹くと、自然と音にヴィブラートが付く」と言うこと。これには、自分のことながら、驚いちゃいましたねえ。だって、ヴィブラートとよ、ヴィブラート!

 フルート系のブログを読んでいると、フルートでヴィブラートをかけるのって、とても大変(難しいわけではないらしい)みたいですね。多くの初心な笛吹さんたちがネットで悲鳴あげてます。それくらい大変みたいです。

 歴史的に見ても、20世紀の大フルーティスト、マルセル・モイーズという人が普及させたテクニックみたいで(間違っていたら教えてください)、それくらい長いフルートの演奏史の中でも、割と最近導入された現代的なテクニックらしいのですが、今ではそれがあって当たり前くらいに普及してしまったので、みなさん苦労するという、ちょっとなんだなあ…的なものらしいです。

 だいたい、トレバー・ワイの上手い人向けのフルート教本の4巻目(全6巻)になって、やっと出てくるテクニックらしいです。ま、もっとも、「らしいです」と書いたの、私はまだそんな難しそうな教則本は見たことないからなんですけど(笑)。

 とにかく、フルートにおけるヴィブラートというテクニックは、面倒くさい上に歴史的にも新しい技術です。それなのに、現代フルートにおける必須テクニックなので、多くの若い笛吹きさんたちが、ぶち当たって困っている、大きな壁のようなものらしいのですが…。

 それが、魂入れて笛吹くだけでできちゃったから、自分でも驚いちゃったわけです。もちろん、自慢話でエッヘンっと言うために書いたわけではありません。それにできたと言っても、美しくできたというわけでもありませんので、その辺も誤解されませぬように。

 ま、初心者がフルートをかまえて息を吹き込んだら、いきなり音が出ましたと同じレベルで、その初心者が何気に曲を吹いていたら、いきなりヴィブラートがついてました、程度の話です。

 やっと、本論です(笑)。短いです(さらに笑)。

 ヴィブラート、付きます。どんな状況で付くかというと、熱心に旋律を歌わせようと魂を込めて演奏すると思わず付きます。体的には、腰が低くなり、胸がガバっと開いて、思わず下半身に力が入っている状態? おおげさに言うと、まるで演歌歌手がサビの部分でコブシをまわしている時のような姿勢? クラシック的にはあまり美しくないかもしれませんが、まあ、そんな感じ。おそらく、背中の筋肉を思いっきり下に引っ張っているのだと思います。

 つまり、体の使い方としては、たぶん、歌で声を張る時と同じような感じになると、笛にヴィブラートがかかるような気がします。そういう意味では、体のどこで笛の音にヴィブラートをかけていのるかと言うと、横隔膜? しっかり息を背中で支えると、自然にヴィブラートが付くような気がする。

 ヴィブラートのかけ方として、合ってますか?>笛の上級者のみなさま方。

 これが正解だとしたら、まさに“声楽の効用”の一つだと思う。だって、私のヴィブラートって、声楽の練習をしている過程で手に入れたものだから。そのヴィブラートが知らず知らずのうちに、笛にも転用されているわけで、なんか得した感じ?

 もっとも私の場合、問題はヴィブラート以前に、普段の棒吹きの音があまり美しくないのがダメね。音は出るけど、かすれていたり、息もれしていたり、音高で音色が激変したり、クチビルがブーって鳴ったりと、色々とクリアしなけりゃいけない問題山積みなんスけどね。そこをクリアしなけりゃ、いくらヴィブラートがかけられても、意味ないしね。

 とにかく、毎日笛を吹こう。そうすれば、普段の棒吹きの音もマシになってくるだろう。でなければ、せっかくのヴィブラートも無駄になっちゃうし。

« 「アッチョンブリケ」は美声になるための魔法 | トップページ | 残響音を聞く様に心がける »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/41635143

この記事へのトラックバック一覧です: 天然ヴィブラートが付きます:

« 「アッチョンブリケ」は美声になるための魔法 | トップページ | 残響音を聞く様に心がける »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん