ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« サビとコーラス | トップページ | カスミさんは江戸時代の金魚です »

2008年5月23日 (金)

高声用「オンブラ・マイ・フ」が歌えちゃいました

 いやあ、とてもうれしいのであ~る。表題どおり、高声用の「オンブラ・マイ・フ」が歌えちゃったのである!!

 もちろん、完璧ではないし、たぶんキング先生の前で歌ったら「惜しい!」と言われるかもしれないけれど、でもいいんだ、歌えた(喜)! 私の中では、十分歌えたのだ!(激喜)

 高声用「オンブラ・マイ・フ」を何としても歌ってやる~と宣言したのが3月4日のこちらの記事。もうすでに課題曲も「オンブラ・マイ・フ」から「カロ・ミオ・ベン」に変わってしまったけれど、それでも中声用は息のコントロールのチェックも兼ねて、毎日歌っておりました。でも、高声用は最近はほとんど歌っていませんでした。

 あの宣言以来、しばらくは高声用「オンブラ・マイ・フ」を試みておったわけですが、まあ、9割方はOKなんですが、最後の最後で6度(うわ、いやらしい)上に跳躍して、高音のGに行って伸ばす箇所が、どうしても明らかに届かなかったり、声が裏返ったりして、不満足だったわけなのです。

 そんなこんなで苦闘しているうちに、高音禁止令が出て、それ以降は、自宅の練習でも無理に高音を出さないようにしてました。すっかり高声用「オンブラ・マイ・フ」と遠ざかっておりました。

 最近の毎日の発声練習では、無理なくGが出るようになり、時折A♭に挑戦している私なのですが、ふと高声用「オンブラ・マイ・フ」の事を思い出して、久しぶりに歌ってみました。

 そしたら、なんと、だいぶ怪しいものの、歌えちゃったのです。すっげえーぞ、オレ。

 歌えたとは言え、例の箇所は、たぶん、ちょっと低いと思う。正直届いていないかもしれない。はっきり言えば、ぶら下がっていたと思う。でも、あの音はF#というよりはGでしょう。それに何と言っても、ひっくり返らなかったし、背中もつぶれなかった。

 かなりの下手下手でダメダメだけれど、生まれて始めて『高声用』の楽譜で曲が歌えた。とても、うれしい。あんまりうれしいから、しばらくは歌わないでおこう(笑)。だって、また気軽に歌って、もしダメダメで、声が裏がえったり、背中がつぶれたりしたら、悲しいじゃん。いい気持ちのまま、数日を過ごさせてもらおうと思う。

 ああ、うれしい。なんか、身体の中が厚く、もとい、熱くなるね。厚くなったら、単なるメタボだけど、熱くなるのは、身体全体で喜んでいるからだね。とにかく、うれしい。生きてて良かったと、冗談ではなく、そう思う。私の中のテノールの血が煮えたぎっているのが、よく分かる。ああ、高い声で歌えて、ちょ~うれしい。

 とりありず………テノール、ばんざい!!

« サビとコーラス | トップページ | カスミさんは江戸時代の金魚です »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

喜びがびんびん伝わってきますよ~!
おめでとうございます~!!

>Ceciliaさん

 そうなんです。うれしいんです。ありがとうございました。

おおっ!!
よかったですね。
「ひとこと」は、これだったんですね。
パチパチパチパチ  頑張りましたね。
いい気持ちを長続きさせたいって、分かります。
歌の神様も、お喜びでしょうね。

>chikoさん

 そうなんです。「ひとこと」はこれのことだったのです。

 歌の神様は嫉妬はなさらないだろうけれど、最近の私の心が、フルートの方に向いているので「笛ばかりでなく、歌も忘れないでね」って感じ、歌わせてくれたのかな…なんて、思ってます。

 歌の神様、フルートの神様、お二人とも私のことを見捨てないでくださいませ。

おめでとうございます。
しばらくは、歌わないでおこう・・すとんさんて、ほんとにおもしろいかたですね!!嬉しさがこちらまで伝わってきて、楽しい気持ちになりました。ありがとうございます。

>ひと休みさん

 実は高声用の「オンブラ・マイ・フ」は先日歌っちゃいまして、見事に小破しました。まだ歌える時と歌えない時があります。安定しないんだなあ…。

 でも、ちょっと前までは全く歌えなかったんだから、これでも小さな進歩なんです。

 小さな進歩も積み重ねて行けば、大きな上達になると思ってますので、自分で自分を励ましています。ただ、無理はしないようにしないとね。私はすぐに無理しちゃうタイプなんで、注意しないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/41287321

この記事へのトラックバック一覧です: 高声用「オンブラ・マイ・フ」が歌えちゃいました:

« サビとコーラス | トップページ | カスミさんは江戸時代の金魚です »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん