ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 声とギターとリコーダーの関係 または 移高楽器の話 | トップページ | サビとコーラス »

2008年5月21日 (水)

いかん、フルートにはまりそうだ…

 ラ・フォル・ジュルネの体験無料レッスンがいけなかったみたいだ。

 衝動買いをしてしまったので、やむなく(笑)独学で始めたフルート。買った以上は使わなければもったいない。だから吹く。でも先生につくのは、時間的にも金銭的にも無理があるから、独学。

 確かそのはずだったのに…。

 先日も楽器屋に行って、教則本を買ってしまった。今度はきちんとした奴。トレバー・ワイだ。何を買っていいのか分からないので、ひとまず「いちばんはじめのフルート教則本」と「フルート奏法の基礎」の二冊。これに以前買った「独習ナビ」の練習曲をプラスして、チマチマとやっている。ちなみに「朝練フルート」は放り出してしまった。あの教則本は、まだ私には難しいようだ…。

 そう、とにかくチマチマと。なにしろ練習時間がほとんど取れないからチマチマだ。

 私はごく普通の勤務形態の社会人なので、楽器の練習可能な時間を捻出するのは難しい。音出し可能な時間に早めに帰宅しても、まずは発声練習やら歌の練習やらが優先。フルートを衝動買いしたからと言って、歌の時間は減らさない。それどころか、4月以降、仕事が変わったら帰宅時間も以前より少し遅くなり、歌の練習時間そのものが半減してしまい、それはそれでイライラしているくらいなのだから、少なくなった時間からフルートの時間を作るのは、ちょっと無理。だから、休日などに本当にチマチマとしか練習できない。

 で、この適度な飢餓感が、また私の心をフルートに向けさせるわけだ。

 ウオー、フルート吹きてえー!

 で、休日にチマチマと練習。時間的に30分が限界。それ以上やるとヘトヘトになって、歌に差し支える。でも30分の練習で飢餓感がなくなるかと言うと、むしろ激しくなる。もっと練習したい! もっと吹いていたい!

 フルート吹いて30分でヘトヘトというのは、たぶんどこかが大きく間違っているからだと思う。でも、どこが間違っているのか分からない。きっとつまらないところなんだと思う。

 ヘトヘトになって頭痛がする。酸欠なのか? それとも頭蓋内の筋肉痛なのか? それとも集中しすぎて血圧が上がりすぎるのだろうか? 全く原因が分からない。

 たった10分の無料体験レッスンからでも、私はたくさんの事を学んだ。フルートの組み立て方、フルートの持ち方、構え方…。なんか音出し以前のことだけど、そんなことすら知らなかったのだから、入門者の独学は怖い。だからきっと今ひっかかっている問題も、すごく初歩的で演奏以前の常識的なところなのかもしれない。でも、そこがどこで何か問題なのかも分からない。

 まずいな…。

 こんな状況では、いくら使い捨ての、楽器の形をしたおもちゃであっても、我が愛器に対して申し訳ない。たとえニッケル合金のチャイナ娘であっても、縁があって私のところに嫁いできたのだから、きちんと鳴らしてあげたい、本当に。

 この娘の扱い方をきちんと知りたい。ほぼ無いに等しい練習時間をなんとか(歌を犠牲にせずに)確保したい…。どぎゃんすれば、よかと? 心の中のフルートが占める面積がドンドン増えている。

 さあ、この事態をどう解決する気だ>私

蛇足。さっき、この娘を丹念に眺めてみた。キイの裏とか、側の金具とか、しっかりメッキされていないまま地金が見えてる…。さすがはチャイナ・クオリティ。メッキされていなけれど、錆びないの? 大丈夫? すでに白くなって粉ふいてますけれど…。ちなみにキイの表面とかマウスピースの口をつけるところは、すでに銀色でなく、ほのかに黒ずみ、銅のような色になってきてるけど、これって錆び? ゴシゴシ磨いても落ちないので、汚れでは無いみたいなんだけど…。

 お手入れの仕方、ホームページで見たけれど、いま一つ、合点がゆかねえ…。

« 声とギターとリコーダーの関係 または 移高楽器の話 | トップページ | サビとコーラス »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

チャイナ娘に笑えました~。
さすがすとんさん!
私もいまのところ時間だけはあるのですが、かといって一日中楽器の練習をするわけにもいかず・・・。(ブログやっている時間も当てれば相当時間はあります。)
まじでピアノの練習をきちんとしたほうがよいのですが、弾きたいのはショパンなど。
でもしなければならないとしたら音階練習とかポピュラーソングなどの移調練習、コード付け。
これも面白いと思うけれど、これを真剣にやっていたら歌の練習もできない(今もあまりやっていませんが)ので、本当に困ってしまいます・・・。

>Ceciliaさん

 なんか私の中では、フルートって、演奏者にしても楽器そのものにしても、イメージは女性なんですよね。だから我が愛器は、チャイナ娘です。中華街あたりにいるキャピキャピしたエネルギッシュな女の子。しっかり商売やってま~す、みたいな。細身でチャイナ・ドレスが似合いそうな感じの娘さんのような気がします。

 たかが笛をそこまで擬人化できる、私もアレだな(笑)。

 楽器を手にすると、やはり曲をやりたくなりますが、曲をやる前には音階練習のような地味な…練習が必要ですね。そこがちょっぴりマゾっぽくて、だから音楽が好きなのかな、私?

 何事も真剣にやっていたら、時間が足りなくなります。一日は24時間、人の寿命には限界がある。限界のある中で、いかに充実した楽しい人生がおくれるかが、その人が幸せなのかどうかの分かれ目でしょうね。ああ、私は幸せ組に行きたいです。

体験無料レッスン、行ってこられたのですね♪
しかもトレバーワイまで買っちゃって。
どんどんフルートにハマってきていらっしゃるようで、フルート吹きとしましては嬉しい限りです。
ようこそ、フルートの世界へ! (^o^)丿

楽器の変色ですが、あまり気にしすぎてゴシゴシはしない方がいいんじゃないでしょうか?私も初心者ですので、良くわからないですけど、材質的には仕方がないのかなと。
もし、何かの機会で人前で吹く!なんて時にシルバーポリシュ(クロスじゃなくて液体のやつ)で磨くといいかもしれません。
普段からやると、メッキ禿げると思います。

>たこきちさん

 はい、体験無料レッスンに行ってまいりました。色々と学んできました。そして今、独学の壁の高さを大きく感じています。お金と時間のやり繰りのつかない中、ほんと、どーしましょ? って感じです。

 日頃『声楽の独学は厳しいですよ~、先生について習うのが無理なら、せめて耳のある人に聞いて貰いなさいネ』って言って、極力、声楽の独学を避けるように勧めている私なのですが、声楽がフルートに変わっただけで、天に唾している気分です。

 シルバーポリシュ(銀用磨き砂?)ですか? 楽器用ですよね(まさか台所用?)。今度楽器屋さんに行ったら、聞いてみます。買う時はクロスではなく液体タイプをっと。人前で吹く時に使用するっと。普段からやってはいけないっと。はい、心のメモにしっかり書き込みました!

こんにちは☆(こんばんは、かー。)
遊びに来ちゃいました。
先日はとても為になるコメントをありがとうございました。
フルートを始めたすとんさんと、再開したてのワタシ。
この楽器に、どうにかいい音で歌わせてやりたくて、吹きたくて吹きたくてたまらない状態…なんだかわかるなーと。^^
他にやることがあるのに、気になって気になって、
始めるといつまでも終わりたくなくて。
頭にあるのは一日中そのことばかり…
うん。恋ですね。間違いない。笑

ところで、ジュネに行かれたんですねー!羨ましい~~!!!
関東圏は何かとチャンスが多くて、本当に羨ましいです。名古屋は中途半端で、コンサートでも何でも大阪へと通り抜けていくゥ…;_;

そうそう。関係ないですが、夫はピーク時103キロだったのを、
現在72キロまで落としたんですよ。
ジム通いで歩いて程度落としたところで、マラソンを始めたのが功を奏したんだと思います。

そうそう。関係ないですが(Ⅱ)、ウチには「白メダカ」がいます♪
ついでにアクアリウムも楽しんじゃっているワタシです。^^
水中って、癒されますよねぇ~

>tomomi-alooohaさん

 恋ですか? 恋ねえ…、恋? オジサン、最近そういうのやっていなから忘れてしまったよ。でもまあ、そう言っておくとかっこいいから、そういうことにしておこう。

 私はフルートに恋してます!

 ううむ、歌の神様が嫉妬しなけりゃ、いいけどな。

 103㎏が72㎏ですか? それはうらやましい。私のピークは125㎏で、そこから80㎏まで体重が落ちた(ダイエットをしたわけでなく、なんとなく体重が落ちました)のですが、リバウンドでしょうか? 今は100㎏前後ですよ。今度は意識的にダイエットをしているのですが、なかなか落ちない落ちない(汗)。まあ、状況が違うのですけれどね。

 体重が落ちた&少ないまま維持の時期って、音楽をやっていなかった時の話です。音楽を始めたらブクブク太りだしてしまい、今は高値安定です。それはおそらく、音楽の練習に時間がとられ、様々な活動の時間(特にちょっとした運動や筋トレ)が犠牲になったからだと思います。

 人生、なかなかままならぬものです。

神様は、嫉妬しません。

>chikoさん

 ははは、なら良いか! では思う存分、歌とフルートのフタマタ、かけてみしょうぞ!
 カンラ、カラカラ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/41267920

この記事へのトラックバック一覧です: いかん、フルートにはまりそうだ…:

« 声とギターとリコーダーの関係 または 移高楽器の話 | トップページ | サビとコーラス »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん