ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その1) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その3) »

2008年5月13日 (火)

ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その2)

 話は6日の午後2時半あたりからです。

 ブラレイ先生とコレギウム・ヴォカーレのコンサートで、幸せ気分満喫の私たちは、グラーベン広場に向かったところ、ブラレイ先生のサイン会やらコレギウム・ヴォカーレのサプライズコンサートとぶつかり、思わず心がよろめいてしまったものの、初心貫徹、青島広志氏のピアノミニコンサートに行きました。そう、先日、雑踏の中で思わず振り向かせて意味不明な行動で応答してしまった(ホント、申し訳ない)、あの青島広志氏のミニコンサートです。

 さあ、グラーベン広場の一番奥へと、雑踏くぐり抜けて、参ろうではないか!

青島広志ピアノミニコンサート

 そう、半券無料のプログラムにも色々あります。ラ・フォル・ジュルネの主催者側が用意してくれたプログラムもおもしろいのですが、協賛している企業がやってるイベントにもなかなかおもしろいものがあります。この青島広志氏のコンサートも実はそんな企業がやっているプログラムです。

 グラーベン広場の中に数社が出展していますが、その中の一つである旅行会社のH.I.S.が、自分たちのブースで行なったイベントがこれ。なぜ旅行会社が音楽祭に協賛しているのかは、私には分かりませんが、企業イベントなので、場所も狭く、そのため演奏者とお客さんの距離が近い近い。そんなところもいい感じです。

 お茶の間の人気者(表現が古くてすいません)のコンサートなので、混雑が予想されるます。そこで少し早めにブースに行きました。すでに座席はいっぱいでしたが、立ち見のいい場所がとれました。舞台まで約5メートルだよ。すごく近くだ。

 時はまさにグラーベン広場の中央舞台で無料コンサートの真っ最中。東京トルヴェーレという女声合唱団がすごいボリュームで達者な演奏をしてました。すっごいなあと思って聴いていたら、どうやらPAが入っているようす。そりゃあそうだよね。もしあの会場で、女声合唱団がPAなしだったら、結構キビしいよね。

 グラーベン広場のコンサートが終わると人が移動して、あっと言う間にこっちも人だかり。早めに来てよかった。

 そうこうしているうちに青島氏登場。ピアノを弾きすぎて指が『ひょうそう(爪周辺炎)』のようになってしまいましたと言いながら、指にしていた絆創膏を剥がしてピアノを弾いてくれました。さすがのプロ根性なのですが、ちょっと痛々しくて可哀相。痛む指で、まずは「キラキラ星変奏曲」を。指にアクシデントがあるので、演奏の方は完璧とは言えなかったけれど、それでもさすがはプロ。リズムとメロディは決して落とさなかったよ、それってすごいな、尊敬します。

 軽快なおしゃべりを交えて、二曲目からはヴァイオリニストの高畑氏登場。ベートーヴェンの「ロマンスヘ長調」とクライスラーの「美しきロスマリン」を演奏。目の前でヴァイオリンとピアノのデュオだよ、いいね、H.I.S.。私は海外旅行はしない人だから、世話になることはないだろうけれど、この会社の名前はしっかり覚えちゃいました。こういう宣伝はなかなか上手な宣伝だと思います。

 最後はシューベルト。「ヴァイオリンのためのソナチネニ長調」という曲を全曲やってくれましたが…実は私は終楽章の途中で泣く泣く退場。楽しいプログラムで最後まで聴いていたかったのですが、次のプログラム…オーボエの体験レッスンの予定が入っているのです。人ごみをかき分けながら、会場を後にし、島村楽器に向かった私です。

オーボエ・レッスン

 実は先日のフルート・レッスンに味をしめ、完全に冷やかしモードでオーボエの体験レッスンを受けてみました。だってオーボエに触ってみたかったんだもん。先生は小犬のような風貌のかわいい感じのお嬢さん先生でした。

 例によって防音室に入ってレッスンです。オーボエを組み立ててみました。オーボエって(当たり前ですが)木製です。黒檀でできているそうです。メーカーはヤマハでした。後で知ったのですが、オーボエ界ではヤマハはトップメーカーなんですって、意外ですね。組み立ててみると、見た目よりずっと軽い。紙細工のように軽い。もちろん比較対象はマイフルートなんですが(どんだけ重いんだい、我が愛器!)。

 楽器を組み立てたところで、持ち方を教わりました。キーがたくさんあって複雑そうですが、リコーダーと本質的には変わらず、親しみやすいです。

 次にマウスピースの説明。(おそらく)先生お手製のマウスピース登場。「これは本当は自分で作るんですよ」と未加工のリードとリードにすらなっていない葦の枝切れを見せてくれました。この葦の枝切れを自分で削ってリードにして、このリードをさらに細工してマウスピースにするのだそうだ。結構大変じゃん、オーボエ。本来はこのマウスピース作成からレッスンは始まるのだろうけれど、今日は体験なので、先生から借りて演奏です。

 マウスピースを楽器に差し込んでいよいよ音出し。マウスピースのくわえ方をレクチャーしてもらいました。注意点はくれぐれもマウスピースを噛んではいけませんとのこと。しっかり歯を唇で覆って優しくマウスピースを加えて息を吹き込んでくださいとのこと。そりゃあ、手間暇かけて作ったマウスピース、生徒さんがカジってダメにしたら悲しいよね。

 「シが出しやすいです」と先生がまずはお手本でブー。いい音です。

 「ではやってみましょう」との合図で、私もブー。先生が意外な顔をして「オーボエ、やったことありますか?」と質問してくる。「今日、生まれて始めて触りました(ほんと)」と答えました。なんでもオーボエって、音を出すのに苦労する楽器なんだそうですが、私はそこを難なく自然体でクリア。たぶん先生が作ってくれたマウスピースが、初心者でも音を出しやすく作られていただけだと思います。それとも私にオーボエの才能が満ちあふれているとか?

 冗談はともかく(笑)、音階を教わる。音はラクラク出るし、キー操作はフルートでおなじみだし、基本の指遣いはリコーダーと一緒だから、当然すぐマスター。気分はもう、のだめの黒木くんです。

 「ではさっそく曲に行ってみましょう」と言って出てきたのは、先日も拝見したフランス民謡の「月の光」。「この曲はご存じですか」との質問に「はい、知ってます」と返事。そりゃそうだ、一昨日吹いたばかりだよ。「では吹いてみてください」とおっしゃるので、さらっと全曲演奏。うっかりオクターブキーに触れてしまったハプニングもあって、時々素っ頓狂な音も出したけれど、止まらずに初見演奏終了。

 「タンギングって分かりますか?」と言って、オーボエのタンギングのやり方を教わる。当然だけど、フルートのタンギングとは違うし、リコーダーのそれともちょっと違う。

 「では、タンギングに注意しながら、もう一回演奏してみましょう」 やってみる。二度目は一度目よりも上手にできたような気がする。結構、オーボエもおもしろい。声楽とフルートがなければ、この楽器に夢中になってしまうかもしれない、それくらいオーボエも演奏していて楽しい楽器です。

 月の光全曲を二度も演奏したので、当然レッスンは終了です。最後に先生が目の前でディズニー映画の曲「ホール・ニュー・ワールド」(アラジンだね)を演奏してくれました。曲調とオーボエの音色が合っていて、なんかいい感じ。目の前で妙齢の女性が私だけのためにオーボエ吹いてくれるなんて、たぶん死ぬまで二度とそんなことないな。感動。

 ここまで約10分。もちろん修了書もいただきました。評価は「Very Good!」でした。フルートよりも評価が高いじゃん。フルートよりもオーボエの方に適性があるわけ、私?

 外へ出ると、妻と息子君がいました。レッスンの様子を防音室の外から見ていたようです。彼女は、青島広志氏の絵はがきセット(氏が描いた「題名のない音楽会」の番組内で使用した作曲家のイラストを絵はがき化したもの。なかなか愉快な絵はがきです)を購入して、氏のサインをゲットしたそうです。ブラレイ先生のサインはもらえなかったけれど、青島氏のサインがもらえてよかったね。

 さあ、時間もちょうどいいぞ。次はキッズプログラムだ。

 今日はここまで。時間的には5月6日の午後2時半から3時半までの話でした。青島広志氏のミニコンサートにしても、島村楽器の楽器体験レッスンにしても、当日の朝、チェックしたり申し込んだりしたものです。もちろん両方とも無料。こんなふうな楽しみ方も、ラ・フォル・ジュルネではできるんですね。では、続きはまた明日。

« ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その1) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その3) »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

いいですねえ、青島広志先生大好きです。テレビで見るときはいつもひょうひょうとして、とても楽しい気持ちにさせてくれる人なのに、大変なこといっぱいあるんですねえ。そりゃそうですよねえ。ピアノ大好きなんですねえ、仕事とは言え。ああ、ますます好きになってしまった。
オーボエは、のだめカンタービレでは、黒木君ですね。ごめんなさい。黒木君も大好きです。
クラリネットのリードは楽器店に売ってあるので、オーボエのリードにも、何の疑問も覚えていませんでした。黒木君がのだめに、「リードを自分で削らなくちゃならない、そんな手のかかるところも含めて好きなんだ。」みたいなことを言っているので、ああそうなんだと初めて知りました。

>chikoさん

 そうなんですよ、青島先生、プロとして立派な方だと思いました。私もテレビで見ていて好きな方だったのですが、今回生で拝見させていただき、ますますファンになりました。

 オーボエは本当に手間かかりそうです。なにしろ、マウスピースを手作りするだけでなく、演奏のために適当な時間を計算して予め水に浸しておかないといけないのです。のだめのマンガの中で、コンクールの時に黒木君が、うっかりマウスピースを水につけすぎて失敗してしまったシーンがありましたが、あれってかなり信憑性のあるエピソードですね。

 私が借りたマウスピースもいい感じで水分含んでましたもの。オーボエ吹きは性格的にかなりきっちりした人でなければダメなんじゃないかな? それこそ黒木君みたいに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/41184679

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その2):

« ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その1) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネに行きました(最終日:5月6日の話 その3) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん