ひとこと

  •  梅雨があけました! いよいよ夏です! 毎日…暑くなるんだろうなあ…、カラダ、もつかな(涙)。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 良い立ち方(重心の置きかた) | トップページ | 日本の伝統音楽とハモり »

2008年4月23日 (水)

フルートの教則本は?

 フルートは独学でやってます。まあ、声楽のように先生について学ぶというわけには、時間的な制約と金銭的な制限のために出来ません。また、声楽の練習は毎日やってますが、フルートはどうも毎日というわけには参りません。

 それでも時間がある時は、少しずつ音を出して、時間がない時も、音は出さずとも触るくらいはするようにしてます。現実的には、フルートに全く触らない日もあるのですが…。

 独学の場合、教則本というのが必要になります。で、今回は私が使っている教則本を書いてみます。

 まずメインで使っているのがコレ。「楽譜が読めなくても大丈夫 曲からはじめよう! フルート独習ナビ」です。

 この本が素晴らしいかどうかは知りません(素晴らしいと信じてますが…)。全くの初心者なので、教則本の選び方すら知りませんので、楽器屋で手にとった時の印象で選びました。

 多くの教則本はプロ養成の臭いがプンプンで、真面目なブラバン部員とか、音大志望者ならともかく、これは私の求めている方向とは違うなあと思いました。もう少し趣味レベルの教則本はというと、、ガーリッシュなデザインなものが多くって、オジサンには似合わないなあって感じですかね。

 んで、コレ。カラオケもついていて、楽しく練習できそう。ただ、いきなり曲を吹くので、最初から音が出せる人向きって感じっスね。

 後はコレ。「朝練フルート 毎日の基礎練習30分」です。

 これはアマゾンで「フルート独習ナビ」のページを見ていたら、『あわせて買いたい』で出ていたので「だったら、あわせて買いましょう」という感じで買いました。

 まだページをペラペラとめくって、眺めているだけですが、「独習ナビ」に載っていない事が、こちらの「朝練」に載っている感じ。この二冊は、お互いに足りない部分を補う感じで組み合わせてとしては、なかなか良い感じです。

 しばらくはこの二冊をメインに、少しずつ練習してゆきたいと思ってます。

 フルートを買った時に一緒に買った、教則DVDの方は、全く見てません。DVDって、なんか構えないと見れないので、不便ですね。心理的ハードルが高いです。

« 良い立ち方(重心の置きかた) | トップページ | 日本の伝統音楽とハモり »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

フルートの教則本、正当派はアルテスとかトレバーワイかと思います。
独学でやっていくにしても、構え方とかアンブシュア(口の形)って結構大事なので、その辺だけでも誰かに見ていただいた方が良いかともしれません。
身近に教えてもらえる方がいないなら、音楽教室で無料体験レッスンってやってると思うので、一度行ってみてはどうですか。(その後勧誘の電話がかかってくるかもしれませんが、やっぱり仕事が忙しいとか何とかいってお断りすることにして。)

>たこきちさん

 いやあ、独学が良くない事は重々承知しております。私だって、声楽を独学で学んでいる人がいたら、「独学は良くないよ」ってアドバイスしますから。

 下手に一人で勉強して、変な癖がついたら、どうにもならないし、先生さえいたら、素通りできるような問題にずっとひっかかっていたり…。とにかく音楽の世界では、独学は厳しいものがあるのは、もう常識なのですが、時間と金銭の問題ですね。

 特に問題は時間なのです。ちょいと調べましたら、フルートの先生って、ピアノほどではありませんが、地元にもそれなりにいらっしゃいます。少なくとも声楽の先生よりもたくさんいるみたいです。ですから、先生について勉強するのは、声楽ほどは大変でもなさそうですが、やはり時間ですね。

 今の私は、時間があれば、歌いたいのが本音なのです。まずは歌。フルートは二番目です。楽器屋さんで売っている楽器よりも、神様が下さった楽器の方を優先していきたいのです。

 せっかく神様から歌声というプレゼントをいただいたのですから、それを自分のものにしないのは、もったいないことだし、なによりも歌声をいただけなかった人達に対しても失礼なことだと思ってます。

 でも、決してフルートをおろそかに考えているわけではありません。時間さえあれば、フルートもきちんと練習したい。

 でも一日は24時間。まずは仕事が第一。余暇の時間は歌優先。そんな状態でフルートも先生について習うとなると、絶対に破綻します。十分な練習をせずにレッスンに行く事は、火を見るよりも明らか。でもね、練習せずにレッスンに行くわけにはいかないではありませんか。では、歌の時間を減らす?

 でも今、私、歌がとてもおもしろくなっているんですよ。とにかく、今は、歌えば歌うほど上達しているんです、そしてそれが自分でも手にとるほどよく分かるです。それくらい進歩してます。もう、歌に専念したいくらい夢中。だから、この状態でフルートを習っても、フルートの先生と音楽の神様に失礼だと思うんですよ。

 ひとまず歌は毎日1~2時間。フルートは休日のみ30分程度って感じで練習してます。フルートは練習時間が短いですが、それでも毎日フルートに触る様にはしてます。

 実は教則本。すでに記事に書いた2冊に限界を感じてます。やはりいきなり曲というのも、基礎力無視だし、朝練の方も実は初心者向けではなさそうだし…。やっぱりきちんとした教則本は必要かな…と思い出しました。

 アルテスは独学には不向きというブログの記事も見つけましたので、トレバーワイを見てみようと思ったのですが、地元の楽器屋には、アルテスはあってもトレバーワイはないので、ゴールデンウィークは隣町の楽器店に行ってみようと思ってます。

 トレバーワイもたくさん種類がありますが、初心者は「いちばんはじめのフルート教本」でいいんでしょうね、きっと。それとも「初級用フルート教本」あるいは、もうレギュラーの「フルート教本」を一冊ずつ揃えていった方がよいのかしら。門外漢には難しい問題です。

 そうそう、無料体験レッスンは、ぜひチャンスがあったらもぐり込んでみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/40961752

この記事へのトラックバック一覧です: フルートの教則本は?:

« 良い立ち方(重心の置きかた) | トップページ | 日本の伝統音楽とハモり »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん