ひとこと

  •  現在、テレビ東京系で再放送されている「けものフレンズ」が、とっても楽しい。幼児向けアニメのような体裁を取りながら、何気に考えさせられてしまう事ばかり。毎朝放送しているので、すでに半分以上の放送も終わり、来週の頭にはすべて放送されて終了してしまうわけのが残念だけれどね。アニメの前に放送している「おえかき動物図鑑」から見ているのだけれど、さすがに妻に呆れられています。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、入場には整理券が必要となりました…と言うか、今回、会場が小さいのに出演者が多く、その人達が直接誘う家族や友人の数も自然と増えてしまい、すでに用意した整理券の大半がはけてしまいました。そのため、外部の方が見に来られる余裕がなくなってしまいました。私のリアルな知り合いの方は、おっしゃっていただければ、若干残っている入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●会場に来られない方々も、ぜひぜひ遠くの空から応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 声楽の効用 その3 初期費用が安い | トップページ | 水槽の大掃除をしました »

2008年4月 4日 (金)

実はまだまだ喉声だった?

 高音禁止令が出ておりましたので、家での練習は、いい響きの母音が発音できるようにと、そこに意識を集中して行っておりました。

 いい響きの声を出すために、喉の奥を広げ、まるで自分がちょっと太めの水道管になった気分で歌えるのが肝心だと思い「私は水道管、私は水道管、ちょっと太めの水道管」と暗示をかけて練習に励んでおりました。そのせいか、まだまだだと自覚もしていますが、それでも多少は以前よりも喉の奥が開くようになった気がします。

 喉の奥が多少でも開くようになると、お腹の支えが不足していたことに気づきました。お腹でしっかり声を支えていないと、ホント、声が出ません。

 では、今までお腹ではなく、どこで声を支えていたんでしょう? 当然の疑問ですよね。あれこれ、自分の身体を点検していったところ、答えは喉。声帯のすぐ下付近の箇所ですね。この辺りに空気を溜めて、声を出す時に、ビュって押し出していたようないないような…。

 これって、いわゆる喉声? うわあ、自分では出来ていたつもりだったけれど、喉に相当な力が入っていたということだよね。クワバラクワバラ。

 日本語は喉で発音を支える構造の言語であって、そういう意味では声楽とは、システム的にだいぶ遠い言語です。自分では話す時と歌う時は、身体の使い方を違えているつもりだったけれど、なかなかどうして、そうはうまくいかないみたいで、修行不足を露呈してしまった感じです。

 ま、欠点に気づけば、一歩前進ってことで、自分をなぐさめてます。

 で、一歩前進したつもりで、前回のレッスンに臨んだところ「のどの奥をしっかり開けてください」と先生のひと言。うひゃー、自分では以前よりも喉の奥が開くようになった気がしていたのですが、先生に言わせると、口の中はだいぶ開いてきたけれど、奥の方ははまだまだだそうです。

 口の奥を縦に開く。口の奥をもっと後ろに引っ張り上げるつもりで開く。もっと、もっと…。

 一歩前進したところに壁があったようです。今度は、この壁を乗り越えようと思います。

 そうそう、高音禁止令は解除され、ある程度の高音なら出してもいいよと言われました。言われましたが、こんな状況(声の支えが分からない、口の奥をもっと縦に開かなければいけない)なので、最低限の高さの音だけさらうつもりです。で、音の高さに挑むよりも、支えとか響きと口の開きとかに注意をしていこうと思ってます。だって、そっちの方が大切でしょう。ところで、課題歌は、オンブラ・マイ・フからカロ・ミオ・ベンに変わりました。

 さて、先生から、自分の声が重いと感じているなら、重いまま、高い音を出さないといけませんよと言われました。これは中低音と高音の音色の統一のことをおっしゃっているのだと思います。どうしても音が高くなると、軽やかに出そうとか、細めの声で出そうとか(だってその方が出しやすいしね…)あがくわけだけれど、重い声の人は重い声のまま高音に挑まないと本物じゃないよね。もちろんムチャは(喉を壊すので)いけないのだけれど。 

 なんか、まとまりのない文章でごめんなさい。疲れているのかな…。

« 声楽の効用 その3 初期費用が安い | トップページ | 水槽の大掃除をしました »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/40751706

この記事へのトラックバック一覧です: 実はまだまだ喉声だった?:

« 声楽の効用 その3 初期費用が安い | トップページ | 水槽の大掃除をしました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん