お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« ベーゼンドルファーと喘息と私の声など[2008年3月] | トップページ | ふ、振り出しに…戻ってしまった(涙)[3月第5週・通算11週] »

2008年3月29日 (土)

またイカリ君が大発生!

 タイトルのとおりです。イカリムシにやられていた緋ドジョウたちを、一カ月ほど隔離しました。緋ドジョウたちも元気になり、すっかり虫が見られなくなり、水槽の中の金魚たちにも虫が見られなくなったので、そろそろ潮時だろうと、緋ドジョウを水槽に戻しました。しばらくは水槽中も平和でした。

 そう、しばらく平和な状態が続きました。そして、サクラが星になり、チヅルが新加入して、水槽も少し風景が変わったなあ…と思っていた矢先、またまたイカリ君が大発生。毎日のように虫の駆除に追われています。

 一体何が原因なのだろう。やはり水槽にイカリ君が住み着いているのかな?

 チヅルにもイカリ君が付いていました。緋ドジョウたちは今のところ無事です。お姉さん金魚たちには当然のように悪い虫が付いてます。アカネに至っては、1ダースほど虫が付いていました。

 とにかく見つけ次第駆除! この方針でやってますし、金魚たちは大人しく虫を駆除させてくれるので、そんなに大変ではないのですが、こう毎日続くと、少し気が滅入ります。

 イカリ君は我が家のペットとしての数には、入っていないんだけどなあ…。

« ベーゼンドルファーと喘息と私の声など[2008年3月] | トップページ | ふ、振り出しに…戻ってしまった(涙)[3月第5週・通算11週] »

コメント

「美声学」の本ができました。

「美声学」松尾篤興 著 カワイ出版 定価 本体¥2,500+税

この本を、歌を愛する全ての人達に贈る。
 この本はいままで文字になりにくかった歌唱のノウハウにあえて挑み、歌のレッスン現場でしか示されなかった技術習得を、さらに普遍的に解説しようと試みたものです。
 従来のイメージのみに頼るレッスンのあり方を、少しでも論理的、実践的な方法で解説することにより、読者の歌にたいする考え方や 概念が変化し整理されるのを期待します。

http://blogs.yahoo.co.jp/matsuoatsuoki/5217446.html

>松尾さん
 抜かりはありません、すでに「美声学」、アマゾンで注文しました。今日、届く予定なのですが、まだ届きません(涙)。ああ、早く読みたいなあ…。
 アマゾンでは残部はあとわずかみたいです。今買わないと、増刷されるまで手に入りづらくなるので、興味関心のある方は、お早めに!

春仕様ですね。私はちょうどこの頃の誕生日なので、桜が咲き始めると、「一年頑張ろう」と、静かに誓うのです。

>chikoさん

 いいでしょ、サクラ。私は桜の花が大好きです(宴会は苦手ですが)。桜の花を見ているだけで、気分がウキウキしますので、ブログのデザインも、ちょっぴりウキウキしてもらいたくって、変えてみました。

 花粉症さえなければ、お花見にも行きたいのですがねえ…。

To Ston
ストンさんに云われて、すでにアマゾンで販売していることを知りました。有り難う御座います。
それにアマゾンの「美声学」のコマーシャルまで・・・
ただただ感謝!
松尾篤興

>松尾さん
 昨日、美声学が我が家に届きました。さっそく、パラパラと見ました。ボイトレ関係の類書とはだいぶ内容が違うようで、おもしろそうです。さっそく少しずつですが、読み始めています。
 アマゾンの件は…やはりネットをやっていると、何だかんだと言っても、アマゾンで購入するのが、一番楽なものですから、リンクを貼ってみただけです。大したことではありませんので、お気遣いなく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またイカリ君が大発生!:

« ベーゼンドルファーと喘息と私の声など[2008年3月] | トップページ | ふ、振り出しに…戻ってしまった(涙)[3月第5週・通算11週] »

フォト
無料ブログはココログ