ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ソ♯とラ♭、さて、どっちが高い音でしょうか? | トップページ | グレン・グールドと私 その2 »

2008年3月25日 (火)

グレン・グールドと私 その1

 10代の頃の私は、バンドをバリバリやるポピュラー系の人でしたが、大学生になって、ロック以外の音楽にも興味を持つようになりました。その頃、親しくしていた友人にいわゆるクラキチ(クラシック系音楽の鑑賞を専らとするオタク)がいました。彼を仮にA君と呼びましょう。そのA君の影響もあり、私は少しずつクラシック音楽に興味関心を持つようになりました。

 A君はクラシック初心者である私に、まずどんなディスクを聞けば良いのか、など懇切丁寧に指導してくれました。A君は本当に親切だったし、彼から得たものは多かったけれど、彼に惑わされてしまった面も多かった。今日はそんな話。

 クラシック初心者としては、まず、バッハって気になるじゃないですか。名前は有名だけれど、ベートーヴェンやモーツァルトほどには初心者の耳には入ってこない。でも興味はアリアリ。そこである日、A君に「バッハを聞くなら、まず何を聞いたらいいの?」と尋ねました。

 ちなみにあなたなら、どう答えますか? 現在の私なら「トッカータとフーガ」や「小フーガ、ト短調」などが入ったオルガンの名曲集を薦めますね。もし質問者がもう少し歯ごたえのある曲でも平気なら「マタイ受難曲」の抜粋盤をお薦めしますよ。

 でもA君は違った。彼の持論は「クラシック音楽は、最高の名曲を最高の演奏で聴かなければいけない」でした。

 そこで彼が出してきたのが、グレン・グールド演奏の「ゴールトベルグ変奏曲(新盤)」でした。A君にとって「ゴールトベルグ変奏曲」は最高の名曲であり、グレン・グールドは最高の演奏家だったのです。だからそのように即答してきました。

 ええ、素直にレコード屋に行って買ってきましたよ、私。そして聞きました。そして…最悪な気分になりました。

 だって、変なんだもん、この演奏!(試聴するならこちら

 ピアノの音はブツブツ切れて、下手丸出し。ピアニストは鼻唄歌ってて、耳障りったら、ありゃしない。録音だって、変にこもってて安い管球アンプみたいな音だし。なんか、同じようなフレーズを何度もくり返してバッカじゃないの! なんか、聴いてて眠くなる~。サイテー。

 当時は真剣にそう思いましたよ。まるでお金をドブに捨ててしまったような気持ちになり、とてもとても悲しかったです。そして、私はバッハを大嫌いになりました。

 たぶん10年くらい「バッハ大嫌い病」でした。バッハと言うだけで、避けて通ってました。古くさくてつまらない曲を作る、名前だけ有名な、昔々の作曲家であると、レッテルを貼っていました。

 そのうち「G線上のアリア」とか「トッカータとフーガ」などの通俗名曲がバッハ作であると、私の頭の中で整理されてくるようになると、「バッハの曲の中にもいい曲があるかもしれない」と思うようになり「マタイ受難曲」を聴くに及び、ついにバッハを見直しました。

 それから、狂ったようにバッハにはまり、色々な演奏者で色々な曲を聴きました。そして思ったことは「バッハは器楽曲にも声楽曲にも素晴らしい作品の多い、偉大な作曲家である」こと。そして「私が嫌いなのは、バッハではなく、グールドであること」が分かりました。だって別の演奏で聴いた「ゴールトベルグ変奏曲」は、溜め息が出るほど美しい曲だったんだもの。

 演奏次第で、どんな名曲も駄作にしてしまう。なんて演奏家って罪深いのだと、これまた真剣にそう思いました。そして、なぜこんな演奏家のレコードが今だに売られているのだろうとすら思いました。

 そして、グレン・グールドとは完全に縁を切りました。切りました…切ったつもりでいました、つい最近まで。

 長くなったので、続きはまた明日。

« ソ♯とラ♭、さて、どっちが高い音でしょうか? | トップページ | グレン・グールドと私 その2 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

グレン・グールドの「ゴルトベルク変奏曲」・・・皆川達夫さんの「バロック音楽の楽しみ」という番組で聴き、素直に好きになりました。
その後、ピアノでバッハを弾くときに「グールドの真似をしちゃだめ。」という話をよく耳にしました。
真似はよくないとは思いますが、多くの人が「最高の演奏」と認めているグールドの演奏を参考にしたらいけないのはなぜか・・・とよく考えました。

ちなみに私は昔からバッハが大好きで嫌いになったことはありません。
でもなぜかピアノブログの人でバッハの記事が少ないような気が・・・。
バッハのことを書くのは弦楽器系の人がほとんどのように思えます。

私が初心者にお勧めするのはやはりブランデンブルグ協奏曲やチェンバロ協奏曲のような楽しい曲!
オルガン曲でも明るい雰囲気の曲が好きです。(番号は自分のブログを見ないと思い出せません。)
実はカンタータのシンフォニアが好きです。

>Ceciliaさん

 ピアノブログの人がバッハの事を語りたがらない理由は、やはり楽器の問題があるのではないでしょうか?

 バッハはピアノのためには、ただの一曲たりとも作曲していないのは事実です。だって、バッハの時代には、まだピアノがなかったから、作曲したくてもできなかったのです。

 通常、バッハのピアノ曲と思われている曲は、すべてチェンバロのための曲、または楽器の指定のない曲のこと。これだと純粋ピアノ人間にとって、語りづらいのでは?

 それでも昔は平気で、バッハのチェンバロ曲をピアノで演奏していましたが、最近は古楽の見直しもあり、バッハを現代ピアノでなく、本来の楽器であるチェンバロで演奏するケースが増えてきました。現代ピアノで弾いても美しい曲は美しいので、問題ないと言えば問題ないけれど、バッハ自身は現代ピアノではなく、チェンバロの音色を想定して、その楽器のために作曲したのだから、バッハの曲についてピアノで語るのは、原曲ではなく一種のアレンジものについて語ることになるのではないかと思います。

 例えて言えば、無伴奏チェロ曲を、本来の楽器であるチェロを無視して、ギター演奏版(これが案外たくさんある)だけで語ってしまうような居心地の悪さ…?

 あれ、文章がまとまらないや、ごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/40623575

この記事へのトラックバック一覧です: グレン・グールドと私 その1:

» 草枕と魔の山  グレングールドのこと [試稿錯誤]
                                                                                横田庄一郎 『「草枕」変奏曲』 (朔北社、1998)を読む。 著者は、ゴールドベルク録音の新旧の演奏を比較し、その演奏の相違(極端なスピード演奏だった旧録音とふつうにもどった新録音)の間には彼の 漱石『草枕』への沈潜という事実があった、といいたいようだ。 これは直ちに納得しかねるが。 グールドはカナダCBSで 草枕(英訳本から、彼が編集し... [続きを読む]

« ソ♯とラ♭、さて、どっちが高い音でしょうか? | トップページ | グレン・グールドと私 その2 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん