ひとこと

  •  人生初。タピオカドリンクというモノを飲んでみた。ミルクティーにグミがたくさん沈んでいた…という感想。やたらと甘い。どことなく中華な風味。たぶん、もう二度と飲まないと思う。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« さあ、高い音で歌おう![前編] | トップページ | さあ、高い音で歌おう![後編] »

2008年2月20日 (水)

さあ、高い音で歌おう![中編]

 私のアマチュア・テノールの仲間と話をしていると、みんな高音が出ないっていう悩みは、大なり小なり持っているのだけれど、それは「全く出ない」という悩みではなく「安定して出せない」という悩みです。高音を出す人って、最初から高音を出しているのです。

 これがアマチュア・クオリティ?

 訓練して音域広げてテノールになりましたって人の事は、私は知りません。最高音を上にあげようとしたけれど、結局うまくいかなかったんだよねえ…と自嘲気味に話す人は何人か知ってます。最初はうまく高音がコントロールできなかったので、バリトンをやっていたけれど、歌っているうちに高音もうまく出せるようになったので、テノールに転向しましたという人なら、多くはないけれど、それなりに知っています。

 つまり最初から高い音が出せるかどうかが、高い音で歌えるかどうかの境目というわけです。

 じゃあ、自分には高い音は無理だな…とあきらめるのはまだ早い。明日の記事を読んでから諦めても遅くないよ。

 閑話休題。知り合いのアマチュア指揮者(団内指揮者って奴だね)は、歌声をちょっと聴いただけで、その人の声種を判断します。それは音域をチェックするのではなく、音色で、とくに高音の音色で判断しています。彼はそれを「この人はテノールの声を持っている」とか「~を持っていない」とか表現をします。それが正しいかどうかは別にせよ、経験から導き出した判別方法で、案外結果オーライなので、おもしろいなあと思ってます。

 で、彼によってテノールと判断された人は、たとえ最初は声域が低くても、いつのまにか、それらしくなるから不思議だね。高い音なんて、出しているうちに出るようになるみたいです。

 ちなみに私は彼に「すとんさんは話し声を聞いていると、バス~バリトンかなって思ったけれど、歌声は確かにテノールだねえ」と不思議がられていました。ははは、なんなんだかなあ…。

 話は戻りますが、今高い音が出せない人には二つのパターンがあるのではないかと私は思います。それは…

  1)訓練不足のために高音がうまく出せない人[キング先生はほとんどの日本人はこっちのパターンだとおっしゃいます]。イタリア人の言うところの「怠け者のテノール」。

  2)元々最初から高音が出しづらい人(あるいは適性は低音にある人。ナチュラル・ボーン・バスって人ね)

 この辺の見極めが本当は大切なんだろうと思います。でも、この見極めって、たぶん自分では無理だよね。きちんと声の分かる人に聴いてもらって判断してもらうしかないね。その判断基準については、以前の記事を参考にしてください。

 ちなみに高音が得意な人は低音が苦手というのは嘘です。ただ音域の広い人と狭い人がいるのは本当。音域の広い人なら高音も低音もバッチリでしょうが、音域の狭い人の場合は、低音を練習しすぎると高音がダメになるという話を聞いたことがあります。最も、テノールもバリトンも案外低い方の限界は同じくらいだね。まあ、バスの音域の話になると別ですが…。

 また明日へ続きます。

« さあ、高い音で歌おう![前編] | トップページ | さあ、高い音で歌おう![後編] »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

私は1)ですね~!
なかなか家で声を張り上げられないのが悩みの種なんですが、それが可能ならできるんだろうか・・・と思ったり・・・。
かといって一日何回もできるわけではありませんものね~。
小声で高音の練習ってできないものでしょうか??

次の記事も楽しみにしています。

>Ceciliaさん

 たしか「高音は弱音から育てていく」という流派が、ベルカント唱法にはあったと思います。それこそ、コーネリウス・リードの著作だったかな(ちょっと記憶があやふや)に、それっぽい事が書いてあったと思います。

 ただ、大声とは別でしょうが、高音の際に、息は少なめが良いようなので、やはり最初の高音は、小声になってしまうと思います。この件に関しては、近日中に関連記事をアップするつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さあ、高い音で歌おう![中編]:

« さあ、高い音で歌おう![前編] | トップページ | さあ、高い音で歌おう![後編] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん