ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 映画「歓喜の歌」を見ました | トップページ | メーカーによる音色の違いにこだわりますか? »

2008年2月 5日 (火)

声にヴィブラートが付くようになりました、うれしいです

 最近、私の歌声にヴィブラートが付いている事に気づきました。とは言え、オールウェーズってわけではなく、まだまたサムタイムスなんだな(なぜか、ルー大柴口調)。

 背中がうまく使えて、胸を中心とする下の響きと、顔面を中心とする上の響きのバランスがうまい具合になっていて、横隔膜のあたりをグンッと張った感じで発声すると、ヴィブラートが付きます。

 時期的にはハミングの練習を始めて、しばらくしたあたりからヴィブラートの存在を確認するようになったので、ハミングの練習がヴィブラートへつながっていったんだと思います。

 すごいじゃん、ハミング練習。ハミングなんて、なんの役にたつのかな?って思ってましたが、ヴィブラートにつながっていたんだね。へえーへえーへえーだな。

 声にヴィブラートが付くと、歌っているだけで、すごく楽しくなります。単なるスケール練習でも、名曲を歌っているような感じになるから、不思議。ま、自己満足の世界なんですけどね(まさかテノール・スイッチがオンになる?)、それでも、練習が楽しいって大切だよね。いい気になって、歌いすぎないようにしないと。

 まだ未熟なせいか、声にヴィブラートが付く時と付かない時があります。付かない時の状態を忘れないように心がけています。と言うのも、独唱する時は良いのですが、合唱などで棒のような声が必要な時、いつでもヴィブラート無しの声が出せるように、身体の感覚を忘れないようにしたいです。このあたりをきちんと記憶して、ヴィブラートのon/offを、自由に使えるようになれるといいなあ、と思います。

 ちなみに私の場合は、ヴィブラートのon/offのスイッチは、どうやら、みぞおちの辺りにありそうです(笑)。

 そう言えば、ヴィブラートが付いている声は、全体のバランスが良いのでしょう、かなりたくさん歌っても、かなり音量を上げて歌っても、ほとんど疲れません。年末のキャロリングに行った時あたりから、ヴィブラートを意識し始めていたのですが、キャロリングって、野外のオープンスペースで歌うってこともあって、無意識のうちに頑張って、限界以上の声量で歌ってしまい、たいてい後で後悔するものなのですが、これも不思議、去年(ほんの2カ月前の話ですが)は、全く疲れ知らずの不調知らずでした。「歌い足りないぞお~」って感じで、ウチに帰ってから「清らに星澄む今宵(オー・ホーリー・ナイトの日本語版)」を一人で高らかに3回ほど歌っちまったほどです。さぞ、ご近所迷惑だったことだろうと思います。

 もしかすると、単に限界に達するまで、疲れを感じていないだけなのかもしれません。おお、怖。歌いすぎにはくれぐれもご注意を…だね。

 あと、歌は他人に聞かせてナンボのもん。自己満足で終わっちゃ勿体ない、ヴィブラートのかけすぎで「声が揺れてる~、ゲロゲロ~」って言われないように節度あるヴィブラートを心がけてゆきましょう。

« 映画「歓喜の歌」を見ました | トップページ | メーカーによる音色の違いにこだわりますか? »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。ちょうどすごいタイミングで、探していた記事がたくさん載ってました!
「ヴィブラートのon/offのスイッチは、みぞおちの辺りに」で、はっと気がつきました。正しいと思いますよ。おなかに正しくチカラ(支えといわれるもの)と、ノドが綺麗にあいた状態の2つが揃うとONのスイッチが現れるって感じなんでしょうか?スイッチがわかっただけでもすごい進歩ですよね~。すごい~。

>なもこさん
 うわあ~い、誉めてもらっちゃった、うれしいなあ。
 ヴィブラートのスイッチの件は、何となくこのあたり?って感じで、自信を持って書いたわけではなかったのです。と言うのも、声楽ってかなりの部分「自分だけ?」って感覚があるではないですか? このヴィブラートも「自分だけ?」かなあ、と思いながらも書いてみたのですが、他の方にも通じるようなら、ちょっとうれしいですし、自分の感覚もまんざらではないなあと思えると、さらにうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17955530

この記事へのトラックバック一覧です: 声にヴィブラートが付くようになりました、うれしいです:

« 映画「歓喜の歌」を見ました | トップページ | メーカーによる音色の違いにこだわりますか? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん