ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« おそるべし、横浜中華街![2月第4週・通算6週] | トップページ | イル・ディーヴォ(IL DIVO)にノックアウトされました »

2008年2月25日 (月)

ラ・フォル・ジュルネのチケット購入に3時間もかかりました(涙)

 ラ・フォル・ジュルネの公式なチケット販売日は、3月15日(土)ですが、私の妻がフレンズ会員(ま、ファンクラブみたいなものです)なので、チケットの先行販売を利用しました。

 昨年は、のんびりしたもので、当日の朝、会場でチケットを買いましたが、実は私たちがみた演目以外は、すでにほとんど売り切れていたので、来年(つまり今年)は、きちんと事前にチケットを買わないとまずいなあ…と思ったものです。

 昨年、私たちが見た演目のチケットが、当日まで売れ残っていた理由は、5000人以上も入れるホールAの朝一番目のコンサートで、言ってはなんだけれど、地味な指揮者と地味なオーケストラの「0歳からのコンサート」って奴だったので、赤子の阿鼻叫喚の中でのオーケストラ鑑賞は、一般のクラオタ客から避けられていたので、売れ残っていたのでしょうね。でも、演奏自体は熱のこもったいい演奏でしたし、曲目もムソルグスキーの「展覧会の絵」とラベルの「ラ・ヴァルス」という、割とメジャーな曲だったので、うれしかったです。

 で、去年は有料ものは、これだけでした。まだ息子君がどれだけクラシック・コンサートを楽しめるかの見極めができてなかったので、仕方のないことです。ちなみに、昨年は昼間の時間に東京タワー(愛)にも登りました。

 今年はシューベルト、当然、我が家は『歌』中心のセレクトになります。会場も小さめになるだろうし、器楽と違って歌手は疲れるから、公演回数だって少なめだろうし、というわけで、チケット争奪戦に本格参入しました。

 実際に、電話を握って争奪戦に参加したのは、妻です。「インターネットで購入すれば…」と言ったのですが「インターネット購入は手数料が高いので却下!」との一言。まあ、実際に争奪戦に参加するのは、妻なので、それならそれでいいかなあ…と思って、任せました。

 10時の時報と同時にダイヤル! つながらない(涙)! すぐさまリダイヤル、つながらない(涙)! それを何度も繰り返すと、やっと回線がつながって…お話し中! 涙、涙! またリダイヤル、つながらない(涙)!

 これを3時間(ヘトヘトです)くり返して、やっと向こうのコンピュータにつながりました。

 すでに行きたかった演目のうち、2つは売り切れでした(涙)。そりゃ、3時間も立っちゃえば人気演目があるはずもなかろう。いいもん、最初からそんなコンサートなんか無かったと思えば、悔しくないもん! 全然、悔しくないもん!、全く、悔しくないもん!

 そんな、やっとの思いで購入できたのが、以下の4公演です。うふうふ、思わず笑顔になっちゃうね。

・5月4日のトマス・ウォーカー(テノール)とカペラ・アムステルダム(合唱)のシューベルトとブラームスの歌曲コンサート。「白鳥の歌」からたくさんやってくれます。

・同じく4日のシュテファン・ゲンツ(バリトン)のベートーヴェン、ウェーバー、シューベルトの歌曲リサイタル。「魔王」が楽しみ。

・5月6日のミシェル・コルボ指揮の「シューベルト:ミサ曲第6番」。良く知らない曲だけど、コルボ&ローザンヌ声楽アンサンブルというゴールデンコンビだよ。はずすわけないよね。

・同じく6日のコレギウム・ヴォカーレ(男声合唱)とフランク・ブラレイ(ピアノ)のコンサート。男声合唱も楽しみだけど、ブラレイ先生[我が家では、フランク・ブラレイ氏はブラレイ先生と呼ぶ決まりになってます]のピアノが大の楽しみ。我が家的には、このコンサートが一番聴きたいのです。

 見事なくらい、声楽曲オンリーという布陣。すごいチョイスでしょ。ちったあ、器楽曲も聴けよと説教されそうです(って、誰に説教くらうのかな?)。一応、私の読みとしては、無料コンサートの方で器楽曲はたくさん聴けるのではないかな(だって、あの会場では、声楽曲、特に独唱は絶対無理だもんな)という、淡い期待も込めての声楽曲セレクトです。弦楽四重奏曲は中庭のステージで、ピアノやオーケストラ系はサービスプログラム(チケット半券持っていれば見れる無料コンサート)で、と思ってます。

 4日は、息子君は爺婆に預けて、夫婦二人きりで音楽祭に行きます。6日は息子君も一緒に音楽祭です。

 有料プログラムは1日に2公演だけ。1つの公演が1時間程度だから、時間的にはスカスカなスケジュールになるけれど、これ以外にもワークショップやサービスプログラムもあるし、音楽映画やマスタークラスもあるし、有料プログラムをたくさん入れてしまうと、これらが入らなくなるのよ。それももったいない話で…。

 そうそう、4公演中、自由席が3つもあるから、席取りもしないとネ。

 ああ、ゴールデンウィークが待ちきれない感じです。

 買えなかったチケットは、一般向けのチケット発売日に、もう一回チケット争奪戦に参加して買っちゃおうかしら。

 うわ、うは、うひ。

« おそるべし、横浜中華街![2月第4週・通算6週] | トップページ | イル・ディーヴォ(IL DIVO)にノックアウトされました »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

シューベルト歌曲とブラームス歌曲・・・というのが魅力的ですね。
それにしても3時間、何度も電話をかけるのは大変だったでしょうね~!

>Ceciliaさん
 3時間の電話は本当に大変そうでした。次からは、また何らかの手を打たないとダメだろうなあと考えてます。何しろ、一流のミュージシャンたちを破格の安値で見れるのですから、文句は言えません。まるで薄利多売のスーパーマーケットのような音楽祭ですから。もっともスーパーと言っても、品揃えは案外いいのですけれどね。
 知らない曲もたくさんあるので、予習が大変です。

私は丸の内合唱団の「丸の内文化祭」本番に重なって、大変苦労しました。お目当ての合唱団との同じ曲だけはなんとか確保しましたが・・・・・。
夕方自宅に帰ってパソコンで予約したら、お目当てのcホールはまあまあ残っていました。
熱狂の日はなんてったってCホールです。Aホールは最悪。

>ムコ殿さん
 文化祭、ご苦労さまでした。さすがにその日は、チケット争奪と門下会の準備があって、東京までは行けませんでした、申しわけない。
 私も東京国際フォーラムのAホールはお薦めしませんね。昨年は、そのホールでオーケストラを聴きましたが、やはり会場が広すぎるため、臨場感というものに欠ける嫌いがあります。そのあたりを求めない方なら、Aホールもありでしょうが、やはり生の臨場感は欲しいなあ(私もそうです)という方はもう少し小振りのホールの方がいいですね。Cホールはその点で、適当な大きさのホールですね。
 かく言う私は、もっと小さいB5ホールばかりをチョイスしてますが(笑)。

すとんさん、こんばんは。
チケット争奪戦、お疲れさまでした。
私はネットで4公演、電話で1公演取ったのですが、確かに数千円のチケットでこれだけの手数料は痛いかもと思ってしまいました。。。

声楽曲のオンパレードですね♪
私のセレクトとあまりにも異なり、勉強になります。
いい加減、きちんと歌も聞かなければと思うばかりです。

ミサ6は素敵な曲ですよ~。なんだか心が美しくなるような響きにプラスして、合唱とオケの壮大さが素晴らしい曲ですので、すとんさんもお楽しみいただける公演だと思いますよ♪

では、3月の一般発売ではお目当ての公演が取れますことをお祈りしています。

>なつめさん

 ラ・フォル・ジュルネに向けて、予習をポチポチ始めようと思ってます。ミサ6はよく知らない曲ですが、知らないままだと当日楽しめませんから、さっそくCDを注文しました。他の良く知らない曲も順番に予習して、本番までには自分の体に曲を入れておくつもりです。

 私のセレクトが声楽曲中心なのは、元々歌好きという以外に、メロディーがはっきりしている曲でないと、爆睡してしまう(笑)という体質にも原因があります。ですから、器楽曲でも協奏曲なら良いのですが、いわゆる管弦楽とかビアノ曲などは、聴いているうちにメロディーを見失ってしまい、いつも勿体ないことをしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/40245534

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネのチケット購入に3時間もかかりました(涙):

« おそるべし、横浜中華街![2月第4週・通算6週] | トップページ | イル・ディーヴォ(IL DIVO)にノックアウトされました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん