ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 地元の声楽教室の発表会を見ました | トップページ | 縮緬ヴィブラートをやっつけろ! »

2008年1月15日 (火)

ピアノ発表会を見学して思うこと 完結編 息子君はピアノ教室を変わりました

 タイトルの通り、息子君はピアノ教室を変わりました。ひとまず、私たち夫婦のピアノ発表会の見学ツアーも、これで一段落です。

 今度の先生は人柄も良く、熱心な指導で、息子君もやる気満々でいます。以前は、親が言っても、なかなかピアノの前に座らなかったのですが、今は教室が変わったばかりということもありますが、毎日きちんと練習しているようです。「毎日、バーナム」が合い言葉のようです。

 今度のO先生(ゼロ先生ではなくオー先生、女性)は、息子君の憧れのJ先生(少年合唱団の卒団生&現指導者、某音大の学生さんで音楽家の卵、もちろん男性です)が子どもの頃から音大受験までお世話になった先生です。我が家から徒歩10分ほどの場所がご自宅で、そこでお教室を開いています。息子君は、J先生の先生と知って、ワクワクな気分でレッスンに通ってます。

 O先生の教室には看板がありません。教室の名前もありません。生徒の募集もしてません。でも生徒さんはたくさんいて、O先生はエネルギッシュにピアノの先生をなされています。

 元々は演奏家だったそうですが、ご結婚を機に家庭に入られ、当地にやってきた方です。その話を聞きつけた近所の母親たちが「ウチの子にピアノを教えてください」と頼みに行ったのが事の始まりだそうです。それ以来、評判が口コミで広がって、今に至っているそうです。

 ウチの場合は、妻がJ先生の母君と知り合い(!)だったので、「どっか息子に合うピアノの先生を知りませんか~?」と軽い気持ちで相談したところ「だったらO先生なんていかが?」となって、話が進みました。

 ピアノ発表会の見学なんて、意味なかったじゃん。

 無論、知り合いの紹介だけで先生を決めたわけではなく、何度か(妻が)先生と連絡を取って話したり、息子君が余所の子のレッスンを見たり、お試しレッスンを受けたりして、その相性を何となく確認した上で決めました。

 O先生は、かなり熱心な指導をされる先生のようです。J先生から息子君に「O先生は厳しいから気合を入れていけよ」とアドバイスがあったそうです(笑)。ま、O先生は妻とも息子君とも良好なコミュニケーションを取れているみたいなので、私は安心です。

 ピアノを習いに通わせているつもりですが、お教室では、ピアノだけでなく、聴音とソルフェージュもやっているそうです。他の生徒さんたち(ほとんどが女性)は声楽も習っているそうですが、息子君は無し。たとえ子どもであっても、男性と女性では身体の使い方が違うので、歌は別の先生に習ってくださいとの事。その言いッ振りが潔くて良いですね。それに息子君は歌は合唱団でやってますので、別に問題ないし…。

 O先生のところの生徒さんたちは、大人や中高校生が多いので、息子君はかなり年下のお弟子さん(と言うか“坊や”)という事で、他の生徒さんたちからもかわいがられているようです。

 親としては、一安心ってところです。

 長く続きました「ピアノ発表会を見学して思うこと」のシリーズも今回で終了です。ありがとうございました。

« 地元の声楽教室の発表会を見ました | トップページ | 縮緬ヴィブラートをやっつけろ! »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

なるほど、それはまさしく「縁」でしょうね。
私はたまにそういう縁を感じることがありますが、そういうものを大事にしていけるといいなと思いますね。先生とのコミュニケーションが取れているというのもいいことだと思います。

>ことなりままっちさん
縁とは不思議なものですね。でも世の中は案外その不思議な縁で繫がっていて、廻っているような気がします。
例えばネットの世界、会った事もなければ、性別も年齢も、下手をすると母国語も違う人達が仲良しになったりするわけで、ホント、世の中、不思議不思議です。
息子君には、趣味として、人生を豊かにできる程度に、楽しめる程度に、きちんと(笑)ピアノを学んで欲しいと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17692672

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ発表会を見学して思うこと 完結編 息子君はピアノ教室を変わりました:

« 地元の声楽教室の発表会を見ました | トップページ | 縮緬ヴィブラートをやっつけろ! »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん