ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 妻とデートをしました or マジカル・サンザイ[散財]・ツアー | トップページ | 浜崎あゆみはお好きですか? »

2008年1月 7日 (月)

ドクター・フィッシュと私

 ちょっと前の話です。先日(と行っても年末ですが)、湯治を兼ねて、箱根に行きました…と書くと、かなりのんびりした旅を想像されると思いますし、私自身もそれを望んでいたのですが、子連れとなると、なかなかどうして、そういうわけには参りません。

 箱根に行きました。それもユネッサンです。小湧園(こわきえん)温泉という昔の名称の方がまだ通りがよいでしょうか? 「on泉、off呂」のユネッサンです。コーヒー風呂、赤ワイン風呂、酒風呂、緑茶風呂、鬼柚子風呂、炭風呂…のユネッサンです。ローマ風呂、死海風呂、エーゲ海風呂、ビール風呂のユネッサンです。ええと、とにかくバラエティに富んだ、日帰り温泉宿のユネッサンです。当たり前ですが、温泉(ここは源泉を数本持ってます)もあります。

 ここが音楽系ブログではなく、日記系ブログだったら、一週間ほど連載できるほどのネタの豊富な温泉です。(私は関係者ではないのですが)東京近郊の方は、ぜひどうぞ。

 ちょっと書いたとおり、ここはバラエティに富んだ、お風呂の遊園地ともいうべきスーパー温泉です。小学生はやはりここでしょう。我が家は、箱根ならいくつか常宿があるのですが、息子君はそんな大人好みの渋い宿より、楽しいお風呂が好きなので、今年は彼の希望を入れることにしました。私の腰が悪くて、今年はディズニー・ランドに連れていってやれないので、まあ、その穴埋めです。

 まあ、色々とお風呂がありました。あっちこっちで長風呂をし、座敷でゴロゴロし、サウナで溶けるなど、私は私なりに温泉を楽しみました。

 さて、やっと本題です。

 数あるお風呂の中に「ドクター・フィッシュ風呂」があります。HPがあったので、詳しくはこちらをご覧ください。解説と動画があります。かわいいでしょ。

 ドクター・フィッシュ、ちょっと見では、まるで『クチボソ』。こいつらがたくさんいるお風呂に、足を入れると、あっという間にたかられます。そして、足の皮膚(古くなった角質…ってアカのことですか?)を食べます。足の表面から、足の裏、指の間も、なんとも言えない感触で食べてくれます。

 一人4分ずつの体験コースだったのですが、すごかったです。何がすごいと言っても、たかってきた魚の数がすごかった! ざっと少なめに見積もって、片足に50匹、もちろん両足だから、100匹前後のドクター・フィッシュが私の足にやってきました。金魚ラブ、お魚ラブの私の気持ちがドクター・フィッシュたちにも通じたのでしょうか? とにかくお魚さんたちの人気がすごかった。

 ドクター・フィッシュは私にしか来なかったわけではありません。参加者全員にところにやってきてます。例えば息子君のところは片足に1~2匹ずつ程度…。妻も5~6匹程度。他のお客さんも、多くても10匹どまり。つまり、私は魚に大人気なオジサンでした。本当にホントに大人気でした。

 おかげさまで周囲の注目浴びる浴びる。さらに一度に100匹の魚にたかられてご覧なさい、その感触たるや、空前絶後、筆舌に尽くしがたいものです。腰が痛いのに、4分間笑いが止まりませんでした。魚がたかるので、身体は足をジタバタさせたいのに、それを意志の力でジッとさせていたので、終いには足もつるし…。

 それでも、とても楽しい体験でした。時間があったら、もう一回体験したかったです。
 え、それは魚に大人気だったのではなく、単に、足が汚かったからだって…。それは言いっこ無しです。一応、ドクター・フィッシュの前にも、長時間入浴していたし、妻も丁寧に洗ってくれたので、それはないと思うのだけれど…。

 で、その件なのですが…。注目と言えば、ドクター・フィッシュ風呂に入る前に(魚の健康と安全を守るため)念入りに足を洗うのですが、私は腰が痛くて曲げられなくて、自分で足が洗えません。だから、妻がひざまづいて私の足を洗ってくれたのですが、これにも周りの人々の反応が…。「あの人、女の人に、足、洗わせているよ~」って感じ? フェミニストらしき人から『殺してやるぞオーラ』が…。人、それぞれに事情というものがあり、当人たちは別にそれに関して、どうとも思ってないのだから、勘弁して欲しいなあ…と思いました。ちなみに妻は私の面倒を見ることは、全然平気で、なんとも思ってないのですよ。

« 妻とデートをしました or マジカル・サンザイ[散財]・ツアー | トップページ | 浜崎あゆみはお好きですか? »

金魚」カテゴリの記事

コメント

ドクターフィッシュはテレビで見たことあります。面白そうですね。
魚がたくさん寄り付く人と、それなりの人となにが違うのでしょうか?ナニカが違うのでしょう。
私も温泉が好きで、たくさん浴槽があると全部試してみたくなるタイプ。
でもそれでかえって疲れてしまったり。
A型(血液型ではない)人間のサガでしょうか。

>ムコ殿さん
 魚がたくさん寄りつく人とつかない人の差は、ずばり「ラブ」だと思います。魚への愛情が多いほど魚に好かれるのだと思います。
 嘘つきました、ごめんなさい。
 単純に私の足が美味しかったのでしょうね。オジサンの足って、やはり女性や子どもと比べれば、角質たっぷりで、ボロボロだもの。その辺が魚に好かれたのでしょうね。

私も以前やりました~!
記事にしたかったのですが・・・。
足の裏だけのコースでしたが、くすぐったかったの何の!
やっぱり角質が多かったのか結構多く来てくれたと思います。
でも食べてほしい場所にはあまり来なかったような・・・。
私の足はオジサンの足かも・・・。

>Ceciliaさん
 そうそう、魚たちは、こちらが食べて欲しい場所には来ずに、全然違うところを、これでもか、これでもか、と食べに来ます。
 ドクターと名乗るなら、まずは患者の訴えに耳を傾けてほしいなあと思いました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17606135

この記事へのトラックバック一覧です: ドクター・フィッシュと私:

« 妻とデートをしました or マジカル・サンザイ[散財]・ツアー | トップページ | 浜崎あゆみはお好きですか? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん