ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« タンホイザーを見ました | トップページ | 私は耳が悪い or 電子キーボード購入顛末記 その2 »

2008年1月22日 (火)

私は耳が悪い or 電子キーボード購入顛末記 その1

 私は耳が悪いと思う。いや、ホントの話。私はつくづく耳が悪いと思いますよ。もっとも「耳が悪い」にも色々な意味がありますけれどね。

 我が家にはピアノがありません。何しろスペース的な余裕がないし、防音建築でもありません。高価な上に、調律などのメンテも面倒くさい! という理由で、ピアノは買いませんでした。

 代わりにあるのが、寝室に私がバンドをやっていた頃使っていたコルグの電子キーボード(20万円程度のモデル)が、私の書斎(&お歌の練習場)にカシオの電子キーボード(5万円程度のモデル)が、居間には息子君がピアノの練習用に使っているヤマハの電子キーボード(15万円程度のモデル)があります。

 コルグとカシオは、たとえ音色選択を「ピアノ」にしても、私の耳にはピアノには聞こえない。では何に聞こえるかと言うと「シンセサイザーでマネたピアノっぽい音」。所詮、フェイクはフェイクだよね、って感じです。

 でも、ウチのヤマハは違う。これはメーカーの違いというよりも、制作時期の問題だろう。ヤマハは目をつぶって聴くと、本物のグランドピアノに聴こえちゃうから困ったものだ。聴くだけではない、目をつぶって弾いてみても、私にはグランドピアノとの違いが分からない。本当に困ったものだ。

 このキーボード、ヤマハのクラビノーバのCLP-230という比較的安価な機種だ。もちろん、息子君のピアノのお稽古用に私が選んで買ったもので、私が普段ピアノピアノと言ってるのが、実はこのヤマハの電子キーボードだったりします。

 で、以下は、我が家のピアノ購入記になります。

 ある日のこと。家族総出で、息子君の練習用のピアノを買おうと、近所の楽器屋にピアノの下見に行きました。楽器屋からは「子どものレッスンならば、本物を使わなければいけません」と言われ、50万円程度のアップライトピアノを薦められた。ちょっと弾いてみて、この音色はイヤだなあと思ったので止めた。次に100万近いモデルを薦められた。瞬間いいかなと思ったけれど、少し長く弾いてみるとやっぱりイヤだった。それよりちょっとばかり高い値段だったけど、小型のグランドピアノがあった。これはいいなと思った。小型グランドよりも高価なアップライトピアノを弾いてみた。これもありだと思った。

 どうやら私は、基本的にはグランドピアノが好き。アップライトとグランドの音色差ってわずかなものだと思う。ブラインドで聴いて、その違いが分かるかと言われると自信はない。だけど、確かに好きなピアノの音と嫌いなピアノの音はある。で、大抵イヤだなと思うのは安価なアップライトピアノ。安価なアップライトピアノは弦が短いものが多いし、グランドとは共鳴体の仕組みが幾分違う。たぶんこの辺が好き嫌いの分かれ目なんだろうと思う。そして高価なアップライトピアノは、アップライトなのに弦が小型グランド程度には長かったりするから好きなのかもしれない。

 ま、これはピアノの善し悪しというより、私の個人的趣味の範疇に起因する問題でしょう。

 でも、一般家庭で使用する、子どもの習い事のためのピアノ購入のファースト・チョイスとして、グランドピアノは現実的ではない。だって大きすぎて、我が家に入れられないし、高価すぎる。大きさ的にはOKでも高価なアップライトピアノは、我が家ではもちろん買えない。

 使用目的は息子君の練習用なので、この際、オヤジの好き嫌いは横に置いておいて、小型のアップライトピアノを買うしかないかな…と思った。

 話は長くなりそうなので、続きはまた明日。

« タンホイザーを見ました | トップページ | 私は耳が悪い or 電子キーボード購入顛末記 その2 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました。
ファーストチョイスがグランドピアノというのは現実的ではない・・・そう思いますが、息子さんが上達したら楽器店が薦めてくるのでは・・・という気がします。
もっともレッスンが楽器店でなければそういうこともないのでしょうか?
田舎に住んでいると、たとえ楽器店のレッスンでなくてもどこの子供はピアノを頑張っているらしい・・・という情報を嗅ぎつけた楽器店の社長がグランドピアノを薦めてきます。
私などは社宅で明らかに無理だったのに薦められました。
「音大生はグランドピアノの下に足を突っ込んで寝てますよ。」と言われました。(笑)
たとえアップライトでも今のところに引っ越す前はアップライトを6畳の部屋に置いて家族4人で川の字になって寝ていましたが狭かったの何の!
でもすとんさんの家でグランドが無駄になることはないと思います。

>Ceciliaさん
 TB拝見しました。消音ピアノについては来週あたり書くつもりでいます(予定)。ちなみに「音大生はグランドピアノの下に足を突っ込んで…」は実例を知ってます(笑)。
 グランドが欲しいのは実はやまやまなのですが、今の電子キーボードが壊れた時の息子君の状況次第で購入するかもしれないし、しないかもしれないし…と夫婦で話してます。でも…、
 実は私、子供が小さい時の4~5年弾いた後、誰も弾く人がいなくて調律もされずに部屋の隅に鎮座しているピアノというのが、とても可哀相に思える人なので、息子君がピアニストにでもならない限り、本物のピアノは買わないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17774803

この記事へのトラックバック一覧です: 私は耳が悪い or 電子キーボード購入顛末記 その1:

» デジタルピアノと消音ピアノ [Ceciliaの部屋]
私が以前にデジタルピアノを使っていたことは「音楽の練習と防音①」の記事で書きました。このピアノを、今のピアノ(消音機能後付け)を購入した時に5万円で下取りしていただきました。 購入した時は確か18万円くらいで、7年間ほど使いまくっていたので、正直5万円で引き取っていただくのは悪いような気がしました。 しばらくの間、その古いデジタルピアノは田舎の小さな楽器店に置かれてありましたが、どんな方が買っていかれたのだろう、と気になっていました。 新しいピアノが我が家に搬入され、古いデジタルピアノが運び出された... [続きを読む]

» 音楽の練習と防音・・・① [Ceciliaの部屋]
現在、我が家は借家住まいです。前は社宅に住んでいました。その時に「音」を巡って階下の方とトラブルになりました。詳しくはまた書くとして、そういった事情から、もう二度と社宅には住みたくない、と思いました。それで現在の借家に住むことになった、というわけです。(転勤のための引越しでした。) 我が家にはピアノを習う娘が二人いますし、私は近所への遠慮からまともな練習は出来ないまでも、一応ピアノも声楽もやっています。おまけに夫は大のロック好き。我が家にとって「防音」は本当に大切です。 去年、パソコンを新しく購入し... [続きを読む]

» 音楽の練習と防音・・・② [Ceciliaの部屋]
消音機能を後付けしたアップライトピアノを購入した時、長女は幼稚園年長組、次女は3歳でした。この頃、二人のピアノレッスンの状況はどうだったかというと、教室ではなく、私自身が教えていました。レヴェルとしては長女はバイエル前半程度の内容でしたし、次女は更に易しいものでした。当然練習時間も少なかったし、幼児なので音量も少なかったです。遊びで弾くことはあったと思いますが、極端に乱暴に弾くことなどはありませんでした。私は消音でしか練習しませんでした。 今思えば、成長と共に上達することを全く考えていなかったという... [続きを読む]

« タンホイザーを見ました | トップページ | 私は耳が悪い or 電子キーボード購入顛末記 その2 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん