ひとこと

  •  毎年の話だけれど、どうして成人式となると、ごくごく一部だけれど、イキってしまって暴れてしまうオノコが出てしまうのだろうか? たぶん、あれがカッコいいと思っているのだろうけれど、暴れるオノコは極めて少数で誤差の範囲程度しか存在しないんだよね。もしかすると、マスコミがいちいち暴れるオノコたちを報道するから、それに乗じて暴れているんじゃないかと、オッサンは勘ぐってます。マスコミが暴れるオノコたちを無視すると、案外数年で収まるんじゃないかと思っていたりします。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 大好きなクリスマスのレコード ポピュラー編 | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

2007年12月25日 (火)

大好きなクリスマスのレコード クラシック編

 ええと、昨日、記事をアップしてたら気づいたのですが、タイトルの「~のレコード」ってねえ…。今どき「レコード」だってサ。若い子たちは「レコード」って聞いて何を思い浮かべるだろうねえ。この場合のレコードって、CDの事です。オジサンの世代はCDを見て「レコード」って言っちゃうわけなの。ちなみにCDショップだって「レコード屋さん」って言うものなあ…、ワシ。

 音楽のオンライン販売が普通になったら、CDって言葉そのものも死語になるかな…。

 それはともかく、今日はクラシック系のクリスマス・アルバムのベスト・チョイスって事だけど、色々と考えてみたけれど、やっぱりパパロッティかな?

 お薦めのCDは私の持っているものと、ジャケット写真と曲目数(増えてる!)が違いますが、まあ私の持っているもの(おそらくはオリジナルアルバム)にCD時代だからって言うんで、3曲ばかり足したのが現在のものでしょう。あ、試聴できるサイトにもリンクを貼っておきます。

 昔のジャケット写真だと一発で分かりますが、これはパヴァロッティのソロアルバムではなく、ワンズワース少年合唱団(+ロンドン・ヴォイシズ)との共演アルバムです。昔は聖堂の中で少年たちに囲まれているパバロッティの写真がジャケットに使われていました。

 全体の雰囲気は「イタリアの田舎の聖夜」って感じ。なんと言っても1トラック「オ・ホーリー・ナイト」はパパロッティの代表的歌唱になるでしょう。個人的には、2トラックの「神よ、あわれみたまえ」が好き。この曲は全音版楽譜「イタリア歌曲集1」に入っている「教会のアリア」と同じ曲。つまりイタリア古典歌曲ってわけだ。パパロッティって言うと、能天気というイメージがあるけれど、こんな憂いのある曲もなかなか良い感じで歌ってます、さすが一流の歌手は何を歌わせてもウマいね。

 少年合唱団とのカラミという視点で考えると、6トラックの「幼なごキリスト」が個人的には好き。でも、なぜこの少年たちと共演したんだろ? パバロッティクラスなら、もっときちんと歌える少年合唱団と共演できるでしょうにね…、疑問疑問。

 キャロル好きな方には、14トラックの「神の子はこよいしも(アデステ・フィデレス)」がよろしいと思います。これ、先日のグロリアのメサイアでも、最後に会場とラテン語(!)で一緒に歌った曲です。曲名聞いてピンと来なくても、音源を聞いてみれば誰もが知っている曲です。パバロッティのような一流のオペラ歌手だと、この手のキャロルを録音することってあまりない(一般のキャロルのレコードは実力はあるけどあまり有名ではない宗教系のソリストが大半でしょ)ので、これはこれでいいよね。

 最初から最後まで聴くと、結構お腹いっぱいになれるクリスマス・アルバムです。

 明日は、先日行われたグロリアのメサイアのレポートをお届けする予定です(笑)。

« 大好きなクリスマスのレコード ポピュラー編 | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

「教会のアリア」と言えば、うちにあるカレーラスのCDではウィーン少年合唱団と交互に歌っているのです。(TBさせていただきました。)
この曲、結構スタミナが要るので、交互に歌えたら楽だろうな・・・と思いました。
そう言えば教会のクリスマス礼拝で歌ったことがありますが、この曲がプロテスタントの礼拝にふさわしいか考えるとちょっと疑問・・・。(自分でもなぜ選曲したのだろう・・・と思います。)
あまり音楽のことに詳しい人がいない教会だったので、まあいいか・・・。
パヴァロッティと言えば「パニス・アンジェリクス」が一番に浮かんできます。

>Ceciliaさん
「天使の糧(パニス・アンジェリクス)」は3トラックスに入ってますので、ぜひご試聴あれ。前半はパバロッティのソロで、後半は少年合唱がバックコーラスを勤めるアレンジになっています。でも、なんでこの少年合唱団が?(しつこい)
TB元のカレーラスの記事にコメントさせていただきましたので、そちらもご覧ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17465917

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きなクリスマスのレコード クラシック編:

» ホセ・カレーラス様!! [Ceciliaの部屋]
最近米良さんのことばかり書いていたが、私はテノールではカレーラスが大好き!!三大テノールは皆すごいけど、カレーラスの端正で誠実な歌い方が好き。彼は白血病で苦労したが、それがなければもっともっとオペラで活躍していたに違いない。もちろん病気を通して、人格的な深みが増した、とも言えるけど。このCDはまだ元気だった頃のもの。パニス・アンジェリク(天使の糧)など私のお気に入りの宗教曲が多い。 珍しいところでは「主よ、憐れみたまえ(Pieta Signore)」という、声楽をやる人ならイタリア歌曲集の中で学ぶ曲... [続きを読む]

« 大好きなクリスマスのレコード ポピュラー編 | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん