ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« どうしてケガが絶えないの? | トップページ | ヴィブラートについて考えた その1 三種類のヴィブラート »

2007年12月17日 (月)

スーパーピアノレッスン(ただし再放送)が終わりました

 先週の土曜日、チャンネルを合わせても、そこにベロフ先生はいませんでした。代わりにバレエダンサーの先生がいました。おお、ついに「スーパーピアノレッスン」は終わってしまったのだな…と実感しちゃいました。ちょっぴり残念な気持ちになりました。

 好きだったんだよね、あの番組。NHKの土曜午後2時半に放送されていました。やっている事は、ピアノのマスタークラス。私はもちろんピアノは弾きませんが、この番組でピアノ音楽の聴き方のツボを教わったような気がします。

 私がこの番組に気づいたのは、約半年前のことでした。ラ・フォル・ジュルネ音楽祭でフランク・ブラレイ先生(と言っても私よりもずっと若い現役のピアノ奏者)のマスタークラスを拝見して以来、マスタークラスは演奏者だけでなく鑑賞者にとっても有益なクラスであることを知り、その手のアンテナを高くしていた頃でした。

 スーパーピアノレッスン、最初の先生はジャン=マルク・ルイサダ先生でした。ショパンのピアノ曲を担当していました。ショパンは元々好きなピアニストだったけれど、楽譜を見ながら聞いたことなんか、もちろん、ありませんでした。そこへ楽譜を見ながらだけでなく、若い生徒さんたちへの演奏上の注意(つまり鑑賞上のポイントだね)も聞きながらの解説&講義。もちろん、最後は先生みずからの模範演奏もありました。生徒さんたちへの注意を形をにするとこうなりますよって感じの演奏でした。

 ルイサダ先生は三カ月で終わり、次はミシェル・ベロフ先生でした。フランスのピアノ音楽を担当しました。ドビュッシーとかラヴェルとかフォーレとかサティとかね。日頃よく耳にする、モーツァルトやベートーベンなどのドイツ系の音楽とは全く違った感じで、なんかいいですね。生徒さんもルイサダ先生の時よりも上手な感じでなかなか結構でした。ベロフ先生の模範演奏も、その前の講義をきちんとふまえた演奏で、へえーっと思いながら聴いていました。

 そうそう、ルイサダ先生もベロフ先生も、軽くて煌めく感じの音を出す時、まるで鍵盤をひっかくような動作をするのが印象的でした。ガッコーンって感じの腹に響くような音を出すとき、身体全体の体重を指先に集めて弾くと言うか打つというか、そんな姿もおもしろかったな。日本人ピアニストには無い動きだよね。

 終わってしまって、とても残念。スーパーバレエレッスンが終わったら、またスーパーピアノレッスンをやってくれないかなあ…>NHKさん

 スーパーレッスンではないけれど、昔、NHKの趣味講座で「第九をうたおう(講師:井上道義)」という番組がありました。制作当時は人気があったらしく、何年かは再放送してましたが、いつのまにかやらなくなりました。だからどうということはないのだけれど、スーパーレッスンはピアノがあってバレエがあるのだから、他の音楽分野、つまり声楽や合唱はないのかしら? 例えば「スーパー・オペラ・アリア・レッスン(講師:プラシド・ドミンゴ)」なんてね。あったら全編即保存版だ!

 マジでやってくれないかな、NHK。

« どうしてケガが絶えないの? | トップページ | ヴィブラートについて考えた その1 三種類のヴィブラート »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

スーパーピアノレッスンはまだ、全部再放送したわけじゃないんですよん。
この際だから全部やって欲しいと思います。バレエもいいんですが…

第九を歌おうは、実はテキスト持ってます。番組も見てました。楽しかったですね~、あれは。

>ことなりままっちさん
へえ、まだスーパーピアノレッスンはあるんですね。それは楽しみワクワクです。
第九を歌おうを見てましたか? 再放送、または再収録をしてくれてもいいのになあ…と思いません?

TBさせていただきました。
もう10年ほど前にフィッシャー・ディースカウの講座があったんですよ!
一応録画して欠かさず見ていました。
ああいうの、又やってくれないかなあ~。

>Ceciliaさん
 ほう、フィッシャー・ディースカウの講座ですか? それはドイツリートな! 10年ほど前で、それ以来声楽系をやっていないという事は…ピアノやバレエほどの需要がないということなのでしょう(涙)。ああ、見たかったな。DVD化とかしてないのかしら? それともYOU TOBE?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17386108

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーピアノレッスン(ただし再放送)が終わりました:

» NHKの音楽講座 [Ceciliaの部屋]
NHKのスーパーピアノレッスンを楽しみにしていますが、私としては声楽レッスンの番組ももっと放送して欲しいと思っています。もう9年くらい前ですが、声楽界の巨匠ディートリッヒ・フィッシャー・ディースカウによるシューベルトの講座がありました。テキストはこちらでした。 シューベルトを歌う 作者: ディートリヒ・フィッシャー ディースカウ 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 1996/12 メディア: 楽譜 もうあの時は欠かさず見ていましたね。NHK趣味百科(趣味悠々の前身だったと思います... [続きを読む]

« どうしてケガが絶えないの? | トップページ | ヴィブラートについて考えた その1 三種類のヴィブラート »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん