お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« ハミングな日々 | トップページ | ダイエットとは身を削る事なり[12月第1週・通算14週] »

2007年12月 7日 (金)

新しい家庭教師(声楽)が我が家にやってきました

 …と書くとエキセントリックですね。

 実は手鏡を買いました(笑)。そうです、新しい家庭教師って「手鏡先生」の事です。

 100円ショップで購入したのですが、なにしろ「オシャレ」なところに品が並んでいて照れてしまうので、妻に付き添ってもらって買いました。ははは、小学生みたい。

 買った手鏡は、スタンドも付いて、置き鏡にもなるというスグレモノです。やったね、チャイニーズ。

 なんで、そんな恥ずかしいもの(笑)を買ったのかと言うと、キング先生から「自宅で練習するときは、鏡を見ながら、私[キング先生]のモノマネをしてください」という指示があったからです。「そうすれば、今すとんさんが抱えている問題の大半が解決するはずです」ともおっしゃいました。

 下手くそなモノマネですが(本来モノマネは苦手)、やってみました。

 あれ? チェンジの箇所をラクラク越えちゃったよ…! いいの、これで?
 苦労していた「イ」や「エ」の母音も、なんかいい感じになってきたよ…! あれあれ?
 声が平べったくなるのが、だいぶ減ったよ…! うっひょー!

 なんか、今まで四苦八苦していたのが嘘みたいに解決。もちろん、私の問題(つまり欠点)はこれだけではないので、全体的にはマダマダなんだけれど、確かに当面の問題の多くは解決しちゃいました。

 モノマネすごいじゃん。手鏡先生、グッジョブ!

 これはたぶん、私とキング先生の声種が同じだからウマイこと行ったんだと思う。声種が違えば(以前メゾの先生に習っていた経験から言えば)身体の使い方が異なるので、先生のモノマネしても、どうにかなるものではないわな。

 もちろん、モノマネのままでは単なるコピーでしかないし、それでOKなはずはない。でも学習の一過程としての「モノマネ」は大いにアリでしょう。なにしろ「学ぶ」の語源は「真似ぶ」だもんね。まあ、いずれはモノマネを脱却して、自分自身のスタイルを作ればよいわけだし、気楽に考えてゆきましょう。

 独学でマネる先生がいないよ~って人は、同じ声種の上手い歌手のビデオをよく見てマネするのがいいかもね。テノールだったら、やっぱり基本は3大テナーのビデオでしょ。顔アップもあれば、オペラと違って演技をしているわけではないので、普通の立ち姿も見れる。三者三様なのもいいよね。1990年のDVDがすでに廃盤なので、1994年のをリンクしておきました。有名なのは1990年の方だけど、こっちもなかなか捨てがたい演奏です。ポップス系の選曲が若干多めなところが好き嫌いを分けるかな? ソプラノやバリトンなどの他の声種の人は、何を見ればいいのか? 私はテノール専科なので、よく分からないや。

 でも、手鏡見て気づきましたよ、私の口って、歌っている時は、右に曲がってるじゃん。カッコ悪い~~。

« ハミングな日々 | トップページ | ダイエットとは身を削る事なり[12月第1週・通算14週] »

コメント

歌なら手鏡でいいんだよな~。
ピアノはそういうわけにいかんもんな~。(両手ふさがってるし。口でくわえて・・・意味ないし!見えないし!)
全身鏡ほしいんですが、レッスン室に置くと危ないしなぁ。ヴィデオもいいんですが、誰かにとってもらわないといけないし。

>ことなりままっちさん
 現実的な話をすれば、三脚 on the ビデオでしょう。
 私はピアノを弾かないので分からないのですが、ピアノ練習で鏡が欲しいとは、やはり弾いている姿勢って大切なんですか…。と言うのも、ピアニストさんたちって、結構個性的なフォームで自由に動き回って演奏なさっているような気がしますので、要はきちんとピアノにアクションできれば、姿勢なんてあまり問題にならないのかなあ…と門外漢は思っていました…。違うんですね。

独身時代から持っていた全身鏡つき本棚(本当は棚&洋服かけ)、歌の練習に重宝していました。
スライド式で場所もとらなかったし。
壊れたので処分しましたが、又ほしいですね。

ピアニストのフォームはとても気になっています。

>Ceciliaさん
 Ceciliaさんも鏡を使いました。もしかすると、声楽の勉強で鏡は必須?
 私は若い時に専門の勉強をしたわけでなく、この年になってから、好きになって始めているので、その道の方々から見れば当たり前のことを知らずに来ています。でも、大人になって、特に独学で学んでいる人たちは、[かつての]私と同じような立場だと思ってますので、今後も常識的なことをバンバン書きます。
 でも本音は、若い時に歌の勉強したかったな。

ことなりままっちさんへのコメントの中で「三脚 on the ビデオ」と書きましたが、あれって「ビデオ on the 三脚」ですね。ビデオの上に三脚載せてどーするってえの! 体調不良とはいえ、ちょっと恥ずかしいです。

鏡でご自分の歌うお顔を見てるんですか! えらい!
私は歌っている自分なんて見たくないです。(><)しかも手鏡だなんて。四六のガマを思い出してしまった。
先日の合唱練習で、ハミングに時間をかけていました。意識してすとんさんのブログを思い出し、鼻で息を止めないよう努力してみました。
でも長続きしない。すぐに忘れてしまう。いかんわねー。

>AyeYaiさん
私も好きで自分の顔を手鏡で見ているわけではないのです(涙)。でも、良いイメージを持って、これをやると確実に上達します、ホント、ホント。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい家庭教師(声楽)が我が家にやってきました:

« ハミングな日々 | トップページ | ダイエットとは身を削る事なり[12月第1週・通算14週] »

フォト
無料ブログはココログ